02.資産防衛

2014年7月20日 (日)

日経平均 15000ー15500のレンジ

20140720_63242

こんにちは しろふくろうです!

木曜日に地政学リスクの高まりから急落した株価ですが、金曜日はやや反発して引けています。

チャートは日経平均の先物チャートです。

しろふくろうはレバレッジが200倍以上でトレードできるXEマーケットを使っていますが、レバレッジ以外にこの会社を使うのはダウや日経の先物チャートを見ながらトレードできるからです。

株とドル円、クロス円の相関がつよいのでデイトレードでダウや日経の動きを見ながらトレードすると非常によくわかります。

そんなわけで先物チャートなので時間外の動きもありますが、一応日足の高値安値をいれてみました。

これをみると概ね高値は15500円、安値は15000円のレンジ内の動きで、これをどちらに抜けていくかこのところ注目しています。

依然レンジの動きですが、15000円を割れれば調整の動きが加速、15500円を超えれば17000円に向けての上昇となりそうです。

明日は日本が祝日ですが、この先物チャートは動いていますのでトレードの参考になればと思います。

さて三連休中日、お天気も回復のようですので良い休日をお過ごしください。

海外MT4 200倍以上のレバレッジ+国内送金対応

TradingPoint 口座開設

|

2014年7月13日 (日)

海外FXでも国内振込が可能に

こんにちは しろふくろうです!

先週ご紹介したように海外のFX会社はハイレバレッジが使えるので短期トレードには最高なのですが、一番のネックは海外送金という入金のハードルの高さでした。

現在FXで高いレバレッジをかけるには、法人を設立するか海外口座で取引するしかありません。

米国や韓国などと違って日本は海外投資は全く規制されていませんので、海外FX口座での取引は全く問題ありませんが口座開設は海外への送金はかなりコストがかかるのも事実です

そんな課題に対し、 XEマーケットが日本国内の証拠金の入金が可能になったようです。

20140713_124756

注意点は 「口座番号+ローマ字氏名」を振込名で入力することです。

これは海外に送金したことがある人ならわかりますが、コルレスバンクという仲介する銀行(CITIバンクなどが有名)を経由するために、スムーズに送金するためには必要なことです。

MT4+海外口座+国内振込で レバレッジという魔法の杖を使うことが可能になったことは嬉しい限りですね。

海外MT4 200倍以上のレバレッジが魅力!ダウもトレードできます

TradingPoint 口座開設

|

2014年7月 6日 (日)

FXの短期トレードはハイレバレッジが有効・・・MT4で海外口座運用

2011年8月にレバレッジが最大25倍まで引き下げられました。

最近FXを始めた方はあまり気にならないかもしれませんが、このレバレッジ規制は我々個人投資家だけでなくFX会社の収益にも大きく影響を及ぼしています。

実際に規制前は100社以上あったFX会社は1/3ほどになってしまいました。
(FXプライムなんて老舗も吸収されました)

実際に1million当たりの利益は海外のTOPクラスの会社が90ドルくらいに対し、国内は30ドルくらいと言われています。

まだまだこれから統廃合が進む可能性もあります。

かねてからコメントしているように個人的にはレバ規制には否定的です。

実際に25倍ではドル円で1万通貨取引するのに40,000円強の証拠金が必要になりますが
7月までの50倍で20,000円強仮に200倍でトレード出来ていたときは5,000円ほどでやはりハイレバレッジはFXの大きな魅力です。

20140706_81259

FXは通貨という流動性も高い特性と24時間取引出来るのが特徴ですが、やはりいちばんの魅力はレバレッジを使った資金効率だと思います。

そしてレバレッジ規制以降、少額でスタートできるというのには?がつくようになりました。

しかしながら国内では法人口座をつくるしかハイレバレッジを使う事ができません。

これもFXの取引だけのために法人を作ってという方は少ないでしょう。(設立コストや維持コストがかかります)

これまでいろいろなFX会社を使っていますが、正直MT4を使うようになってから国内と海外の壁が圧倒的に低くなりました。

なにしろMT4はマルチランゲージで口座を開いて入金さえしてしまえばあとはどこの会社でも同じインターフェイスです。

そして何より200倍以上のレバレッジを使えば、以前のようにハイレバレッジでの短期トレードが可能です。

また逆に入ればレッジだと同じように証拠金の減り方も早くなります。

これを防ぐには取引のタイムフレームを短くして、損切りや利食いのポイントを小さくすることです。

1ロット=10万通貨で取引できれば、10ポイントで10,000円ほどの利益ですが、25倍で0.1ロット=1万通貨だとわずか1000円です。

平日のNYタイムにPCにへばりついていても1000円では正直アルバイト並みです。

資金はもちろん時間を効率良く使うにもやはりレバレッジは非常に有効なツールだと思います。

何度か書きましたが、XEマーケットをはじめ海外ではまだ200倍で取引できる会社がありますので、しろふくろうの場合は短期トレードはXEマーケットでレバレッジを効かせてトレード、中長期、自動売買のポジションは25倍の口座で取引を行うという使い分けをしています。

アベノミクスを信じてこれまでよりも豊かな生活がくるかもしれません。

しかしながら、増税、ハイパーインフレというシナリオにも対応出来るようにしておく必要があります。

FXをはじめ投資は自己防衛のために、今からしっかり取り組んでおく必要があると考えています。

あまりにも今日本で起こっていることに危機感を感じ、これまでの経験からいろいろなスキームをご紹介していきたいと思います。

海外MT4 200倍以上のレバレッジが魅力!ダウもトレードできます

TradingPoint 口座開設

|