« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

100%戻し達成!

2006063016 ドル円1h

先ほど外出先からもどってチャートをチェックしました。

115円付近のトレンドライン(朝方の緑のサポート)を割れて、114.5円付近まで下落しました。

テクニカルでは、114.38-116.68の上昇をほぼ100%戻ししたことになります。

さて、ここからの展望ですが、昨日からの下落幅は200ptを超えており、またRSIもかなり売られすぎの状況です。

ひとまず114.5をサポートに戻りをつける可能性もあります。週末ですのであまり突っ込み売りをしないようにご注意ください。

週足がでましたら、また詳しく分析したいと思います。では良い週末を!

| | コメント (0)

ブレイクアウトポイント

昨日のFOMCは、チャートを見ていたらコメントどうこうで動いたのではなく、ある程度ドル売りよーいドン相場だったようです。(コメントは後講釈ですね)

ユーロドルとドル円のオリジナルチャートを添付します。

ユーロドルは、ピンクのレンジを抜け出したあたとサポートされてオレンジ色のトレンドラインブレイク。

ドル円は、116円台の持ち合いを青のトレンドライン割れでブレイク。今のところ緑のチャンネルサポートで止まりましたが、ここを抜けるともう一段の下げ

といったところでしょうか。

今から外出ですので、取り急ぎチャートのみアップします。

Usd1h

ドル円1h

Eur1h_1

ユーロドル1h

| | コメント (0)

本日のチャートポイント(6月30日)

FOMC 終わりましたね。(過去形です)

このBLOGの読者の方もたくさん起きていたみたいです。お疲れ様でした。

しろふくろうは、24:00ポンド円のみ利食いして寝ました6:00に起きて先ほどポジションを決済しました(現在はユーロポンドのロングのみ)。朝からにっこりモードです。

やはりかなりポジションの偏りがあったみたいで、ドル円174pt、ユーロドル145pt、ポンド円194ptの値動き昨日はありました。

声明文の内容はファンダメンタルに詳しい方にお任せして、しろふくろうは相変わらずチャートに専念したいと思います。(個人的には福井総裁問題も為替では過去形と思う)

重要と思われた、昨日のチャートのトレンドラインを予想通りにトレースしていきました。添付のチャートポイントにて有効なレジスタンス、サポートが見られますのでご活用ください。

詳しくは後ほどコメントします。

さあTOKYOから動くか! 良いトレードを!

Yen_10

Eur_32

21ma_1

| | コメント (3)

2006年6月29日 (木)

しろふくろうのチャート

動かない相場から少しでも、チャートに現れるサインを見つけたいですね。

いつもつけている手作りチャートを添付します。(9:50現在)

アップの時刻にここから動いている可能性もあるので注意して下さい。

コメントなし、各自でご判断をお願いします!

Usdy1h

ドル円1h

Eur4h_1

ユーロドル4h

Gbp_2

gbp1h

| | コメント (5)

本日のチャートポイント(6月29日)

いよいよ本日はFOMCです。

すでに0.25ptの利上げは織込み済のようですが、すんなりと行きますでしょうか?どの位の値位置でFOMCを迎えるのか注目です。

この一週間、値動きのない低テイボラティリティ相場が続いています。ドル円は3日間平均で56pt、ユーロドルは76ptと値幅の収縮が進んでいます。トレーダー泣かせの相場展開です。

昨日コメントした、ニュージーランド円はハイロウで150ptほどの下落でした。完全にニュージーランドの一人舞台相場でしたが、円安は高値とまり、他通貨ドル高による、クロス円の崩れの兆候がみられます。

FOMC前にポジションの調整の可能性にも少し注意が必要です。

Yen_9

Eu_2

2006062907

| | コメント (0)

2006年6月28日 (水)

これ便利です!

友人から、FIRE FOX(ファイヤーフォックス)というインターネットブラウザーを紹介してもらいました。

お使いの方も多いと思いますが、あんまり詳しくないしろふくろうにとって、めっちゃ便利!なツールですので、ご紹介します。

FIRE FOX(以下FF)は Mozillaの開発したインターネットブラウザーで、Microsoftのインターネットエクスプローラー(以下IE)との大きな違いは

  • タブブラウジングが出来る。
  • 標準でRSSが使える。
  • デザインとかのカスタマイズが自由自在。

まだあまりなれていませんが、かなり使いやすいですねタブブラウジングとかRSSは時期のIEに標準らしいのですが、来年のリリースなのでそれまではこちらのほうが優れているみたいです。

何しろ無料ですので、一度ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

  無料ダウンロードはこちらから

         ↓

| | コメント (0)

たまにはニュージーランド

相場があんまり動かないので、たまにはニュージーランドドル円の分析でもして見ましょう。

Nzd


チャートは、NZD/JPYの週足のチャートです。

ニュージーランド円は2000年の安値41.97~昨年12月の高値87.07円まで、45円上昇し、87.07円の高値か急落しました。

チャートでは、緑色のトレンドチャンネルを下回り、青色の長期サポートラインが迫っています。

朝方の貿易収支の悪化により、円安にもかかわらずに下げスタートとなりました。

見通しとしては、以前申し上げたように 50%戻しの64.52円を目指しそうです。

このラインは、ピンク色のサポートラインとも重なり、一旦はサポートとなると思われますが、長期的にはNZDをバイ&ホールドするにはリスクも大きいと考えます。

しろふくろうの戦略としては、65円周辺で買い、38.2%の70円付近をクリアーできればホールドしたいと思います。

しかし、再度ピンク色のサポートラインを割れた場合、61.8%の59円台への下落の可能性もあるため注意が必要と考えています。

あまりニュージーランドドルホルダーの方には面白くないシナリオですが、チャート上今だ買える要素が無くリスクシナリオとして受け止めていただければと思います。

| | コメント (8)

本日のチャートポイント(6月28日)

気迷い相場です!

ドル円は結構動いたように思えましたが、終わってみれば「寄引十字線」、ユーロドルもほぼ十字線。デイトレ以外はくたびれもうけの相場だったのではないでしょうか?

