« 右脳チャート | トップページ | 凪の雇用統計 »

2006年8月 4日 (金)

PIVOT(ピボット)3

いよいよ今回からPIVOTを使ったトレード方法についてです。
今回は基本的なPIVOTの使い方をご紹介いたします。

前回のPIVOTポイントのまとめです
Pivot_1

まず始めに、PIVOTは前日のH,L,Cの平均値で、ここを中心に 売りのポイント(S1,S2)、と損切りのポイント(HBOP)が上にあり、買いのポイント(B1,B2)損切りのポイント(LBOP)が下にあります。
PIVOTとこれらの6つのポイントを使ってデイトレードに活用してみましょう。

これらのPIVOTポイントの有効期間は1日限りと考え、その日の終値には損失が出ていてもクローズするものとします。

基本的な使い方は、上昇トレンドと仮定した場合B1とB2に買いの指値オーダーを入れておきます。
このとき同時に損切りオーダーをLBOPの少し下に置いておきましょう
損切りオーダーが付いたら本日のトレードはあきらめてください。
(ドル円の場合、しろふくろうFX研究所のデーターでは損切りオーダーが付くのは約6%ほどです。)
損切りオーダーが付くこと=トレンドの転換を意味します。

次に利食いポイントの設定ですが、確実な利食いポイントはPIVOTレベルになります。
(こちらも研究ではPIVOTの付く確立は70%近いものがあります)
さらに上にはS1、S2のポイントがありますが、B2が付いた後に、S2が付く確立は20%以下ですので、少なくともS1を利食いポイントにすることをおすすめします。

これがPIVOTの基本的な使い方になります。
少し難しかったでしょうか?

次回は効果的な利食いの方法について検証してみます。お楽しみに!

しろふくろうFXはランキングサイトに参加しています。応援お願いいたします。
・ブログ村為替ブログランキング
・外為ランキング

PIVOTには有利な外為オンラインで

|

« 右脳チャート | トップページ | 凪の雇用統計 »

コメント

所長様 こんにちは。
今夜は花火大会でしょうか、楽しみですね。
ピボットも今後の検証結果が待ちどうしくなってきました。SFXファンド立ち上げたら是非教えてくださいませ。

投稿: hira | 2006年8月 4日 (金) 13:00

はじめまして。「外国為替証拠金ブログランキング」を運営しております桑原と申します。
当ランキングに貴ブログの登録をお願いしたくやって参りました。
始めたばかりですので、今登録いただければ上位になります。
参加をよろしくお願いします。
URL:http://rank-net.jp/gaitame/

投稿: | 2006年8月 5日 (土) 09:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 右脳チャート | トップページ | 凪の雇用統計 »