« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

ドル円 長期展望レポート

昨晩は23時の指標発表後のアクションを見て、トレード終了。
結局ドル円は、落ちることなく月足で4連陽になりました。
(ポンド円も結局サポートラインを割れず)

こうなると、トレンドライン上抜けの可能性が一層高まってきたようです。
テクニカルであまり長期の予測は正確には出来ないけれど、重要なポイントに差し掛かったと見ています。

En_month 月足、9月確定ベース




実は最も注目しているのが、ピンク色のブルフラッグの形成。5月の反発時点で最も気にしていたのだが、どうやら今のところ着実に進んでいるように思えます。
仮にこのフラッグが完成し、赤色のトレンドラインを上抜けた場合、1970pt程のテクニカル上のターゲットプライスが点灯します。
現在の値位置は長期的に見てかなり重要なポイントに差し掛かっていると判断します。

Usd_jpy_main_1 月足、6月時点




こちらは、私が現在持っている長期シナリオです。
赤のトレンドラインを抜け、121.37を抜けるまでは、月足ではまだドルベアとなります。
赤のトレンドラインを抜けるまでは、黄色のディセンディングトライアングルシナリオがまだ機能しているト判断しています。
これが基本的に、ドルショート戦略のベースとなっています。

テクニカル的に非常に微妙な値位置であることを認識して上で、トレード戦略としては
・赤色のトレンドラインを月終値ベースで越えるまでは、ショート戦略維持
・赤色のトレンドラインブレイクでロング方向へのエントリー(長期ターゲットは128-141)

と考えています。
いずれにしても、ショートももう少しひきつけてエントリー、ロングもフラッグへの押しを待ってのエントリーが良いのではないでしょうか?

相場の秋、そろそろトレンドが出ることを期待しています。

【ランキングサイト応援お願いします】
にほんブログ村 為替ブログへ
Banner_80x15
Banner_04_2

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年9月29日 (金)

サードウォッチ(ポンド円)4

2006092920




ポンド円が売り込まれています。
サードウォッチの220.1を明確に割り込むと急落の大きく値を下げる可能性もありそうです。
ここからNYタイムの攻防に注目したいと思います。

【ランキングサイト応援お願いします】
にほんブログ村 為替ブログへ
Banner_80x15
Banner_04_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドル円 PIVOT(2)

ドル円はじわじわと上昇してます。
本当にドル強いんでしょうか?
昨日最高値を更新したダウジョーンズのチャートを見ていましたが、どうもTOPアウト思想に見えます。(週末時間があればラベリングしてみたいと思います)

En_56 1hチャート




1Hチャートを見る限り、上昇トレンドチャンネルがきれいに描けています。
118.27の前回高値辺りまでFR/FFで戻すのでしょうか。

Pivot_9

下値は午前中の安値が、デイリーのPIVOTでサポートされた形です。
ひとまずここを下回るまでは、ショートは難しいかもしれません。

もう少し動くと思ったのですが、ここまではじわじわと一方的な動きとなっています。
月足4連陽となるのでしょうか?

BLOG村ランキングサイトへの応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ポンド円 正念場

昨日の「物価計算集計ミス」報道で売られたポンドですが本日も軟調です。

2006092916 日足 一目均衡表




注目している遅行線の行方ですが、本日は日々線と摩擦が起こっています。
このまま行くと、遅行線が日々線を下抜けし、上値がさらに重くなりそうです。
はたまたゾンビのようにここから操縦桿を引き急上昇するのか?目が離せませんね。
一応、サードウォッチの下チャンネルがサポートになるか注目です。

BLOG村ランキングサイトへの応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドル円 PIVOT(9月29日)

仲値後、少し叩き落されましたが、デイリーのPIVOTポイントでサポートされたようです。

2006092911





TOKYOランチタイムあたりも注意ですね。

BLOG村ランキングサイトへの応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ドル円 月足に注目!

月末需要で、ドルが買われているようです。
CPIの発表にも特に動意が見られなかったようですね。

En_tuki ドル円月足



月末ということで、月足の行方も注目が集まりそうです。
昨年の円安トレンドの中でも、陽線は3本までで、今回終値が117.34以上で引けると、4連陽となります。117.34と終値に注目です。

Enfivo 日足フィボナッチFAN



昨日の円安でも、かろうじてレジスタンスラインは守られたようです。
水色の61.8%ラインはひとまずの目安と見ています。

今日はドル円チャートに注目したいと思います。

BLOG村ランキングサイトへの応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

本日のチャートポイント(9月29日)

早いもので今日で9月も終了です。
昨日は、ポンド関連が一気に下げましたが、全般的に円売り傾向の相場展開で、昨日の記事の高値目処117.91まで上昇しました。

ドル円の月足は、117.34以上で引けると4連陽で、昨年の上昇相場でも3連陽まででしたので、終値は注目されます。
指標も目白押しですので、気の抜けない一日となりそうですね。

本日もチャートポイントを添付いたしますので、サポート&レジスタンスにご活用下さい。

En_55




Eur_92





Gbp_24

BLOG村ランキングサイトへの応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

サードウォッチ (ポンド円)3

ポンド円は、(というよりポンドクロス全て)全面安の展開です。

2006092818




朝のチャートで、サポートであるピンク色のトレンドラインを下抜けました。
さすがに、RSIもストキャスも売られすぎに入ってますのでこのままというわけにも行かないでしょうが、戻り高値を売り待ちが多そうですね。

次のサポートは220.5に注目です。

BLOG村ランキングサイトへの応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

サードウォッチ (ポンド円)2

TOKYO FIXからポンド円も売られているようです。
今のところ、ドル円、ユーロ円などは上昇しているので、午前中に流れたポンドの物価計算集計ミスのねたで売られているのかもしれません。

30分チャートで見ると、雲の薄いところで一気に下抜けているようです。
あとは週間のPIVOT221.24がサポートされるか注目しています。

2006092816






Pivot_7



BLOG村ランキングサイトへの応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

サードウォッチ (ポンド円)

ポンド円チャートは、かれこれ10日以上も220.1-222.21の狭いレンジの中を行ったりきたりしている。
レンジ内での逆張りトレードはかなりうまみがあった相場展開かもしれない。
しかし、そろそろと思って不利なポジションを取ってしまう危険性も多い難しいレンジトレードでもある。

Gbp_23 ポンド円4h




赤色の水平なトレンドラインで挟まれたのが今回のレンジ(チャンネル)。
上値で2回下値で2回ピンボールのような行き来をしている。

さてこの相場いつまで続くのか?
それはレンジを離れるまでわからない?というのが本音ですが

「しろふくろうの秘伝書」の「スイングトレード入門」の7つのベルの「サードウォッチ」という章で細かく記載されています。

結論からいうと、このレンジはこのパターンはトリプルトップサードウォッチブレイクアウトの両面の可能性があるが、かなりチャートポイントを限定できるので、秘伝書のテクニックを試しやすいフォーメーションです。

個人的には、フィボナッチリトレースメントの76.4%ラインのレジスタンスは固そうに見えますが・・・
ファンダメンタルを考えずにチャートだけを見ていると、こんなことばかり考えています。

アランファーレイの「スイングトレード入門」は入門というにはかなり難しい本ですが、一生使える価値ある書です。機会があればぜひご一読ください。

BLOG村ランキングサイトへの応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0)

ドル円 PIVOTポイント

15日に書いた記事の内容から、ドル円は特に進展していない。
というわけで、手を出しづらいのだけれど現在の状況(上抜けのリスク)をチャートで確認しておきたい。

2006092810 ドル円日足フィボナッチFAN




現在の値位置は、水色の61.6%ラインがレジスタンスとなっている。
今日のラインは、117.9辺りでしょうか。
かなりきわどいですね。

Day_1 日足一目均衡表




ピンク色の丸で囲んだ辺りに注目しています。
やはり遅行線が上にある以上は基本ロングですが、ここ2、3日は摩擦の可能性が高いですね。

Pivot_6



朝にファイルを添付忘れたお詫びに、デイリーのPIVOTポイントをお付けしておきます。
PIVOTラインも上昇しているので、まだロングですが、下値のサポートも少し意識しておいた方がよさそうです。

昼間は様子見程度の動きかもしれませんが時間足のインディゲーターはダイバージェンス気味ですので、ロングの振り落としにも少し注意しましょう。

BLOG村ランキングサイトへの応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0)

訂正しました。

先ほどアップした本日のチャートポイントに、表の添付が出来ていませんでした。

今修正しましたので、よろしければご確認くださいませ。

| | コメント (0)

本日のチャートポイント(9月28日)

昨晩もドル円は、117.63と高値をつけて陽線引けしました。
いろいろと思惑があると思いますが、まだ様子見継続中です。
本日から3日間位が日足チャートでは山場と見ています。
ポンド円の気持ち悪いくらい動かないレンジと合わせてクロス円通過の行方を見守りたいと思います。

相場に関係ない話ですが、amazonでHPのネットワークプリンターが19950円の最安値出ています。複数のPCから使えて非常に便利ですよ。

では今日も頑張って行きましょう。

En_54




Eur_91





Gbp_22






BLOG村ランキングサイトへの応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (2)

2006年9月27日 (水)

テクニカルの大家はお見通し?

昨日は見事に予測を外してしまったユーロドル。
ずるっとサポートを滑り落ちてしまった。

2006092719_1 ユーロドル日足



そんな中、テクニカルの大先生である、FOREX WATCHERのKoike先生森レポートの森好治郎先生が、そろって三角持合シナリオを上げている。

実は(ほんとうですよ!)このシナリオを考えてはいたのだけど、まだまだ確信がもてない状況でした。
というのも、あまりシンメトリカルに進行していないので難しいのです。
①1.2977-1.2451=526pt
②1.2451-1.2934=483pt(91.8%of ①)
③1.2934-1.2625=309pt(63.97%of ②)
④1.2625-???
今のところ上抜けの予測を両氏とも示唆しています。
もちろん、1.2625割れはストップ。中期のサポートラインにしっかりと止まっているように見えますが、少し上抜けには時間がかかりそうですね。
(現在日々線は雲の下、遅行線日々線を下回り雲の中にあります)

PS.森先生は、ドルの年内の利下げを12.4%、3月末を54%の確立でFFレートは織込んで゙いるとコメントされています。注目したいですね。

BLOG村ランキングサイトへの応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (2)

ドル円は100円?

本日もドル円は安値116.89辺りまででサポートされ、その後じわじわと上昇しています。
昨日の高値を抜いてきたようです。

先ほど、ヘッドラインニュースで榊原元財務官が、「円は6~10ヶ月で100円になる」とのコメントをされたようです。

なかなか円安一方の予想が多いだけに、こういう発言が出ると面白いですね。
さて、ミスター円の神通力?はいかに!
半年後に円を仕込む準備しましょうか。
(テクニカルで、ドル円100円説を持つしろふくろうはひそかに期待しています!)

BLOG村ランキングサイトへの応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (2)

ドル円 こう見る(2)

先ほど少しコメントしましたが、昨晩ドル円チャートは、急上昇し、高値117.22をつけました。
現在の値位置を確認しておきましょう。

2006092709 ドル円4h




117.22は直近の下落の50%できっちりと止まったようです。
現状まだテクニカルの範疇の戻り局面と考えることが出来ます。

Pivot_5 ドル円1h




また昨日の高値は、週間羽黒法の中心値で止まっており、ひとまずサポートされた形と見れます。

日足チャートではまだ一目が強い状況ですので、もう少し相場の行方を見極めたいとおもいます。

一目均衡表を習得するには、「一目均衡表の研究」 、
PIVOTの基本を習得するには、「基礎から学ぶデイトレード」がおすすめです。

BLOG村ランキングサイトへの応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0)

本日のチャートポイント(9月27日)

日中は安部政権発足の歓迎ムードか、クロス円が変われましたが、一変NY市場はドルが急騰しました。
米国指標が好感されたのもありますが、何でも、日銀の福井総裁の退任説まで出て、ドル円も117.22まで売られる展開となりました。
昨日少しコメントした、ポンド円も急騰し、混沌として来たようです。
サプライズに注意しながらポジション管理をしたいものです。

En_53




Eur_90




Gbp_21



BLOG村ランキングサイトの応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (2)

2006年9月26日 (火)

ポンド円 今度は?

ポンド円は、221のサポートを割れて、下落が進んでいます。
しろふくろうは、ポンド円の遅行線に注目しています。

2006092620 ポンド円日足 一目




水色の丸で囲んだ分は、一目均衡表の遅行スパンと日々線の摩擦が起こった分です。
チャートで見る限り、6ヶ月間、遅行線は日々線を下回っていません。

今回遅行線は2、3日中に日々線と摩擦するものと思われますが、今回もやはり日々線に沿って上昇するのか?または久しぶりに逆転するのか注目しています。
223.79を仮のTOPとみていますので、今回の攻防は非常に興味があります。

BLOG村ランキングサイトへの応援宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0)

ユーロドル ダメダメでした。

2006092619



ユーロドルは、1.273のサポートの期待もむなしく、売られました。
しっかりとストップアウトしてしました。

ユーロドルの1.273は
①水色の50%戻しのライン
②ピンク色の上昇トレンドライン
③前回の高値
④ウイークリーPIVOT
⑤羽黒法の中心値
などのチャートポイントとして見ていました。

ドルも弱いと思うのですが、ちょっとここまで売り込まれるとは思いませんでした。
動き出したかと思った相場だけに、少し冷や水を浴びせられた気持ちです。


にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (1)

ドル円 こう見る

2006092607_1 ドル円4h





トレンドを判断するのに使っているチャートのセッティングですが、ドル円は4hは下向き、
サポートは116.1、115.8、レジスタンスは117、117.3となります。
このまま少しも見合いを続けて、ベアフラッグの形成の可能性を考えています。
(ちなみに日足で同じ見方をすると中立からやや上向きです)

まだこのペアはもう少し様子見です。

BLOG村ランキングサイト応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (2)

本日のチャートポイント(9月26日)

昨日は、ドル円、ユーロドル共に調整色の強い展開でした。
ドル円は、60ptと小さな値動きで、116.5をはさんで膠着しています。
夕方建てたユーロドルのロングも、かろうじて羽黒法中心値でサポートされています。(ここ割れたら撤退予定です)

添付は21日MAと終値との乖離差のグラフ。どちらも21日MAに収束されています。
ここからの動きにトレンドが発生するのではないでしょうか?
本日も頑張って行きましょう。

2006092607 21MA%diff





En_52





Eur_89





Gbp_20




BLOG村ランキングサイトへの応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0)

2006年9月25日 (月)

ユーロドル 見通し

先ほどコメントしたポンド円のロングは無事利食い終了しました。(無理せず)
米国指標までは、あまり手を出しづらいですね。(ドル円は完全に様子見)

これからの動きは、クロスよりもユーロドルとかのストレート通貨の動きを見てみたい。

2006092519_1 ユーロドル1h




1時間チャートで、ユーロはやや売り込まれたように見えます。一目の雲に突入しました。

Eur_p ユーロドルPIVOT




週足のPIVOT1.2748が相場をサポートするか見極めたいと思います。
1.275は、雲の下限とも重なり、ひとまず止まるのではないでしょうか?

あまり自信がないのですが、本日の安値1.2764=S1でロングを入れてみました。
SLが近いのでリスクも限定だと思いますが、チャンネルとPIVOTのサポートに期待したいものです。

BLOG村ランキングサイトへの応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0)

週開けは膠着状態

ドル円は仲値に向けて、116.65?辺りまで上昇したけれど、その後は30ptほどの値幅で推移している。特に書くこともなければ、手を出す気にもならない。

2006092515 ドル円PIVOT1h

毎日見ている、チャートですが、上値は117.0-2、下値は115.8に注目している。
朝方ポンド円を少しロング入れています。こちらは上値221.8を上抜けることが出来れば面白い展開となりそうです。
まだ月曜日ですので、無理せずじっくり行きましょう。

BLOG村ランキングサイトへの応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (2)

本日のチャートポイント(9月25日)

ドル円は週末の安値から切り替えしています。
本日は、ゴトウ日の影響で、ドルが買われると思いますが、上値の目処は羽黒法の中心117.18をクリアーに抜けることが出来るかに注目です。
117付近には、21日MA、ウイークリーのBB+1σ、日足転換線などのチャートポイントが重なりなかなか上値が重いと考えます。

ポンド円は先週末にショートは決済しましたので、少し様子見をしたいと思います。
日足の転換線が基準線を再度上回りそうですので、あまり無理をしたくないところです。

9月も最終週となりました。今週も頑張って行きましょう。

En_51




Eur_88





Gbp_19




En_w_14





Eur_w_16




BLOG村ランキングサイト応援お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (2)

2006年9月24日 (日)

研究員レポートアップしました。

プチトレイダー様執筆の検証レポートが「しろふくろうFX研究員レポート」にアップされました。ぜひご一読ください。

さすがとうなってしまいました!