しろふくろうも、昨日は忙しくしておりblogの更新も出来ず、トレードもろくに出来ずでしたが、ドル売りポジションはSLもかからずに健在でした。

ファンダメンタルというわけではないけど、日銀総裁問題引きずりますね。相場は織り込み済みとすれば、辞めない事がサプライズか?

原油、金もしっかりと底値固め。今までのドル高との相関が崩れたとは思えないし、FOMCまで動かずと思い込むと危険な予感。かなりサポートとレジスタンスを意識して動いたほうについていきたいですね。

すっきりしない天気、すっきりしない相場、気持ちは常にすっきりといきたいですね!

En_2

Eur_31

| | コメント (2)

2006年6月27日 (火)

本日のチャートポイント(6月27日)

ドル円は上にも下にも抜けず、にやや膠着状態です。

上値は、週足の雲の上限で跳ね返され、遅行線は日々線と摩擦がおこっています。やはり簡単には上抜けしないようです。昨日はNR7が出現しており、大きく動く可能性があります。

ユーロドルは、堅調に推移しています。転換線を上抜き、終値は週足の雲の上に出てきました。先週の中心値1.2576を上回り、羽黒法では追撃買いのサインとなっています。

さあFOMCまであと2日、市場の思惑に振り落とされないように注意したいですね。

Yen_8

Eur_30

| | コメント (2)

2006年6月26日 (月)

30000アクセスありがとう!

先ほど、30000アクセス達成しました。5月にスタートしてから、皆様にいろいろとコメントいただきここまで来ました。ありがとうございます。

実は、昨日 しろふくろう所長の個人BLOGをスタートしました。

     しろふくろうの独り言     

べたなタイトルですが、テクニカルとは違った所長の相場観や雑感など自由に語っていこうと思います。こちらもかわいがってください。

さて、ドル円チャートの朝のコメントを少し詳しく・・・・

2006062609

添付はドル円の1Hチャートですが、114.38の安値から上昇の5波をきれいにカウントしていますが、114.75(おそらく4波終了)からウエッジのパターンを形成しているように見えます。

緑色の上昇トレンドラインに支えられていますが、115.94のネックラインを割れると、少し下げそうです。

中期では上昇トレンドですが、急な下落にご注意ください。

| | コメント (2)

本日のチャートポイント(6月26日)

金曜日はNY市場でG7GAP 116.55を埋めました。

ドル強気基調ですが、商品市場では金、石油などが上昇しており、どうもテクニカル的に「つけに行った!」ような相場にも見えます。

本日ドル円は上値 日足 BB+2、200MA、下値は114.45からの上昇トレンドラインを睨みながらの展開が予想されます。

さあお月様のご機嫌も伺いながら、今週もがんばって行きましょう。

Yen_d

Eur_d

Yen_w

Eur_w_2

| | コメント (2)

2006年6月25日 (日)

新月でドル売り?

明日6/26は新月(New Moon)です。

天体と相場を組み合わせた。ファイナンシャルアストロジーによると、

「満月でドル買い、新月でドル売り」だそうです。

アストロだけで相場にエントリーすることはありませんが、意外とユーロドルなどは相性がいいというか、よく当たっているようです。(過去ログ5月13日の記事参照)

ということは、ユーロドルはここらで反発?

ドル円も高値をつけてます。楽しみですね。

今日は生憎、雨模様ですがたま~に夜空を見上げてみたりしてしてぶつぶつ言ってるしろふくろうでした。

アストロに関しては 山中氏のサイト

ASTRO CALENDER に詳しくのってますのでご参考に!

Eur_astro

Yen_astro

| | コメント (0)

2006年6月24日 (土)

相場展望 修正

Eur_use

1h_1

昨日の夜に相場展望を上げましたが、早速修正があります。

ユーロドル相場は、注目していた中期のトレンドラインをブレイクしたと思いましたが、

終値が確定した後、再度ラベリングを行ってみました。

ユーロドル相場、以前ラベリング他ところ

  • 1波 1.1826-1.2207
  • 2波 1.2207-1.1953
  • 3波 1.1953-1.2977(さらに5つの波に分解される)

そして、1.2977から昨日の安値1.2476は、3波の50%戻しの位置にあり、4波のラベリングの可能性が高まってきました。

中期のトレンドライン(日足のオレンジ色、4h足の青色)をブレイクしなければ、ここから5波進行(1.29~1.31)への上昇の可能性があります。

以上、昨日のコメントを修正させていただきます。

皆様のノイズになっていましたらお詫び申し上げます。

| | コメント (4)

2006年6月23日 (金)

相場展望

2006062322

Gbp_1

相場が動き出しました。

注目していたチャートポイントをブレイクしたのでお知らせします。

左がユーロドル4Hチャート、青色の長期トレンドラインをブレイクしたようです。中段にフラッグを形成して下落と思われます。

右はポンド円1Hチャート、こちらも青色のトレンドラインをブレイクしました。緑色のラインを上抜け、上方三角形を失敗した様子です。

ユーロドルで最大、1.21 ポンド円で204までの下落の可能性あります。

チャートは刻一刻と変化しますので、思い込みは禁物です。

ご自身でご確認下さい。

| | コメント (3)

ADX

昨日の反省文です。

今回、ドル円チャートは1Hチャートでは明確な反転(ドル高)のサインが出ていましたが、115.75を高値とした日足でのトレード戦略をとっていたため、利食いポジションを無駄にしてしまいました。

やはり私の分析レベルでは、1Hチャートをベースとしたレバレッジを利かせたデイトレードが向いているようです。

昨日の値動きをADXという指標を使って分析してみました。通常は、他にMACD、RSIなどを同時に表示していますが、ここではわかり易いようにADXのみの解説です。

他の指標との順相関もでていますので一度分析してみてください。

2006062310

ドル円の1HチャートとADXの流れです。

ADXの見方は簡単に

  • +DI:上向きの方向性の強さ
  • -DI:下向きの方向性の強さ
  • ADX:トレンドの強さ 

と覚えるとわかりやすいです。

使い方としては +DI(青色)-DI(赤色)をゴールデンクロスで買い、逆で売りですが、これだけでトレードは出来ません。

重要なのはそのときADXがどのような状態か?です。ADXはトレンドの強さですから、下から上に向かっているときにトレンドが強いといえます。

つまり、上から下に下がってきているときは、トレンドが持ち合いに近づいている状況と簡単に考えてください。

チャート上の赤の丸は+DIが-DIをゴールデンクロスし、なおかつADXが上昇している状況です。最も良いパターンはADXがしたからゴールデンクロスのポイントを抜いた時です。このタイミングのトレードは大きくトレンドが出る兆候(大きく値幅が拡大する)といえます。

そこで、昨日のチャートでは、

  • 赤のトレンドラインの上方ブレイク
  • ネックライン(115.2)のブレイク
  • ADXの好転 

等の条件が整ったトレードチャンスでした。

なお、手仕舞いのポイントは、ADXが落ちかけたタイミングとされています

詳しくは、基礎から学ぶデイトレード(しろふくろう秘伝書)をご参考に!

サッカー敗退のショックを引きずらずに、気を取り直して頑張りましょう!

| | コメント (12)

日本(円)敗北

ワールドカップ見てしまいました!家族そろって4時目覚ましです。

はっきり言って、ボロボロです。(心も体も・・・)

世論が楽観的に可能性がまだあるとか、決勝進出へのシュミレーションとかしてましたが、はっきり言ってそんなことは望んでいませんでした。しかし、今回の敗退は次への望みを見出すものではなく、世界とのレベルの差を見せ付けられたような思いで、焦燥感がつよくのこりました。

ドル円も、しっかり日本売り!サッカーに興味のない米国人がしっかり相場を支配していました。

残念ながら、115.75のSLが付いてしまいました。

次のチャートポイントは、GAPの上端116.55と、121.37-108.96の61.8%戻し116.63 !

しかし、オーバーシュートの感も否めず、つけないリスクもあります。

反転か続伸か、すこし冷静に相場を追いかけたいと思います。

Jy_3

Eur_29

| | コメント (0)

2006年6月22日 (木)

相場は膠着状態

2006062216

昨日アップしたユーロドル1Hチャートの推移です。

ユーロドル相場は、底堅いものの、1.267のWボトムのネックラインを前に足ふみ状態です。その上の1.270も合わせてかなり売り圧力が強く感じます。

目先、この1.2670と1.2528の狭いレンジの中、どちらに抜けるか注目されます。

あまり無責任なことも言えませんが、ピンク色のトレンドラインを上方にブレイクした相場は、少し調整不足の感もあります。

波動カウントを当てはめていくと、1.2533-1.2614の1.618倍値から1.2706 がひとまずのターゲットとして計算されます。

現在の状況では、まだ情報が不足しており、後数本の値動きを確認する必要がありますがこのレンジを抜けた方に大きく動きそうです。

さてこのまったりとした相場、いつまで続くのでしょうか?

| | コメント (4)

本日のチャートポイント(6月22日)

昨日は、ドル円は十字線の陰線、ユーロは実体の大きな陽線で終わりました。

金、商品価格の上昇と合わせて、やや流れに変化が現れてきたかもしれません。

本日の注目は、ユーロドルのWボトムの完成?と、ドル円のトレンドラインの攻防。

両者とも短期線は反転し、21日線への収縮が進んでいるようです。

今日から全国的に雨模様です。相場はカラッと行きたいものです。

Jy_2

Eur_28

Ma

| | コメント (2)

2006年6月21日 (水)

ユーロドルチャート その後・・・

Eur2_1

2006062117

朝方作ったユーロドルのロングは、先ほど1.262でいったん仕切りました。

どうも緑色のトレンドチャンネルが邪魔をしそうです。

ひょっとすると、1.2528の安値を試しにいくかもしれません。

少し様子を見たいと思います。

さて、どうなりますでしょうか?

| | コメント (6)

ユーロドルチャート分析

Eur1  ユーロドル4Hチャート

Eur2  ユーロドル1Hチャート

昨日は、日銀総裁のコメントをきっかけに、円高が進みました。

ユーロ、ポンドの欧州通貨も円高が進みユーロドルは方向感がない相場展開でしたが、チャート上は堅調に推移しています。

添付のファイルは、ユーロドルの4Hチャートと、1Hチャートです。

4Hチャートでは、Wボトムのフォーメーションの進行が見られます。しかし、1.182からの上昇トレンドラインも近づいており、このラインをサポートに反転するか?ラインを割れてくるのかが注目されます。

1Hチャートでは、前回1.267で跳ね返された下降トレンドラインを上抜けしつつあり、目先1.267のレジスタンスを上抜けることが出来るか注目されます。

まだユーロが底打ちしたという判断はできませんが、突発的にな相場の動きについていきたいものです。

| | コメント (9)

本日のチャートポイント(6月21日)

おはようございます。昨晩飲みすぎで、少々二日酔いのしろふくろうです。

頭がぼーっとしてるので、チャートポイントのみ先にアップしておきます。

ドル円は、止まるべきところでぴったり止まったようです。

詳細はまた後ほどコメントいたします。

あ~頭がぼ~っとしてます。

今日も一日がんばりましょう!

Usd_12

Eur_27

| | コメント (6)

2006年6月20日 (火)

トレンドの判断

今日は少し簡単ですが、トレンドの判断方法について少し説明します。

初歩的な内容ですので、さらっと確認してください。

Doeu

まずは、ドル円の1Hチャートですが、ここでトレンドの確認をして見ましょう。

Doe1_1 

緑色の波線が上昇、ピンク色が下降トレンドとなります。

これは、ひとつの簡単なトレンドの定義に基づくものです。

上昇トレンド:高値の更新、安値の切りあがり。

下降トレンド:安値の更新、高値の切り下がり。

チャートで、緑色の上昇トレンドは、高値 115.75を更新することなく、安値115.47を下回りました。

ここて、下降トレンドが確認されました。しかしその後高値更新、安値切り上がりが確認されました。

このトレンドの継続は、次のBOP1、BOP2のどちらを超えていくかで確認いたします。

この時間軸では、このようにトレンドをスイングしながらチャートが進行していますが、4Hチャートでは、トレンドの継続、反転が確認できていません。

本日、朝のコメントの 115.75,115.15が、BOP(ブレイクアウトポイント)と考える根拠となります。

基本的に短い時間軸ほど頻繁にトレンドの反転が現れます。

スイングトレード、デイトレードではこの波の振幅を丁寧にトレースしていく根気のいるトレードスタイルといえます。

ぜひいろいろなチャートで検証してみてください。

ちなみに、11:30時点では、トレンドの判定にはいたっていません。

| | コメント (2)

本日のチャートポイント(6月20日)

115.47 昨日のドル円の終値です。

ひとまず、昨日のチャート分析とおり、ドル円は小さなGAPを埋めに行ったようです。

本日は、ゴトウ日(5・10日)で、仲値までドル買いが予想されますが、昨日の高値115.75 を超えてくるか注目です。ここを越えてくると、116.55の日足のG7GAPを狙いに行く可能性が高まります。

下値の注目点は、115.15 のGAPの下値、ここを下抜けてくると、昨日のエグゾースチョンGAPのシナリオの確立が高まります。

ここ3日間のドル円の値幅は 58pt-62pt-60pt と平均で60pt!そろそろ大きく動くのではないでしょうか?

テポドンの影響、村上ファンド問題いろいろとあるけど、チャートをしっかりと追いかけて見てはいかがでしょうか? 

今日関西は梅雨の中休みの晴天!相場も晴れ晴れといきたいものです。

Jy_1

Eu_1

| | コメント (2)

2006年6月19日 (月)

ドル円どこまで?その2

Doruenn1

  

 →   Doruenn2         

Doruenn3

週明けからドル円チャートは、小さなGAPを開けて上昇しました。

いろんなファンダメンタルが取りざたされていますが、純粋にチャートから得られる情報を詳細に分析してみました。

1枚目のチャートは朝アップしたものですが、108.96からの上昇は、大きく3波にカウントされ、高値115.75は N計算値のターゲットとほぼ一致する。(1波=3波=441pt)

2枚目のチャートから、113.33から115.75の上昇は5つの波にカウントできる。

3枚目のチャートは、113.33からの上昇の5波をラベリングしたもので、さらに5つの波がカウントされ、今回の小さなGAPは この3波にできたコンティニュエーションGAPと考えられる。

さらに、この小さなGAPは113.33からの5波に現れており、エグゾースチョンGAPと推測され、このGAPが埋まることにより、反転を予測する

以上難しく見えますが、3枚のチャートを順番に追いかけていただくと分かりやすいと思います。

簡単に結論を申し上げると、108.96からの上昇波は、115.75で終了したとしろふくろうは考えています。(6月19日 20時現在)

さて、どうなりますでしょうか?GAPが埋まったら、売りたいと考えています。

| | コメント (13)

円安?どこまで?

うーん、結構朝から円安飛ばしてます。ユーロドルもあっさり1.26割れです。

ひとまず全ポジションをクローズして様子見です。

2006061911312

ドル円チャートは、注目していた 115.5の日足のネックライン、をあっさりとブレイク。少しは抵抗線になるかと思われた89MAもすんなりと破られました。

やはりマジノ線って簡単に破られてたよね

以下抜粋

「歴史上最も強固な要塞として難攻不落といわれたが,逆にこのことがフランス人に安心感を生むことによって対ドイツ戦略を消極的にし,もっぱら守勢に徹する姿勢を生み出した。」

相場に通じるものがあります。

ということで、しろふくろうは 早々と115.5のマジノ線からの撤退ですが、反撃のチャンスをうかがってます。

本日11:00時点の戦況は、115.7 付近!

実はここにはもうひとつのトラップがあります。

テクニカル的には、108.96からN計算値 115.74 

今のところこのラインでの戦闘の模様! 

今のところワールドカップ開催国のドイツ軍強し!さて戦況はいかに ・・・続く

| | コメント (7)

本日のチャートポイント(6月19日)

日本引き分け!

う~ん、いろいろ考えても仕方なく、最後の試合が消化試合でなくなったんだから全力で応援しよう!

さて、為替相場はワールドカップの盛り上がりとは対照的にまったり相場!

実はユーロドルは ”NR7-2”(エヌアールセブンツー)という非常のに値幅の収縮した状態!大きく動くかもしれません。

上値のレジスタンスは1.27、下値は1.26がサポートになるか?

週足は、羽黒法では長い下ひげの3号線日足の一目均衡表は転換線の逆転が発生とむずかしい。

あれこれ考えずに、動いたほうについていくのが得策です。

では今週もがんばって行きましょう!

En_1

Eur_26

En_w

Eur_w_1 

| | コメント (3)

2006年6月18日 (日)

ドル安?ドル高?

先週は、「重要指標が目白押しで、相場が大きく動くのでないか?」との期待を見事にはずすまったり相場! 

所長も毎日ワールドカップで寝不足だけど、サッカーの本場ではこの期間相場よりサッカーの方が大切なのかも知れない。(早くも決勝進出をきめたポンドが強いのもこのせいか?)

さて、昨日もご贔屓のポルトガル選を見ながら、いただいた宿題の金チャートを眺めていました。

Gold_2

エマージング市場、商品相場の暴落に始まった今回のドル高ですが、金相場の暴落とドル高はかなり相関が高いようです。

添付のチャートは、金の5年間の週足のチャートですが、青色のトレンドラインオレンジのトレンドラインの中をラッパ型のフォーメーション(ブロードニングフォーメーション)が進行しました。

10月の後半にこのラインを超えたチャートは、緑色のトレンドチャンネルの中をオーバーシュートし、暴落しました。

さて昨日の終値は・・・・テクニカルは素晴らしい!と思わずうなってしまいそうな値位置でとまりました。

ひとまずオレンジ色のトレンドラインで反発の可能性が高いのではないでしょうか?

商品相場の落ち着き、株価の下げとまり=ドル安の可能性も見ながら、収縮した値幅の拡大についていきたいものです。

さて今日は日本×クロアチア!善戦してほしいものです。(日本が勝てば円高かな?)

左側メニューに「みんなでつくる質問箱」という質問専用掲示板を新設しました。コメント欄ではなかなか聞きづらい疑問は、こちらでお答えいたしますので、お気軽に投稿ください

| | コメント (5)

2006年6月16日 (金)

ユーロドルの正念場

Eur1h

どうやら少し動き出したようです。 チャートは、17:20時点の、ユーロドルの1hチャートです(昨日のチャートの続きです)

市場は、赤のトレンドチャンネルを試したようです。

しかし、この上には、1.27の強固なレジスタンスがあるため、すんなりとはいかないかもしれません。

1.27は 1.2977-1.2528の ちょうど38.2%戻し!

わくわくするではありませんんか!

今日の終値 どちらにころぶでしょうか?

| | コメント (7)

たまには NIKKEI 225 

相場があまり動かないので、先ほどクローズした NIKKEI225のチャートを眺めていました。

Nikkei_1

週足のNIKKEIのチャートですが、5本の陰線の後、久しぶりに陽線引けしました。

ローソク足は、下ひげが長く、実体が小さな陽線で、羽黒法では 3号線に当たります。

3)号線 下影陽線(中心値が陽線実体の下位)

・次週の始値が中心値付近:買い、小幅高

・次週の始値が中心値より高い:売り

となっていますが、果たして来週はどうなりますでしょうか?

チャートでは、一目均衡表の遅行線が、日々線をしたまわることが出来ずに、クローズし、日々線は52週移動平均線にて止まっているように思われます。

ひとまずは、反転の兆候があるのではないでしょうか?

先週の 陰線の中心15086円当たりを上回ってくるとやや強気と思われますが、戻り高値をつけた後、もう一段の下落があるのではと思います。

戻りの目処は、今回の下落の61.8%戻し、26週移動平均線の重なる16200円辺りを限界と見ています。

| | コメント (0)

本日のチャートポイント(6月16日)

昨日は、重要な指標が目白押しの一日でしたが、為替は期待をよそに小さな値動きとなりました。

ユーロドル 75pt、ドル円58pt と両方ともNR7が出現しました。本日は週末であり溜まったエネルギーが炸裂するかもしれません。(NR7に関しては右欄のgoogleでサイト内を検索して下さい)

しろふくろうの本日の戦略としては

・ドル円 : 115.4のレジスタンス(BB+2σ、89MA)、

        サポート114.6(日足雲上限他)

・ユーロドル:1.265のレジスタンス(BB-1σ、8MA)、

        サポート1.260(5MA、89MA)

の狭いレンジを抜けた方注目しています。(順張り)

添付はいつもの21移動平均線と終値の乖離差%、相場が21日線に吸い寄せられているようにも見えます。

さて週末、関西は梅雨の合間の快晴!相場も快晴と行きたいものです。

Yen_7

Eur_25

2006061607

| | コメント (12)

2006年6月15日 (木)

ベアマーケット

たまには、少しマーケットの勉強をしましょう。

秘伝書を読んでいると、「ベアマーケット」ということばをみつけました。

そこには、「近年のマーケット参加者は、厳しいベアマーケットを経験したことがない。多くのトレーダーは上昇トレンドで使った手法を単に逆さにするだけで、どんなにひどいベアマーケットでも利益を上げることができると誤解している。しかし世界中がベアマーケットに襲われると、空売りは難しい状況に直面する・・・・・・・」

また平均的なブルベアサイクルは4年の長さがあり、そのうち25%がベアマーケットになるとあります。

長期ベアマーケットの特徴

  • 経済活動の加熱
  • 過大評価された資産
  • 原油価格の上昇
  • インフレ 

なんか今の状況とオーバーラップしません?

最後に過去のベアマーケットのダメージがありました

2006061520

今が必ずこの条件に当てはまるとはかぎりませんが、ベアマーケットに突入したかもしれないという危機感をもつ必要があるかもしれませんね。

詳細は「スイングトレード入門」のP204にあります。

| | コメント (1)

ユーロドル反転?

2006061512

こちははユーロドルの1Hチャートです。

昨晩、ユーロドルは、米国CPIの発表後、緑色の小さなウエッジで反発し、ピンク色のトレンドラインを上抜けました。

1.258は1.1826からの38.2%戻しのレベルで、やはり止まるべきところで止まったというところでしょうか?

長期的にはこれからどのようにチャートが進行していくかはまだ不明瞭ですが、ひとまず反転したと見ています。

今後のポイントは、ピンク色のトレンドラインをキープできるか?

赤色のトレンドチャンネルを上抜けできるかですが、

その前に立ちはだかる1.2700は、今回のユーロ下落のネックラインでもあり、

また1.2977-1.2528の38.2%戻しレベルでもあるため、かなり強固なレジスタンスになると思われます。

言い換えれば、このレベルの売りをこなすことが出来れば、61.8%レベルまでの反転が期待できると思います。

さて、ドル円の行方とともに、ユーロの1.27の攻防が見れるのでしょうか?

| | コメント (16)

本日のチャートポイント(6月15日)

昨日は注目の米国CPIの発表がありました。

反応は限定的で、FRBメンバーのコメントもブラックアウト期間を前に金利コメント連発、長期金利の逆イールド減少、どうも相場観との不整合を感じずにはいられまん。

昨日のドル円の高値115.42

  • 115.39=61.8% of 119.37-108.96
  • 115.44=ネックライン

ここで止まれば、テクニカル派にとっては絶妙!

楽観もできませんが、日柄的にも反落の可能性を示唆しています。

ユーロドルは安値を更新しましたが、終値は日足雲で反発したようです。

少しドルの反落に注意が必要かもしれません。

関西は朝から雨です。本格的な梅雨入りです。

良いトレードを!

2006061507

Yen_6

E_2 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年6月14日 (水)

宿題 所長の場合

114.7止まりませんでした。

やはりチャートはしっかりと抵抗線まで行ってしまうものです。

週末のドル円チャートの ラベリング、今のところ このように見ています。

週末時点の物と、本日朝のものを2枚出しておきます。

Usd_jpy_d_0610

Usd_jpy_0614

若干線引きは違いますが、やはり115.4-5の抵抗線出止まるか?

GAPを埋めに行くか? が注目されます。

私自身は、現在の値位置は3波の中のⅳ波と考えています。

というのは、121.37からの下落を 5波と考えているからです。

チャートは見方によっていろいろと線引きが出来ますが、できるだけエリオット波動の法則に則ってコメントさせていただいているつもりですので、予めご了承ください。

ユーロドルに関しては1.246-7を当面のマジノ線と考えています。

以上、微妙なポジションですがドル高の方はひとつのリスクシナリオとしてとらえていただければと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日のチャートポイント(6月14日)

昨日は株安に始まり、円安に終わる一日でした。

いろいろと出てきますよね。BOJトップのスキャンダル、どうなりますでしょうか?

昨日近所のおばさんと少し立ち話、

おばさん「株どうしよう?」

しろふくろう「現物?」

おばさん「うん、あの時売っときゃよかったわ、20000円いくと思ったのにね」

しろふくろう「そろそろいったん底打ちするから、現物なら持っとけばいいんじゃない」

おばさん「そうだね、芦屋の証券会社におばさんが並ぶようになったら相場は終わりやね・・・・・」  

以上ノンフィクションの、セレブでもないおばさんとの会話でした。

さて、ドル円はしろふくろうの最後のマジノ線 115.40-50に差し掛かりました。

ここを抜けると、中期ドル安シナリオが崩れてしまう!

マジノ線は守られるのか!?(歴史上マジノ線はあっさりと破られたみたい・・・)

Yen_4

Eur_24

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

ドル円うりたくてうずうず・・・

なかなか相場が膠着していたので、あまりチャートを引きずり出して無理なトレードを推奨

することもできず・・・・

とある方から「ドル円うりたくてうずうずしてるんだけど・・・」といわれても、まだまだと言ってました。

Day

添付のファイルは、朝たてたトレード戦略ですが、分水嶺のピンク色のラインの上に差し掛かりました。

RSI、ストキャトも頭打ちのようですので、ショートが狙い目かもしれません。

安全には、一目の雲を割れたり、青色のチャンネルを下回った辺りでしょうが、

デイトレードではワークしそうです。

おっと落ちてきました(17:33分) さてどうなりますでしょうか?

くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

本日のチャートポイント(6月13日)

日本代表!惨敗!

昨日は為替もそっちのけで、応援していましたが 残念な結果に終わってしまいました。

高校時代にサッカーをやっていたしろふくろうは現代の難しいサッカーはいささか苦手。

戦術とか、フォーメーションとかは昔とずいぶん違います。

で、にわか評論家としては、やはり監督の差が出たのではないかと・・・

前半と後半でオーストラリアは完全に攻撃スタイルを変えていた。

1トップのビドゥカを最終パスの基点として、バックスがひきつけられた後に他の選手がけりこむ。まあ4番がつなぐ戦術、見事でしたね。

片や日本代表は、同点に追いつかれてからの打つ手が遅すぎました。

おっと朝からこんなにサッカーの話題を引っ張ってしまいました。

今日の注目点は、ドル円に NR7が出現していること。

前日もかなり短いバーで、注目です!

Yen_3

Eur_23

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

21日移動平均乖離率

21ma

グラフは、ドル円とユーロドルの21MA(移動平均線)と、終値の乖離率のグラフです。

依然一度お披露目しましたが、なかなか良く相場の流れを映し出してくれます。

ドル円は-4%から反転し、21MAを超えて、+2%まで上昇しました。

ユーロドルは逆に+3%付近から、-1%へ推移しています。

過去の分析から、概ね+-3%付近は、調整される可能性が高いです。

前回のドル円の底値を判断した際も、この指標が売られすぎ-4%であったのがひとつの

条件でした。

面白いので一度検証してみて下しさい。

やはりここでも、波動や、Wトップなどのフォーメーションが現れます。

今週はたくさんの指標がありますのでこの21MAをめぐる攻防楽しみです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

本日のチャートポイント(6月12日)

おはようございます。

週末は先週に続きあうとどあ。波の動きを自然観察していました。

またまたきましたほんじつはまんげつそうばとしぜんのしんくろにしてぃーにひかれてきょうもそうばのなみまをただよいたいとおもいます。(読みにくくてすいません)

さて、本日のチャートポイント、少しバージョンアップしました。

・DAYバージョン→先週の中心値のラインを加えました。

・WEEKLYバージョン→musou様のリクエストにより追加いたしました。

musou様 DAYにこれ以上データーを入れることが出来なかったので別シートでご勘弁ください。

ひとまず先週末のチャートを勉強しようは、不評だったようで?あまり反応がありませんでしたが、お返事いただいた方には模範解答をお送りさせていただきました。

ありがとうございます。

今週は重要指標がいっぱい!デイトレは儲けるチャンスがいっぱいありますね。

頑張っていきましょう。

Usd_y_day

Eur_day_1

Usd_w

Eur_w

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

チャートを勉強してみよう

Usd_jpy_w0610 ドル円週足 チャート

週末ということで、チャート分析(反省)をはじめました。

昨日も、コメントいただいていますが、なかなかチャートを読むのは難しいということで、

僭越ですが、所長の線引きスタイルのご紹介です。

添付はドル円の週足チャートです。

一目均衡表 と MAの13 26 52 を表示してます。

・まずは小さな山と谷を結んでいきます。いくつも小さな山ができますね。

・ここでエリオット波動理論の登場です。 

 googleとかで検索してみてくださいいろいろ出ます。

 http://www.sankishoji.co.jp/info/lecture/04j.html

http://www.forexwatcher.com/topics/topic_1.htm

あとは理論の定義にそったラベリングを考えて行きます。

所長は、101.67-121.37をピンク色の線=3波でカウントしました。

1波と3波が1200ptのほぼ等倍になっています。

ここからがポイントですが、みなさんで考えてみてください。

・121.37から113.4は多分1波です

実は113.4が1波の底と考えると、先週このラインを超えた時点で、5波進行のシナリオは壊れてしまったことになります。

しかし、一言ではいえませんが、121.37からの波は5波の可能性を捨てていません。

今現在では3波のスタートを119.19と考えています。

いろいろな見方があると思いますが昨日の114.71をひとまずの戻り高値と仮定して、ここから来週の戦略を考えていくつもりです。

添付のチャートにいろいろとヒントが隠されていますので、週末の相場が動かないところで御一考くださいませ。

いろいろとご意見お待ちしております。

| | コメント (5) | トラックバック (6)

2006年6月 9日 (金)

本日のチャートポイント(6月9日)

おはようございます。

ユーロついに陥落!の一夜でした。

ドル円もなんじゃこりゃ!の少し壊れ気味の相場展開。

PIVOTのLBO、HBOを超える一方的な展開となり、何も考えずにただ付いていけばよかったと反省しています。

ユーロドルは、1.277が仮高値とすると、1.164からの3波(B波)がカウントされ、

  • 1波=1.164-1.2318(678pt)
  • 2波=1.2318-1.1826(492pt)・・・・1波の61.8%
  • 3波=1.1826-1.2977(1151pt)・・・・1波の1.618倍

きれいにエリオット様のダビンチ指数にはまってるじゃないですか?

あとは3波でおわって、C波=2000ptが来るのか?というところでしょうか?

お金がいっぱいあったら、1.2977をバックに、ここからあと1700ptを期待しまったりと

寝かせてもおもしろいかもしれませんね。

でも欲深いしろふくろうは2000ptの値幅で、3000pt取ろうと考えてしまいます。

さて今日はどうなりますでしょうか?BBが非常にワークしそうな予感の金曜日です。

Jpy_3

Eur_22

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

ココログメンテナンス

今日はココログがメンテナンスで、さっきまで投稿できませんでした。

まったく一日かけて困ったもんです。

さて遅ればせながら本日のチャートポイントです。

ドル円は114円タッチ、ユーロドルも1.275と相変わらずドル高の一日でした。

そろそろ、BOE、ECBの政策金利発表です。

結構ドル高に動いているので、どのようなリアクションになるのか興味深いです。

Yen_2

Eur_21

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

ダメトレード!

昨日は、ドル高についていけずにかなり反省してます。

いろいろと自分の考えをまとめるために書いているこのblogが役立ってませんでした。

実は昨日のチャートポイント 112.35 すごく意味がありました!

  • 日足の転換線
  • 日足BB+1σ
  • 羽黒法の先週の中心値

1H足のトレンドラインのブレイクポイントでもありましたが、 実は今週の羽黒法では

先週の中心値を越えたら追撃 を示唆していました!

すこしばかり、ユーロの1.3シナリオに固執していた自分自身にかなり反省した一日でした。

ここから気を取り直してと行きたいですが、少し混沌としています。

ドル円は 週足の 重要なレジスタンス 113.4 

ユーロドルは 1.1765の転換線と、76.4%戻し 

モメンタムはまだユーロ高。

ここまで引っ張ったユーロ、1.3をつけず終わるとも考えにくいものです。

いかんいかん。邪念を捨てて相場についていきましょう。

ちょっとばかり 頭の中身と心理状態を整理してみました。

ダメトレードも参考にしてください。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

本日のチャートポイント

おはようございます。

昨日はドル全面高でした。恥ずかしながら自分の予測の値幅を大きく超えてしまい、

軸足がドル安に移っていたために相場についていけませんでした。

ドル円は、113.8、ユーロドルは1.28 の私の中での最終防波堤で止まっているように

見えますが、昨日の終値が113円台で引けているなどドル高方向の力を感じます。

果たして今日、ブレイクアウトするのか?、はたまたドル安方向へ戻すのか?思い込まず

相場についていきたいと思います。

良いトレードを!

PS.表紙のしろふくろう いつの間にか生徒が増えてます。本文とイラストデザインは別人作ですので、特に深い意味は無いのですが・・・ こちらも毎日更新でしょうか?

Usd_11

Eur_20

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

まったり相場

200606061200    ユーロドル 1Hチャート 

日本株下落、円売りでしょうか?予想通りまったり相場です。

ユーロは、朝コメントした 赤色のトレンドラインでサポートされています(13:00現在)

さて、ここからが本番です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

本日のチャートポイント

昨日は予想通り、日中は小動き、ロンドン、ニューヨークも全く動意がなく、お手上げ状態でした。

中銀総裁の発言でかなり動いたようですが、まだトレンドは継続と判断します。

4h_eur   

ユーロドルの 4Hチャートですが、赤のトレンドラインがサポートになるのではないかと考えています。=1.288 位でしょうか?

日足のBB +1=1.2872と合わせて、チャートポイントと思われます。

ユーロドルは、1.3を目指すのか?昨日の高値が 高値となるのか?注目です。

PS.今日は 2006・6・6   ”666”はキリスト教では不吉な数字だそうです(オーメン)

  何かおこるのでしょうか? SLは忘れずに!

Y0605

E0605

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

エリオット 分析 ユーロドル

週末にはゆっくりと動かないチャートを見ながら、長期の予測をします。

何度かユーロドルの週足のコメントをしましたが、2つの可能性を上げていました

  • 1.164からの上昇は 修正波動か?
  • 1.164からの上昇は 推進波か?

正直いまの段階で断言はできませんが、しろふくろうFX研究所のエリオット波動分析です

Eur_eriot_1   ① チャートは、ユーロドルの 週足チャートですが

ユーロドルは・・・

  • 0.8352~1.366で 5波の上昇がカウントできる。(3波はさらに5波)
  • 1.366~1.164は修正波A波と仮定。
  • 1.164は上昇波の38.2%戻し(1.1632)を達成。
  • 修正A波は 5波にカウントできる。

以上の事実より現状、1.164からの上昇は 修正B波と仮定し、 A波が5波にカウントできたことにより 5-3-5のジグザグパターン修正と推測できる。

Eur_usd_w  ② 週足 修正波動カウント 5-3-5進行の可能性

先週末、ユーロドルは週足でも遅行線が雲の上に出て好転し、一目均衡表上では買いサインが出現している。

現在、ピンク色の平行チャンネルを進行しており、今週のチャンネルの高値目処は1.306 辺り。チャンネルを越える、76.4%戻し1.3183が視野に入る。

現状チャート①はシンメトリカルな H&Sを形成している。

このあと、B波が予想以上に進行しWトップを形成する可能性もあるが、

現状はB波終了後、5波のC波(A波と等倍=2000pt)の下落を予測する。

さて、来週からのワールドカップが 意図的なユーロ高 を仕組んだのか?なんて妄想も

考えてしまいます。

いろいろと、ご意見いただければうれしいですね。 d(@△@)b 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日のチャートポイント

おはようございます。

昨日は一日外出していたため、BLOGの更新が出来ませんでした。

土曜日に、ゆっくりとチャート分析をしましたので、後ほど公開したいと思います。

金曜日は、雇用統計で荒れましたが、さくっと忘れて新しい目でチャートを眺めてみたい

ですね。

ドル円は、21MAで止まりましたが、この下はスカスカ!

少し戻りを待って売るか、111割れでショートのエントリーを考えています。

但し、一目の転換線の転換は少し気になりますが・・・

ユーロドルは、ちょっと頭が重たいかもしれませんが、ECBまでは堅調かな?と思います

じわ~っと1.306くらいでしょうか?こちらも基本ロングで考えていますが、1Hチャートで売り場が来れば、ショートも検討したいと思います。

チャートポイントは結構使えると思いますので、デイトレに役立ててください。

今週も頑張りましょう!  

PS.午前中には、少し長めのチャート分析をアップしたいと思いますのでお楽しみに!

Y0602_2

E0602_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

週間羽黒法 2

昨晩の雇用統計 荒れましたね。

しろふくろうは、軸足をドル安方向においていたため、おかげさまで いい週末を迎えることが出来ました。

23時には手仕舞いし、今朝NY終値を確認しました。

予想どおり、あれからチャートポイントをこなしていくのは無理だったようです。

雑感で、細かな分析はしていませんが。

・クロス円は円高方向か?(NZD/JPYは65円か?・ポンド円のウエッジ)

・ユーロドルの週足遅行線が久々に雲の上!

は気になるサインです。

さて、先週の週間羽黒法のサマリーですが・・・

5月29日の記事より

先週のドル円は 3号線と 判断します。(下影陽線、実体が中心より↑)

3号線の次週の戦術は 教科書によると・・・・

・次週の始値が中心値付近 :買い 小幅高

・次週の始値が中心値より高い:売り

としましたが、結果は 

始値 112.62(中心値 112より上)

     ↓

終値 111.64 の陰線引けでした。

あたってるじゃん!

Yen_haguro

さて来週は、どうなりますでしょうか? 

羽黒法については こちらが参考になります(ソニーバンクのサイトですのでご安心を)

     ↓

http://moneykit.net/visitor/chart/words/technical/10.html

来週の戦略は、明日コメントします。

良い週末を! (所長は カ○ーです)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年6月 2日 (金)

ユーロドルの分水嶺

Eur1h_a  A)ユーロドル 1hチャート 

  (ユーロ弱気)

Eur1h_b B)ユーロドル 1hチャート

 ユーロ強気への転換?

昨日は、FOMC議事録 → ドル強気 →ISM →ドル弱気と めまぐるしく変化しました。

日足のチャートは十字線でしたが1Hチャートでは、激しい売り買いの足跡がうかがえます。

さて、ユーロドルですが、本日はどちらかにブレイクする可能性が高まってきました。

A)チャートでは、1.27-1.2904の上昇を、61.8%のサポートを破り、FR/FFの100%戻しを達成るると思われました。

しかし、23時の米国指標後、反転し再度61.8%レベルを上抜けし、分水嶺の赤いトレンドラインまで反転しています。

B)のチャートでは、1.29から逆H&Sの形成が見られます。黄色のネックラインブレイクで、再度1.29方向への上昇が考えられます。

1.2969(5/15)からの下落トレンドラインは本日1.289辺り。BのH&S完成により、上抜けの可能性もあると思います。

昨日のドル円の113.4のレジスタンスも心理的にかなり意識されそうな相場展開、

クロス円の円高方向へのリスク(NZ/JPYやっぱり落ちそう!)、70%くらいの可能性でドル安方向への進行と見ています。

※しろふくろうはファンダメンタルは織り込まずに純粋にチャート分析のみの予測です。

 各自の責任の下投資を行ってください。

さあ雇用統計!吉とでるか凶とでるか?

良いトレードを!

| | コメント (9) | トラックバック (1)

本日のチャートポイント

おはようございます。

本日のチャートポイントのみ先にアップします。

後ほど、ユーロの分析をアップします。

ユーロの移動平均線がかなり重なっています。

J

E

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

ドル円 どうなる?

Usdjpy_w0601  ドル円は、朝のコメントのチャートポイント 113を上抜けました。

  

週足のチャートですが、現在 121.37からの下落は3波をカウントしたと判断します。

20時現在、113.4のネックラインが目前に迫っています。

また赤色の上昇トレンドラインを現在は下回っていますが、これを上抜けた場合、

下落3波を修正波とし、ドル円の本格上昇になると判断します。

現在の下落トレンドの修正4波と仮定すると、ネックラインを超えずに反転、5波への進行

があると思います。

今日、明日にも答えは出そうです・・・

| | コメント (6) | トラックバック (1)

ドル円 月足

ドル円チャートの月足が確定しました。

Usdjpy_m0601

  • ローソク足は、下ひげの長い陰線でした。
  • 121.37からの下落トレンドが確認できる。
  • 5/17の安値 108.96は  101.67-121.37の61.8%のレベル
  • 上昇トレンドラインを一度は下抜けしたものの、終値はトレンドライン上(これが気になります)

ドル円は、上値も重いながらも、底堅く、111を割れてくるまでは中途半端のショートは危険かもしれません。

チャートポイント(上抜け)

  • 113.0
  • 113.4(1/12安値)
  • 113.8(38.2% of 101.67-121.37) 

と見ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のチャートポイント

今日は朝から出かけるので、チャートポイントのみアップします。

ユーロドルは、50%戻しの 1.2803 でいったん止まりましたが、Wトップの目標値、61.8%、21MA の1.278で止まるかがポイントです。

ドル円も113トライの可能性が高まりました。

本日の戦略

  • ドル円::様子見。112.8を超えなければ、再度↓トライの可能性か?
  • ユーロドル:ロングのエントリー検討。但し1.278割れでショート転換

あまり無理せずにいきましょう。

Yen_1

Eur_19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »