« TOKYOタイム(2月13日) | トップページ | LDNタイム(2月13日) »

2007年2月13日 (火)

ドル円のNR7

今日は朝から円が買われる展開となっているようです。

朝一番にコメントした NR7(エヌアールセブン)について少し説明してみようと思います。
2007021312





過去のNR7の記事より、

NR7(narrow renge of 7bars)は過去7日間の最小の値幅を更新したときに使う、シグナルです。収縮と拡散(アキュームレーション・ディストリビィーション)の値動きの特性を利用した短期手法ですが、ボリンジャーバンドとの併用で効果がでます。

使用法はNR7が確認できた後(日足が有効)、翌日のチャートの離れに順張りを取ります。過去のチャートで検証してみてください。」

右側のしろふくろう秘伝書の「スイングトレード入門」のコイルドスプリングというトレードテクニックです。(非常に価値のある書物です)

2006071409

ドル円日足チャート




このチャートで、赤丸がNR7にあたります。特徴として、相場の天井・底値圏の出現は大きく動くことが多いようです。
過去10回のNR7の平均は55pt、NR7後のバーの平均は100ptを超えています(最大で178pt)。

今までのところ、昨日のNR7のバーの下値を下回っています。この下には21日MAがサポートとしてありますが、万一下抜けた場合のリスク頭の隅にでも置いておきたいものです。もちろん、122.2を上抜けた場合の加速の可能性も大きく本日の値動きには注視したいところですね。

参考になりましたら、ランキングサイトの応援おねがいいたします♪

|

« TOKYOタイム(2月13日) | トップページ | LDNタイム(2月13日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TOKYOタイム(2月13日) | トップページ | LDNタイム(2月13日) »