応援ランキング宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0)

ドル円 じっくりと

週末に止まっているチャートでドル円を分析してみました。
いろいろな時間軸の話が混ざっていますのでご注意ください。

Mt4 ドル円4H FANライン




週末にコメントしました、フィボナッチファンラインの50%(水色)フィボナッチリトレースメントの50%(赤色)がひとまずきっちりとサポートとなったようです。

En_1h ドル円1h チャンネル




こちらは少し長めの1Hチャートですが、現在はピンク色のチャンネルを下抜けたように見えますが、全体としてはまだ青色の上昇チャンネルにサポートされているようです。

Usd_w_1 週足

先週下落したドル円チャートですが、注目していた52週移動平均線でサポートされました。個人的にはこの52週移動平均を終値で下抜けるまでは下落トレンドを確認できないと考えています。
一目均衡表では、遅行線が上昇を妨げているようです。遅行線が再度上昇を加速するには、日々線の高値を上抜けるか、4週間後に日々線が大きく下落するタイミングを図る必要があります。
また、先週の高値118.27は、121.37-108.96の76.4%戻しにあたり、下落トレンドの戻り高値と見ることも出来ます。

いくつかのチャートポイントを考えていますが、118.27(厳密にはその上の長期ダウントレンドライン)を越えるまでは戻り売り基調で考えています。
来週は一旦サポートされた116(50%ライン)から反転し戻りを試す展開になるのではないでしょうか?

来週も頑張って行きましょう。

BLOG村ランキングサイトにご協力お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0)

羽黒法まとめ(9月23日)

先週の羽黒法の動きをまとめました。

ドル円、ユーロドルは中心値がサポート&レジスタンスになっていたのがよくわかります。
簡単な使い方としては、終値と中心値の位置を確認することです。
ご活用ください。

先週のデーターを入れたものがダウンロードできます。

「HaguroVer2.xls」をダウンロード

En_50





Eur_87





Gbp_18



ランキングサイトへのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0)

2006年9月23日 (土)

ユーロドル一目均衡表(9月23日)

チャートがメンテナンスのため、更新が遅くなりました。

膠着状態が続いていたユーロドルチャートですが、米国指標の悪化により週末に向けて急騰しました。

Eur_w_15 週足一目

週足一目では、遅行線が再度雲の上に頭をだしました。
日々線も転換線にサポートされていますが、上値は赤色のダウントレンドラインをこなしていけるかですが、チャートを見ると大きな三角持合に進展する可能性も出てきました。

Eur_86 日足一目




日足チャートも木曜日の急騰で、雲の上に日々線が上昇しましかなり一目も改善されました。しかし、上値は遅行線が日々線をこなしていけるかに注目されます。
上抜けに失敗すると、再度雲に突入し下落リスクが増大しそうです。

日足のローソク足の上髭の長さがまだまだ相場の行方の混沌さを暗示しています。

ランキングサイトへのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (1)

2006年9月22日 (金)

研究員レポートアップしました。

先ほど、研究員の方から、決済方法の検証についてのレポートが届きましたので、
「しろふくろうFX研究員レポート」にアップさせていただきました。

マルチエントリーに対する、エグジットの分散により収益率を上げています。
よろしければご覧ください。

ブログ村ランキングサイトにご協力お願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0)

ドル円 フィボナッチ

ドル円は今ノーポジですが、現在の値位置を確認しておきます。

200609220800 ドル円4h





116は、113.95からの上昇の50%戻し、またフィボナッチFANラインの50%が重なる辺り、一端の反発の可能性もあります。
このサポートを抜けていくと、113.95辺りまでの下落リスクが高まります。

個人的には、本日は様子見の通貨です。

| | コメント (1)

本日のチャートポイント(9月22日)

G7、FOMCと重要イベントを消化した為替相場ですが、最近の米国指標の悪化を受けてか、昨日は一気にドルが売られる展開となりました。(ユーロドル分析当たりましたね)

以前ドルの金利上昇打ち止めから利下げへの移行が6ヶ月ほどとコメントしましたが、昨晩の債券相場の急落120ptを見ても、今回の休止が利下げへのステップと市場が織込み始めたのかもしれません。

ドル円がここで踏ん張るのか?下落が加速するのか?難しい局面ですが添付のチャートポイントでよく見極めたいと思います。
しろふくろうは、ドル円は今週の引けがあるレートを挟んでどのような値位置になるかを注視しています。

尚、本日は新月(NM)ですので、ドルストレートは天、底になる可能性もあります。
では本日も頑張って行きましょう。

En_49





Eur_85





Gbp_17





ランキングサイトの応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0)

2006年9月21日 (木)

ポンド円は戻り高値か?(2)

朝方、ポンド円のショートは一旦仕切りなおしとコメントしましたが、いつもこんなチャートを眺めています。

2006092118






222.21を戻り高値かと日足チャートから見ていましたが、220.18からの反発が61.8%戻しを超えてFR/FFの可能性がでてきたのと、朝方の221.3が38.2%の押し目を形成した可能性が高くひとまずショートは見合せと判断しました。
現在5波動進行中と見ていますので、下落のエントリーのタイミングを見極めたいと思います。

blog村ランキングサイトの応援クリックお願いいたします

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (2)

ユーロドルに注目!

なかなか動意がなかったユーロドルチャートですが、少し面白くなってきました。

Pivot_eu ユーロドルPIVOT




1Hチャートで、ウイークリーPIVOTをクリアーに上抜けてきました。
ひとまず、1.268はサポートになりそうです。

Eu_3 ユーロドル日足




日足チャートでみると、レジスタンスは、1.2725(ピンク色)と、1.275(水色)。
1.2725は遅行線が雲を抜けるポイントでもあり、かなり抵抗が強いようです。
1.275には21MAも横たわっており、雲の上限抜けと合わさっています。ここを抜けると一旦上昇が加速しそうな状況と思われます。
一方これらのチャートポイントを抜けずに、1.268を下ぬけした場合下落がトレンド入りと見ています。

先日記事に書いた、ポンド円のショート戦略は、ひとまず、欧州通貨の行方次第ですので一旦見送りたいと思います。下値のチャートポイントを抜けた際にはショートエントリーを考えてみたいと思います。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (4)

本日のチャートポイント(9月21日)

FOMCは予想通りの据え置き、声明文もはっきりとしない。
これを休止と見るか、停止と見るかが鍵かもしれないけれど、文面から判断すると今回は休止というニュアンスでしょうか?

上下に振幅した相場ですが、レンジをブレイクするにはいたらなかったようです。
(クロス円は下ヒゲの長い線が勢ぞろいで円売りに支えられた模様)
さて、肝心のドル円は117付近のテクニカルサポートが強靭で、しっかりとしています。
この後、21日線との値位置に注目されます。
いつかは抜けるレンジ相場に柔軟に対応したいと思います。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (1)

2006年9月20日 (水)

ポンド円は戻り高値か?(追加)

先ほどの記事の添付ファイルを一枚忘れていました。

2006092020 ポンド円PIVOT




先ほどのサポートはウイークリーPIVOTラインと重なっています。
重要なサポートと見ています。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (1)

ポンド円 は戻り高値か?

FOMC待ちで方向感が出にくい展開ですが、ポンド円チャートは戻り高値の可能性がたかまってきました。

2006092018 ポンド円4h





217.43から急速に反転したポンド円相場ですが、少し頭の重い展開です。
222.21は、223.79-217.43の76.4%戻しにピッタリ当てはまります。
一方下値は220.15-20で3度跳ね返されました。
上値下値ともかなり限定される展開と判断します。
日足の一目均衡表の行方も含めて、やや下値リスクが高いと思われます。
FOMCを控えて難しい展開ですが、2つのチャートポイントを注視したいと思います。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0)

一目均衡表を使った短期トレード

朝から、ポンド円とドル円のショートを入れました。

たまに短期トレードで使うのですが、一目均衡表を使ったトレードテクニックです。

2006092010 ドル円 1H




仕組みは簡単で、一目の三役逆転を使った手法です。
仕掛けのタイミングはAの位置で、遅行線が日々線を下回ったところで売り準備、
日々線が雲を終値で下抜けてショート。
これだけです。あとはSLと利食いの位置を決めるだけです。

特にロングより、ショートの方が取りやすいのと、トレンドライン等を絡めると有効です。
どんな時間軸でも使えますが、60分以上がだましが少ないと思います。
一度試してみてください。

| | コメント (0)

本日のチャートポイント(9月20日)

おはようございます。
一日飛ばしてしまいましたが、本日のチャートポイントです。
3日間チャートや情報を入れなかったので、いともより客観的に相場を見れそうです。
やはりたまには相場を離れるのは必要ですね。

FOMCの反応や、米国指標、昨日はタイのクーデターなどいろいろと材料は取りだたされますが、トレンドに結びつく動きにはなってないようです。
やはりFOMCなんでしょうね。

話は変わりますが、先日MJさんの山中先生のセミナーに参加して、
「自分が売ると決めたら売る、買うと決めたら買う。指値でそのタイミングを待っていて結局売れないと後悔したり、悪いレートで結局ポジションを持ってしまう。」
という言葉にいまさらながらハッとしました。
結局売ると決めたら、いつかは売るのだからどんぴしゃのレートを目指す必要はないんだと言うこと。
テクニカルやっていると、どうもこだわってしまうんですよね・・

すいません、細かなチャートはじっくりと後ほどコメントします。
では5・10日、仲値を見極めたいとおもいます。良い一日を。

En_48





Eur_84





Gbp_16


| | コメント (1)

2006年9月19日 (火)

明日からまたよろしくお願いします

先ほどやっとPCをつけました。
相場は3日間見ていないのでコメントできませんが、膠着しているみたいですね。

一度だけ携帯でレートを見たのですが、実は某ホテル(航空会社系)のフロントの為替レートが、115.4とかなっていてあわててレートをチェックしてしまったのですが、どんな計算だったのでしょうか?多分2円ほどレートが悪いんでしょうね。
TTS位かなとおもっていたので、116.4がついたのかと思いあわててしまいました。

おかげでノーポジションで、ゆっくり出来ました。明日からまたよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2006年9月18日 (月)

本日のチャートポイント(9月18日)

不在中のため、チャートポイントのみの配信となります。
この記事を書いた時点(16日時点)では、G7の結果はわかりませんが、本日はTOKYO休場でどのような展開になるのでしょうか。
あまり期待が大きいと肩透かしなんてこともあるかもしれませんが・・・

今週も頑張りましょう。

Mj_jd




Mj_ed




Mj_gd




Mj_jw




Mj_ew



| | コメント (0)

2006年9月17日 (日)

来週のドル円考察

G7を控えているので、あまり予測をしても仕方がなく・・・
要は動いたほうについていくだけの相場展開。
まあそんなことをいっていても仕方がなく、チャートから均衡点が崩れるところを見出したいと思います。

Jpy_mt4 ドル円日足FANライン




121.37からのファンラインの61.8%まで戻して止まっている。
下値は少し遠いけど、ピンク色のトレンドラインを割れるまでは、持ち合い。
そんな感じのバランス。
121.37からの下降チャンネルでフラッグも想定していたが、ちょっと無理がありそうです。
何かのきっかけでバランスが崩れるとは思うがまだ行く先は不明。

2006091618 ドル円週足一目均衡表



日足の一目は上昇トレンド(三役好転)だが、週足は遅行線が上値を抑えている感が強い。上抜けの目処は、117.84辺りでしょうか。
一方基準線が下向きになっているのも少し気がかりです。

Yen_m ドル円月足一目均衡表



月足でも、赤色の長期トレンドラインが目前に迫り、行方が注目される。
ひとまず、赤色のトレンドラインを超え、雲の上限(119.34)を上抜けることにより、上昇が加速されると思われる。
下値は、月足終値で一度も下回っていない緑色のトレンドライン
ここを終値で下抜けると、青色のラインに向かうと予測する。

いくつかの時間軸でチャートを見ていますが、ドル円は抜けるまで待ちのような展開と思われます。

この記事はG7のファンダメンタルを一切加味していません。
純粋にチャートからの予測になりますのでご了承ください。

| | コメント (4)

2006年9月16日 (土)

先週のサマリー(羽黒法)

先週の羽黒法のサマリーです。

先々週の週足に対しての先週の日々線を入れています。


Hg_jy





Hg_eu





Hg_gp

「HaguroVer2.xls」をダウンロード 

| | コメント (1)

先週のサマリー(PIVOT)

先週は、G7を控えてじわじわとドルが買われる地合でした。
しかし大きなレンジブレイクはなく、様子見の相場展開だったようです。
(そんな中、ポンド円は大きく反転しました)

明日より、火曜日まで不在のため、デイリーのコメントは配信できませんが、記事はできるだけ毎日アップできるようにしておきますので、ぜひご覧ください。

まずは、先週のPIVOTをつかったチャート分析です。
ドル円、ユーロドル、ポンド円の3枚ですが、個別のコメントはありません。
特に注目していただきたいのが、ピンク色のW-PIVOTです。
このラインが、サポートとレジスタンス、相場の転換点となっているのがよくわかると思います。いろいろな見方が出来ますが、うまくご活用ください。

Wp_jy





Wp_eu





Wp_gp

| | コメント (0)

2006年9月15日 (金)

ポンド円 あと1波動ありました(2)

2006091522 ポンド円日足




ポンド円の22:30のチャートです。
4時間足で、転換したようですが、一度上抜けした赤色の上昇トレンドラインをはさんで微妙な展開です。
抜ければ3波動の下落局面と思われます。

週明けに日々線遅行線の位置がどうなっているか注目したいと思います。

| | コメント (1)

PIVOTポイントチャート

週末を前に実はポジションをクローズしていますので、あまり相場を見ていませんでした。
たいした動きも出ていないようですが、PIVOTポイントのチャートをアップしておきますのでご活用ください。

NYタイムは短期で入ってみようと思います。

En_47





Eur_83





Gbp_15

| | コメント (0)

本日のチャートポイント(9月15日)

ドル円は、117.3-4の岩盤を少し削りに行ったようですが、固かったみたいですね。

上値も重く、このままG7待ちとなるのでしょうか?
ひとまず米国のCPIがあるので注目ですが、円がらみはG7次第と見ています。
ユーロドルも非常に興味深いチャートになってきました。
分析は後ほどします。

チャートポイントは右側にメモ欄をいれましたので、よろしければ印字してお使い下さい。

En_46





Eur_82





Gbp_14






| | コメント (0)

100000アクセスありがとう

いつも「しろふくろうFX研究所」にお立ち寄りいただきありがとうございます。

4月の開設より、昨晩、100000アクセスを越えました。

BLOGを始めてからのひとまずの目標でしたので非常にうれしく思います。
ファンダメンタルズを無視?したテクニカルのみの相場分析ですので、かなり偏った見方になることも多いとは思いますが、これからもいろいろと手法をご紹介しながら、息の長いサイトとなるように頑張っていきたいと思いますのでこれからも変わらぬご支援をお願いいたします。

ありがとうございました。

しろふくろうFX研究所 所長

| | コメント (0)

2006年9月14日 (木)

ポンド円 あと1波動ありました

ポンド円、昨日の高値を越えてきました。

2006091419234





昨日の高値が、1波の4.2368まで伸びましたので、3波構成で終了の可能性をみていましたが、5波動入りしたようです。

5波の到達点予測は以下の波動測定のようになります。

Eriot_2



| | コメント (9)

ポンド円 一目均衡表

相場は予想通り動いていませんね。
今日は朝から事務所のレイアウトを変更していて、PCも今やっと見ました。

先日買った、sirofukurou recommendsのところにあるhpのプリンター いいですよ。
ネットワーク機能が標準ですので、3台のPCからLANで接続してます。
複合機としてはかなりお買い得です。自宅でも便利で買っちゃいました。
amazonさんが、hpのダイレクトより安く、19950円だったのですが、今日は値上がりしてますね。もし新品19950円がでたら、最安値だと思います。(昨日ヨドバシカメラで27600円でした)

すいませんここから相場の話です。(あまりにも動かないので脱線・・・)

Gbp_d_1 ポンド円日足



チャートはポンド円の日足の一目均衡表ですが、注目しているのが2箇所あります。

1つ目が転換線と遅行線の関係。2日ほど前に逆転しました。
かなりこの位置関係が転換するのは38日ぶりですが、この日数は209.54-223.79の上昇5波に一致します。

2つ目が、遅行線の位置ですが、月曜日の日々線を下抜けに失敗し、結果として上昇しています。日々線の厚みから見て、次に下抜けのチャンスは来週の月、火のコマのような短いローソク足になりそうです。
もちろんそのまま反転の可能性もありますが、来週まではもみ合うのではという意味合いです。

MT4の調子が悪くチャートが添付できないのですが、4時間足でも上昇トレンドが、ほぼ水平から下向きになりつつあります。
やはり来週のG7開けに注目というのが正直なところですね。

一目均衡表はかなり奥が深いですが、相場の転換点を示唆してくれる有効なツールと思います。いろいろな見方があるとおもいますので、ぜひご意見いただければと思います。

| | コメント (2)

本日のチャートポイント(9月14日)

週末の経済指標、G7を控えて、低ボラティリティの状況が続いている。
ユーロドルは52ptのNR7、ポンド円にしても95ptのNR7と決め手に欠ける展開で、トレーダー泣かせの相場展開ですが、このまま週末まで何もないとも考えにくく突発的な動きには対応できるようにしたいものです。
ドル円は117.3-4付近にチャートポイントが重なっているようでなかなか固そうです。
クロス円が軟調傾向ですので、ここの攻防に注目です。

沖縄に台風が近づいています。週末旅行を控えてこちらの動きの方が気がかりなしろふくろうです・・・

En_45




Eur_81




Gbp_13

| | コメント (0)

2006年9月13日 (水)

ドル円 PIVOT(9月13日)

ドル円は昨日の高値が重く、一旦戻しているようです。

En_44




ドル円のPIVOTチャートですが、weekly PIVOTがうまく効いているように見えます。
ひとまずは、S2の売りはワークしそうに思えますが、まだまだ難しい展開です。

| | コメント (0)

為替セミナーに行って来ました

200609131903000

今日は午後から、大阪で開かれた (株)MJさんの為替セミナーに行って来ました。
実はしろふくろうはこの手の為替セミナーなるもの初めて参加したのですが、講師が金融占星術で有名な、山中先生ということで非常に楽しみにしていました。

あいにくの雨でしたが、会場はほぼ満席で、初心者向けと唱っていたのですが、何のことはなく、山中先生の話がどんどんテクニカルな方向に進んで行きました。
2時間ほどの短い時間でしたが、私自身も目からうろこの話もでて非常に勉強になりました。10月はもっとテクニカルなお話になるそうなのでまた是非参加したいと思います。

考えてみると、著名な先生のお話を無料で聞け為替のセミナーはなかなか面白いなといまさらながらに実感しました。
非常にアットホームな印象で、これから為替に取り組む方はもちろん、経験者の方も十分満足できる内容でした。
さっそく、山中先生直伝の手法を研究してみたいと思います。
ちょっと新鮮な目線でチャートを見れそうです!

MJさんの為替セミナースケジュールはこちら・・・


| | コメント (0)

ドル円長期展望

相場が非常に微妙なところにきているので、短期のチャートはノイズになるといけませんので、長期のチャート分析をご紹介します。
毎月、チャートの変化を残しているのですが、1枚目は今年6月のチャート分析で、2枚目は本日の同じ時間軸のチャートです。

Usd_jpy_main ドル円週足 6月




2006091310 ドル円週足 9月13日




基本的に赤色のダウントレンドラインを超えるまでは、今のところドル下落トレンドと判断しています。
大きな三角形(緑色の下落と、下の青色)で見ると、緑色を越えるまでは持ち合い
黄色の直角三角形(ディセンディングトライアングル)=現在注目しています。
では。ピンク色の波動が進行中。
この2つの三角形の内、黄色の三角形が崩れようとしています。

個人的なチャートの見方ですのでいろいろとご意見があるかと思いますが、上記の理由で赤色のダウントレンドラインが破られるまでは、ドル弱気シナリオを継続しています
仮に、赤色ラインをクリアーに抜けた場合は、緑色のラインに向けて三角持合が進行する可能性が高いのではと考えています。

いずれにいたしましても微妙な値位置であるという認識でチャートの行方を眺めています。

| | コメント (0)

本日のチャートポイント(9月13日)

朝一番でチャートを確認したところ、昨日コメントした117.88を抜けていました。(しかも終値で)
基本的にロングなんでしょうが、BBの+2σを越えてきているのと、長期のトレンドラインを前にさすがに買うのも躊躇。
個人的にはまだ中立(長期)、あるポイントを超えたら完全にロング移行と考えています。
そこまではドル円は様子見です。
後ほどドル円に関しては、長期のチャート分析をアップしたいと思います。

ポンド円はそろそろ戻り一杯と見てますが、売りとなるとSWAPがきついですね。
反転してからでも十分間に合いますので無理せず行きましょう。
今日は午後から大阪にお出かけ。ちょっと気分転換してきます。

En_43






Eur_80






Gbp_12

| | コメント (2)

2006年9月12日 (火)

何もしないのが良さそう

相場は膠着状態です。
今日はおとなしく何もしないのがよさそう。

2006091222 ポンド円4h






唯一元気なのがポンド円、フィボナッチグリッドの 50%まで戻している。
ファンダメンタルズは悪いといいながら、ドル円が全く動かないので、結果としてここまで戻しているみたいです。

今の値位置は、左側の高値と程同じ、ここで止まればきれいなチャートになるのですが・・・ 
ちょっと早いですが、今日は様子見が良さそうです。
くれぐれも無理せずに行きましょう。

| | コメント (1)

ドル円 考察

ドル円は、厄介な通過である。

2006091209 ドル円月足




チャートは月足チャート、よくわからないので長いタイムフレームで確認してみたい。117.88 今年の始値、直近の高値・・・
テクニカル的には非常に重要なポイントに間違いない。
昨年1月の安値から水色のトレンドラインを引いてみると、月足の終値では下回っていない(ざら場は別ね)。
いまさらながら確認してみると、トレンドフォローが有効な相場であることは間違いない。
とにかく今日117.88を上抜けるかに注目したい。
(書いている間にも危なそうですが・・・)

| | コメント (4)

本日のチャートポイント(9月12日)

昨日は米国指標もなく、9.11の記念式典でNY市場は閑散としていたようです。
その薄い市場で、ドル円は117.5を上抜けました。(しろふくろうもしっかりストップアウトしました!)
チャートの形は、ドル強気色が一層強まったようです。
本日は重要な米国の貿易収支の発表があります。
昨日の動きがメジャートレンドになるのか、単なるストップハントなのか見極めたいと思います。

En_42






Eur_79







Gbp_11





| | コメント (2)

2006年9月11日 (月)

ユーロドル も反発中!

先週末、売り込まれたユーロドルですが、さすがにBBの-2σを終値ではみ出して、本日は反発しています。

2006091118 ユーロドルPIVOT




19:00現在の高値は、ウイークリーのPIVOT辺りでしょうか、この後BB-1σ羽黒中心値をクリアーに上抜けていけるかに注目です。

本日は1.2673のロングを1.272で利益確定しました。しばし様子見です。

| | コメント (7)

ポンド円 少し反転か?(2)

先ほど外出から帰ってきてチャートを確認しました。
ポンド円買われているみたいです。

2006091116 ポンド円4h





ポンド円は223.79-217.43の戻りを試す展開のようです。
チャートにフィボナッチグリッドを入れてみました。
目安としては、50%戻しくらいは達成しそうです。
仮に、61.8%ライン、水色のトレンドラインを上回った場合は、ショートは危険と思われます。
エリオット波動の修正B波に入った可能性をメインシナリオにひとまず考えて良いのではないでしょうか。

但し、日足も弱気になっていますので、思わぬ急落に注意が必要です。

| | コメント (2)

ポンド円、反転か?

先週急落したポンド円ですが、チャートを確認してみましょう。

Gbp_10 ポンド円日足




先週は、円安是正発言、プレア首相の退陣報道と、ネガティブな情報がポンドの下落を加速させました。
チャートもピンク色のトレンドライン水色のトレンドラインを明確に割れました。
一目では、転換線がそろそろ逆転しますが、本日の遅行線の行方に注目しています。
現在のプライスのまま推移すると、明日は遅行線が日々線の下に埋没してしまいますので、上昇気運はほぼそがれることになります。

しかし、直近の上昇を100%戻し(FR/FF)したことによる達成感もあり、4時間足では一旦反転の兆候もあります。

過去のポンドの記事を参照いただけれるとわかりますが、209.54からの上昇を5波カウントしていますので、修正波入りした可能性が高いとの認識です。

| | コメント (2)

本日のチャートポイント(9月11日)

今日は、5年前にNYで航空機によるテロが発生した日(あれから5年です)
あの時は為替はしていなかったので、TVを見て惨状に目を覆うった記憶がのこっている。
でも、もしあの時ポジションを持っていたら・・・・・

というわけで、9.11は毎年ポジションを持つのに躊躇してしまいます。(不測の事態ではSLすらつきませんから)
のっけから重たいお話ですいませんでした。
今週は重要指標がてんこ盛りです。うまく活用したいものです。

今日の注目は、やはり円絡みですが、特にポンド円の日足が微妙な値位置です。
後ほどコメントしますね。

では今週もがんばって行きましょう。

En_d_2





Eur_d_4






Gbp_d





En_w_13





Eur_w_14

| | コメント (0)

2006年9月10日 (日)

BLOG内検索について

しろふくろうFX研究所にお越しいただきありがとうございます。

記事の中に出てくる言葉の意味がわかりづらいとのご意見を多く頂き、遅ればせながらBLOG内の記事検索機能を加えました
ココログには記事検索の機能がありませんので、Googleの検索BOXを使っています。

Google
Web sirofukurou.cocolog-nifty.com


検索BOXに文字を入力し、sirofukurou.cocolog-nifty.comにチェックを入れて
検索ボタンを押すと、当BLOG内の該当記事が検索できます。

どうぞご活用ください。

| | コメント (1)

羽黒法判定ソフト

先週もご紹介した羽黒法判定ソフトですが、先週末のデーターを入力したものをアップしておきます。ダウンロードしてお使いください。

日足を絡めたバージョン2

Haguro

 「HaguroVer2.xls」をダウンロード

単純に来週の羽黒法によるコメントを参照していただくだけでも十分ですが、黄色のセルに日足の4本値を入れるとチャートに反映されます。

デイリーの動きと羽黒法のコメントを見比べていくといろいろと気づくことがあるかもしれません。

さらに良いものができれば、ぜひご紹介ください。

| | コメント (0)

ユーロドル一目均衡表(9月10日)

ユーロドルのチャートは先週大崩れし、日足では弱気転換しました。
一方的な売りムードもありますが、チャートで現在の値位置を確認しておきましょう。

2006090909703 ユーロドル 週足




先週もユーロの下落をコメントしましたが、週足はかろうじて上昇トレンドラインにサポートされたようです。
1.164からの上昇を修正B波(3波)とカウントするシナリオをあげていますが、まだまだ週足を見る限りは強気から中立と判断します。

下値のポイントは、1.2451(非常に重要です)、上値のポイントは、1.2934で、現在の値位置はちょうどこのレンジの中間といったところでしょうか。

来週ユーロドルは動くかもしれませんが、今のプライスは手出しが難しいところですね。
仮に、1.2934を抜けると、大き目のアセンディングトライアングルが完成しますので、意外な上昇があるかもしれません。(ひとつの可能性として)
来週もこのレンジの中でどのような動きをするか注目です。

| | コメント (0)

2006年9月 9日 (土)

ドル円PIVOT

ドル円の先週一週間のPIVOTトレードの結果です。
なんだかんだ言っても週間値幅が150ptほどの狭い値動きでした。

En_pivot




ピンク色の線が 週間のPIVOTと羽黒法の中心値だったのですが、結果として上値を抑えられているのがわかります。
117、117.48の上値を抜けてくるかに注目です。
売りの急所は、52週平均の115.8を終値で割れるかと見ています。

| | コメント (9)

ドル円 9号線

先ほどのドル円のコメントの追加です。

先週のドル円は 羽黒法では下ひげの長い陰線=9号線です。

(9)号線 下影陰線(中心値が陰線実体より下位)
  • 影が長い場合:売り線 次週は売り出動
  • 影が短い場合:模様眺めだが、大暴騰示唆
    「たくり線」 強気解釈-長い場合は売り解釈

仮に解釈が14号線となると以下のような動き・・・

(14)号線 陰の寄付き坊主(たくり線)
・ 
絶対の買い⇒上昇線がでる確率高い
  中心値を下回った場合⇒途転売り敢行

羽黒法によると売り線となっていますね。
さてどうなるでしょうか?

羽黒法の詳しい解説は こちら・・・

| | コメント (0)

ドル円 一目均衡表(9月8日)

昨日は23時にはトレード終了しました。
先ほどチャートを確認しましたが、ドル円は売られていますね。
しかもきわどいところで止まったようです。
週末ですので動かないチャートを見ながら少し分析したいと思います。

ドル円の日足と週足の一目均衡表です。

En_d_1 ドル円日足




En_w_12 ドル円週足




日足のチャートから・・・
・一目は三役好転?。(しかし日々線が転換線と実体が重なっている)
緑色のウエッジの下線がレジスタンスとなっている。

週足のチャートから・・・
・日々線が雲の上
・基準線、転換線 横ばい
・遅行線がかなり重い(少なくとも来週118.5以上必要)


概ねチャートはドル強気の兆候が多く確認できる。
転換の目安としては、日足117.48 週足117.88 を確認できた時点となります。

来週も動きが出るまであまり手を出さないほうが良いような通貨ペアです。

一目均衡表に関しては「一目均衡表の研究」が最良のバイブルです。

それでは良い週末をお過ごしください。

| | コメント (0)

2006年9月 8日 (金)

PIVOTをつかったトレード(2)

どうも決め手に欠く展開ですが、ユーロの下値を試しに行ったという感じでしょうか。

2006090822 ドル円PIVOT



朝に書いたドル円のPIVOTの動きです。
デイリーのPIVOTを抜けずに下値を試したあと、PIVOTを上抜けました。
難しい展開ですが、117-117.1をクリアーに上抜けるまではロングも取りづらいと思います。
あと2時間ほどの動きに注目しましょう。

| | コメント (2)

ユーロドル ↓でしょうか?

久しぶりにユーロドルのチャート分析です。
なにしろ昨日は123pt動きましたが、それまで11日間も100pt以下の超持合相場でした。

2006090817 ユーロドル週足





週足の一目均衡表は、雲と転換線にてかろうじて下落を支えられているように見えます。日足では三役逆転しましたので、今日のNYクローズが注目されます。
当初、赤色のフラッグを上抜けたことで上昇に期待が持てましたが、何度も上値を跳ね返されました。
チャートにラベリングしたように,1.366からの下落を5波カウントすると。1.166からの上昇がやはり3波で終わる可能性が高いかもしれません。
仮に、1.2977が次の波動の始まりとすると約2000ptの下落がテクニカル上の目標値となりそうです。
また逆に、水色のトレンドラインでサポートされ、1.2934を越えた場合、5波進行となり1.3を越えることとなります。
とにかく、本日のNYクローズを見極めたいと思います。

| | コメント (2)

クロス円総崩れ(3)

さっき外出から帰ってきました。
とりあえず2日越しのドル円のショート以外は持っていなかったのですが、クロス円売り込まれているようですね。

ポンド円のチャートで現在の値位置を確認しておきましょう

2006090816 ポンド円4h



昨日の安値から少し反発したポンド円ですが、tokyo市場の始まりと共に売り込まれました。
個人的には100%ライン(FR/FF)で反発と見ているのですが、如何せん買えるような状況ではありません。
このまま売り込まれた際の目安ですが、209.54-223.79の 50%=216.66、61.8%=214.98辺りまで可能性があります。
(個人的には100%戻しは一旦の反発を期待しているのですが・・・・)

| | コメント (0)

PIVOTをつかったトレード

今日のTOKYOの値動きに注目しています。
ドル円は値幅が収縮してからかれこれ8本ほどバーが推移していますが、方向感はつかめません。
朝のコメントのような戦略ですが、今日はPIVOTの実戦的な使いかたをすこしだけ明かしちゃいます。

2006090809




ドル円の8時間のトレンドは中立よりややロング方向です。
現在のPIVOTポイントを確認すると117付近に羽黒の中心、WPがあります。
今回はここをレジスタンスとして(週間のながれから)確認できます。(SL)
そしてデイリーのPIVOTポイントを確認しここをエントリーポイントとして活用します。

理想的なエントリー方法は、117方向へ上昇(セットアップ)し、再度、デイリーのPIVOTを割れたらショートエントリーですが、デイリーのPIVOTを越えずに下抜けた場合はB1B2での反転の可能性も高いと思われます。

基本的にPIVOTは回転軸の意味がありますので、一日1度はPIVOTをつける可能性が高く、PIVOTを中心に逆張りをするのが通常のつかい方です。

あまりうまく説明できませんが、一度ご自分で1HチャートにPIVOTポイントを入れて確認してみてください。
WEEKLYは月曜日の記事に、デイリーは本日の記事からPICK UPできます。

また研究員レポートに研究員の方のPIVOTに関する記事がありますので、非常に参考になると思います。

しろふくろうFX研究所はこの記事を基にポジションを取られても、責任は一切負いかねます。くれぐれも無理なエントリーをしないようにご注意ください。

| | コメント (0)

本日のチャートポイント(9月8日)

昨日は「G7で円安を議論する」の一言で一気に調整が始まりました。
ポンド円は、目標値に0.09pt届きませんでしたが、うまく利食いできましたでしょうか?
気になるドル円の下値の固さ!本日も116には200MAのサポート、117にはレジスタンスと狭いレンジのブレイクアウトに期待したいものです。

週末、無理なポジションを持ち越さないようにいいポイントでエントリーしたいですね。

En_40






Eur_78






Gbp_9


| | コメント (0)

2006年9月 7日 (木)

クロス円総崩れ(2)

ポンド円の下落相場と戦ってました(精神的に)。

2006090720 ポンド円4h

先ほどのドイツ高官のG7での円安発言を引き金に、ブレア首相の退陣報道とポンドは円に対して急落しました。
水色のサポートを割れ、本日ピンク色のサポートを一気に下抜け、トレンド転換の可能性が高くなってきました。
いくつかチャート上では踊り場があると思いますので、波動を描きながらの下落と思いますが、ピンク色のラインを上回るまでは戻り売りスタンスで行きたいと思います。
そろそろ時間切れで、一旦利食い予定です。(値幅的にも250pt)
無理せずに行きましょう。

| | コメント (0)

クロス円総崩れ

ドイツ副財務相 次回のG7では円安について議論、人民元もテーマ

次回のG7では円安について議論する見通し。
中国の人民元はG7のテーマとなるだろう。

これが原因でしょうか?

ポンド円、底抜けました。ひとまずテクニカル的には、217.5を目指すと思われます。

分析は後ほど!

| | コメント (3)

ドル円は上値が重い

昨日は、欧州通貨を中心にドル高方向へ動きましたが、ドル円は狭い値幅にとどまっています。

2006090715734 ドル円 日足




一目均衡表で、三役好転したチャートですが、緑色のウエッジを下抜け急落しました。
再度基準線、雲の上限をサポートに反転しましたが、どうも上値が重いようです。


2006090715_1 ドル円週足




先週もコメントしましたが、週足の遅行線がドル円の上値を重くしているようです。
本格的なドル円の上昇には、この遅行線が日々線の上に抜けることが条件ではないでしょうか?少し注目してみてください。

参考秘伝書 「一目均衡表の研究」

| | コメント (0)

FR/FF(トレードテクニック)

朝の記事で、ポンド円の目標値に FR/FF という言葉がありましたので、少し解説します。

FR/FF(first rise/first failure)とは

フィボナッチを使ったトレードで、直近のトレンドを61.8%戻しで止まらなかった場合、
100%戻すことをさします。まあ至極当たり前のようですが・・・

□具体的なトレード戦術として□

・直近の値動きにフィボナッチグリッドを当てはめます。
基本的に前回の安値(高値)を更新しない限りは順方向に押し目買い、戻り売りだと思いますが、押し、戻りの限界として、61.8%を使用します。

・チャート上のトレンドライン、抵抗線等と共にエントリーポイントを決定します。

・仮にSLを61.8%(少しスリッページ必要ですが)に置きエントリーし、もし 38.2%を超えられなければ、手仕舞い。61.8%のSLをつけた場合、ト転のポジションを置き100%戻しをターゲットにするというものです。

このテクニックは、短期の15分や60分チャートでも結構有効に作用しますので、検証してみてください。またしばしば、H&Sが形成されるもの特徴です。

さて、ポンド円のチャートで確認してみましょう。

2006090708 ポンド円4h




ポンド円は直近の上昇(217.47-223.79)の61.8%ラインをわずかに下回り反転しました。
しかし、現状の戻りはピッタリと50%ラインで押さえられています。
相場に絶対はありませんが、仮に再度50%ラインを上回らない限り下値リスクが高いと判断します。

詳しくは、しろふくろうの秘伝書「スイングトレード入門」にあります。
全くの初心者の方にはおすすめできませんが、非常に価値のある1冊だと思います。
短期トレードに興味のある方はぜひ一読をおすすめします。

| | コメント (0)

本日のチャートポイント(9月7日)

昨日はユーロドルのショートを1.278でクローズして取引を終えました。
朝起きてチャートを確認すると、ベージュブックの内容でドルが売られたようです。
(ぼちぼちドルの利下げのコメントも出てきたようです)

注目しているポンドですが、昨日の高値と安値のちょうど真ん中辺りの値位置ですね。
どちらかに抜けるまでは値動きをしっかりと見極めたいと思います。
もし上に抜けると222、下抜けるとFR/FFの100%戻し217.47を目指すと考えています。
政策金利の発表もあり少し荒れそうな予感です。
本日も宜しくお願いします。

En_39






Eur_77






Gbp_7

| | コメント (4)

2006年9月 6日 (水)

混沌としてきました

どうも欧州通貨(ユーロ・ポンド)が弱いです。

2006090620 ユーロドル1h

ユーロドルはウイークリーのPIVOT羽黒法の中心値を上抜け出来ずに反落しています。
1.2822をクリアーに上抜けるまでは少し下値注意かもしれません。
1.28、1.275のサポートに注目しています。

| | コメント (2)

ドル円 反転?

今朝のコメントのように、ドル円チャートは長い下ヒゲの陽線で昨日引け、本日小幅反発しています。
海外市場前に現在の値位置を確認しておきましょう。

En_fan ドル円4hチャート





小さなWトップで下落したドル円チャートですが、目標値を前に小幅反発しています。
ひとまず116.5のネックラインをクリアーに超えていけるかが注目です。

Pivot_e PIVOTポイント




ドル円のPIVOTポイントもあわせてアップしておきますのでご参考に!
現状117はかなり重いのではないかと見ています。

| | コメント (0)

ポンド円 少し反転か?

ポンド円の4時間足で、反転の兆候が出ています。

2006090612




223.79-219.33のフィボナッチグリッドを入れてみました。
223.79-222.77を1波とした時の4.2368倍が219.44(アクチャルは219.33)!
ワンスイングとしてはいい達成感かもしれませんね。

| | コメント (0)

ご愛読ありがとうございます!

いつも「しろふくろうFX研究所」をご愛読いただきありがとうございます。
自分の取引手法の備簿録として始めたこのBLOGも4ヶ月続けることが出来ました。

先月からランキングサイトへの登録をしましたが、ほとんどのランキングサイトがクリックをしないとポイントが加算されません。
そんな中、唯一「FX BLOGランキング」様は、自動的にカウントされるサイトで最も注目していました。
そして、その「FX BLOGランキング」で、為替王様マット今井様のサイトを抜いて11位にランキングされました(9月6日 朝7:00現在)!
瞬間かもしれませんが、為替に真剣に取り組むものとして非常にうれしく重います。
またテクニカル分析中心としたサイトとしては(ファンダメンタルはほとんどなし)、これほどまでに読者の方が多く指示を受け今後の励みになりました。

これからも出来るだけいろいろな手法からチャート分析を行っていきますので、引き続きご愛読いただきますようお願いいたします。
また一日でも長くこのBLOGを継続できるように頑張っていきます。

最後に、この為替というフィールドで、一人でも多くの皆様が成功を勝ち取れることを心よりお祈りいたします。

ありがとうございました。

| | コメント (2)

本日のチャートポイント(9月6日)

2日続いた円高ですが、昨日はドル円が一目均衡表の雲、基準線でひとまずサポートされたようです。
(一目均衡表の最高の参考書「一目均衡表の研究」参照)
また、長い下ひげの陽線で、一旦反発の可能性もありそうです。
こんな展開はPIVOTポイントが効果的です。

本日は、なにより秋篠宮紀子様の出産報道が注目されますね。
意外と本国はもちろん海外メディアの注目もすごいようです。
しろふくろうの住む関西もずいぶん涼しくなりました。
相場の秋を楽しみたいものです。

En_38






Eur_76






Gbp_6

| | コメント (0)

2006年9月 5日 (火)

ポンド円PIVOT

ポンド円は、先ほどの記事のあと急落しました。
なかなか動き出したら止まらないものです。

2006090520



チャートは20時のポンド円のPIVOTと1Hチャートの関連。
一旦B2がサポートとなっているようです。

| | コメント (0)

ドル円 はトレンド転換か?(訂正)

相場は円高が進行しています。
現在のドル円の値位置を確認しておきましょう。

End ドル円日足





まずは日足で上昇トレンド(ピンク)と下落トレンド(ブルー)と短期(赤)を引いています。

En_37 ドル円4h




2枚目のチャートは、4時間足と1枚目のフィボナッチFANラインとの位置になります。
赤色の短期のサポート50%を再度下回りました。
小さなWトップの目標値は115.5辺りですが、そこで止まらないと次の目標値はウエッジのハナレの114前半となります。


| | コメント (0)

ポンド円チャート

昨日急落したポンド円ですが、チャートを確認してみましょう

Gbp_5 ポンド円4hチャート




昨日短期の上昇トレンドライン(ピンク色)をブレイクしたあと、本日サポートと思われた50%戻し、中期の上昇トレンドライン(水色)を下回りました。

Gbp1




同じ4時間チャートで、直近の上昇波にフィボナッチFANを当てはめてみました。
38.2%がちょうど水色のラインに重なり50%ラインでひとまず止まったようです。
値幅的にも、エリオットの目標値220.38を達成していますので、ショートはひとまずの利食いポイントかもしれません。

| | コメント (0)

本日のチャートポイント(9月5日)

昨日は朝から円全面高に推移しました(ドル円114pt、ユーロドルはNR7の33pt)。

本日は、ゴトウ日で昨日とは違った展開になるかもしれませんが、上値117はかなり重くなりそうです。
(羽黒の中心値ドル円116.99、ユーロドル1.2813、ポンド円222.37のサポート&レジスタンスに注目してます)
戻りを意識しながらのデリケートな展開に柔軟に対応したいですね。

En_36

Eur_75

Gbp_4

| | コメント (2)

2006年9月 4日 (月)

円高進行中

本日は、円全面高でスタートしました。

2006090417 ドル円日足

前回示唆した、緑色のウエッジを下方向にブレイクした様子です。
小さなWトップからの当面の目標値は、115.5付近、ウエッジからのハナレは114円前半辺りでしょうか?

このまま円高が進行するか、21日線を下回れるか?本日の終値に注目したいところです。

| | コメント (4)

クロス円の行方(ポンド円)4

本日のTOKYOタイムは円高が進行しているようです。

注目していたポンド円もひとまず4H足での転換のようです。
じゃじゃ馬のポンド円ですので、SLをしっかり置いてキャリーしてみようと思います。
(ちなみに本日のB2は221.63、LBOPは221.02です)

Gbp4h

| | コメント (0)

フィボナッチFANライン4

先週は100pt以下の極小レンジに終わったドル円の、値位置を確認しておきましょう。

2006090409734 ドル円4H




上値は何度も抑えられた117.5、117.88の2点
下値は、116.5(Wトップも完成)、116の2点と見ています。

チャートの行方を見守りたいと思います。

| | コメント (0)

本日のチャートポイント(9月4日)

金曜日の雇用統計は、もやもやした気持ちを引きずるような引け方でした。
予想より若干良い数字でしたが、5ヶ月連続の15万人割れを次回FOMCまでどのように織り込んでいくのでしょうか?
ドル円は、朝一小さな窓を開けたようです。上値の重さも意識されていますので、116.5-117.5のレンジブレイクに期待したいですね。
今週もがんばって行きましょう!

En_35


Eur_74

En_w_11

Eur_w_13

| | コメント (0)

2006年9月 3日 (日)

羽黒法まとめてどうぞ

週間羽黒法について、いくつかご質問をうけましたのでまとめてみました。

【週間羽黒法とは】

羽黒法とは、罫線分析の手法で、羽黒山人という人物が、黒部の山中において開眼したという分析手法らしい・・・・

これなかなかよく当たります。

1本の罫線に秘められた、1週間の戦いの跡。なかなか思慮深い罫線手法と思います。
つかい方は、週足のローソクを羽黒法のパターンに当てはめて来週の戦略を立てます。
一週間でのスイングトレードに有効な手法と思います。

【羽黒法の参照サイト】

羽黒法については こちらが参考になります(ソニーバンクのサイトですのでご安心を)

     ↓
http://moneykit.net/visitor/chart/words/technical/10.html

【羽黒法判定ソフト】

しろふくろうFX研究所で開発した判定ソフトです。無料でダウンロードできますのでよろしければお使いください。

シンプルなバージョン1 
「hagurohou.xls」をダウンロード

日足を絡めたバージョン2(こちらがおすすめ)

Haguro

「HaguroVer2.xls」をダウンロード

非常にシンプルな手法ですが、サポートとレジスタンスとして良く機能しています。
ぜひご活用ください。

| | コメント (4)

2006年9月 2日 (土)

先週のPIVOT (ドル円)

先週のドル円の値動きと、PIVOTの関係のサマリーです。

En_haguro





火曜日にB2まで売り込まれて、羽黒法の中心を割れることなく反発しています。
狭いレンジに終始していますが、PIVOTポイントがうまくサポート&レジスタンスになっているのがわかります。

週末ゆっくりとご覧ください。

| | コメント (2)

雇用統計 期待はずれ?

昨晩の雇用統計は、アクチャルの数字がほぼ予想通りで、瞬間クロス円が売られましたが、終わってみれば・・・・
どうも最近は雇用統計はトレンド転換には結びつくほどの指標ではなくなってきたように感じます。
ファンダメンタル派の方はいろいろと細かな分析をされているのでしょうが、大きな市場テーマを模索しているのでしょうか?

2006090210 ドル円日足





チャートは上昇トレンドを継続中に見えますが、上値の重さ(117.5)を意識しながら、下値が切りあがり、ウエッジパターン形成中に見えます。
先週の値幅は、116.5-117.48の週間としては異例に小さな98pt。
本年2月からの持ち合いに非常に似た状況ですが、ハナレが来ると次の動きは大きくなりそうですので、機をのがさないように集中したいと思います。

| | コメント (0)

2006年9月 1日 (金)

クロス円の行方(ポンド円)3

2006090122687 ポンド円4h




ポンド円のライブチャートです。
直近のフィボナッチポイントを入れておきました。
日足の5MAを終値で下回れるかに注目したいと思います。

| | コメント (0)

フィボナッチFANライン(3)

なかなか膠着状況のドル円チャートですが、フィボナッチファンラインチャートで現在の値位置を確認しておきましょう。

水色の50%ラインがレジスタンスピンク色38.2%ラインがサポートとなり、100ptほどの狭い値幅で今週は推移しているようです。
一言で言えば狭いもみ合いですが、週末雇用統計でブレイクするのを期待したいと思います。

2006090110 ドル円4hチャート 9:00

| | コメント (0)

クロス円の行方(ポンド円)2

どうもポンド円チャートの調整色が出てきたようです。

2006090111 ポンド円4h




昨日の記事を見ていただくとわかりますが、計算上の目標値 223.83をほぼ達成したようです。
本日は重要指標を控えているため難しいですが、223.8をひとまず意識しておいても良いのではと思います。
ちなみに日足、週足では売りサイン出ていませんので、テクニカルのろうそくの光の中の小さなサインとして捉えてください。

| | コメント (0)

本日のチャートポイント(9月1日)

8月の円高アノマリーフェイルに終わりました。
いろいろと相場見通しが飛び交っていますが、円安派が多いようです。
ファンダメンタルは専門家に任せて相変わらずチャートの動きから相場を追いかけて行きますので宜しくお願いいたします!
今夜は雇用統計!ここ数ヶ月はあまり相場を動かすきっかけになっていませんが、いろいろと条件の揃った今回の雇用統計は注目されますね。

相場の秋!今月もがんばって行きましょう。

En0901





Eur0901







Gbp0901

| | コメント (2)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »