« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

初詣は相場・勝負運にご利益のあるところに・・・

こんにちは しろふくろうです。

今年も残り1日、新年の初詣はできれば勝負事に強い神社に行きたいものですね!

毎年ピックアップしている内容ですが、今年も相場にゆかりのある初詣スポットのご紹介です。

FXトレーダーにおすすめの初詣神社

一昨年は猿田彦神社、去年は、堂島薬師堂と伏見稲荷大社に行ってきました。

節分には清明神社が最近のお決まりです。

それでは良いお正月をお迎えください!

トレーディング派にお勧めです!

外国為替のFXCMジャパン

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc

|

今年はポンドが弱かったです・・・・EURGPDの

200812310900
こんにちは しろふくろうです!

本年もいよいよ最終日となりました。
今月注目していた、ポンドですが昨日ポンド円が130円を割れて安値更新してきました。
ポンド円単体の動きではなくドル、ユーロに対しても弱く今年最も売られた通貨であったと思います。
上のチャートは、ユーロポンドの月足チャートですが、ポンドはユーロに対して最安値を更新中です。(今年の年初からすでに2400pt一方向に動いています。)
チャートにはA-Bの値幅に対してのフィボナッチターゲットをプロットしていますが、昨日の高値はA-Bの2.618倍値のターゲットを達成しました。
巷では、ユーロポンドのパリティ(=等価 1.0000)がささやかれていますが、テクニカルなターゲット値をすんなり超えていけるか?注目したいところです。
(個人的には対ドルで一番出遅れているポンドの動向に年初も注目したいと考えています)

本年も一年間ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc

FXDDライブ口座の開設方法のマニュアルです。

Kaisetu

メタトレーダーのインストールがまだの方は、まずはインストールを!

      


1botan_dl

ここまでのメタトレーダーの基本操作の記事です。

・メタトレーダー4のダウンロードとインストール

・通貨ペアの増やし方

・チャートの基本操作Part1

・チャートの基本操作Part2

・チャートの基本操作Part

|

2008年12月30日 (火)

日経平均終値8859円

Nikkei_m 
こんにちは しろふくろうです!

今年の株式市場も本日で納会となり、日経平均の年足終値が確定しました。

始値:15155
高値:15156
安値:6994
終値:8859


が最終の数字で、高値安値で8161円、始値-終値で▲6296円(-41%)と非常に厳しい結果となりました。
しかしながら唯一チャート上に明るい兆し?が見えるのは、過去の年足終値ベースの安値8578円を281円ほど上回って引けました。
ザラ場では安値を更新しましたが、ひとまず重要なサポートの上で紙一重ながら年の終値を迎えることができています。

Nikkei_d_2
こちらは同じ日経の日足チャートですが、ここ2週間ほどきわめて小さいレンジでの推移ですが、転換線>基準線の好転、遅行線>日々線となり、買い転換、一目均衡表の雲の中で推移しています。

チャート上には緑色のレジスタンスと、ピンク色のサポートをプロットしていますが、この2本の線を年初どちらに越えてくるか?注目したいと思います。

野村さんのブログで見たのですが、今年は相場格言では「子年は繁盛」で、子年は景気がよく株価が上がる予定?で過去の統計では十二支別の日経平均株価は子年が+40.3%でトップのようです。
年初のウォールストリートジャーナルも、大統領選挙の年のほかに合計5つの株上昇要因を書いて今年の株価上昇を予想?していました。
しかしながら、新興国を始め金融市場全体が100年に一度!の金融危機に突入していしまいました。
アノマリーも、100年分のデーターに基づいたようなものではなく大きなサイクル(100年以上をグランドスーパーサイクルとよびます)の前では活かしきれなかったようです。
逆説的にいうと、これまでのアノマリーがまったく逆に働いたということからも、2007,2008年が大きなサイクルの頂点であった可能性もあり(あまり信じたくないですが)、来年以降の戦略を考えていく必要もありそうです。

相場のほうは、年始1日は世界的に休場となりますが、2日(金)は為替市場はオープンしているのでお正月ゆっくりとされる方は、ポジションをスクエアにしてのんびりとお過ごしくださいませ。
(第一金曜日ですが、雇用統計が無いのでちょっと安心です・・・)

トレーディング派にお勧めです!

外国為替のFXCMジャパン

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc

|

2008年12月29日 (月)

本日のチャートポイント(12月29日)

Hendou_d Hendou_w Majino

おはようございます しろふくろうです!
先週はクリスマスウイークで例年通り小動きな一週間となりました。
金曜日もロンドンのボクシングデー(クリスマスプレゼント(box)を開けるための祝日だそうです)をはじめ休場の市場が多く方向感にかける展開となっています。
緑と青のチャートポイントを見ると、これまで200日、89日、50日、21日、13日、8日、5日ときれいに順に並んでいた移動平均線の売りサインが崩れて、5日線が13日、8日線を上抜け、かつ終値が5日円の上で推移しています。
所詮持ち合いに過ぎないかもしれませんが、チャート上の変化として注意しておきたいところです。

Dy2
さて、そんなドル円ですが、今年は高値112.11円、安値87.11円で今のところ年間値幅は25円となっています。始値が111.66円でしたので22%の下落率となっています。
上のチャートは昨年までのドル円の年間値幅の推移ですが、過去17年の平均値幅が20円、10年の平均が18.01円でした。
2006年が年足でNR7で17年間でもっとも小さい値幅でしたので、2006年の年末には2007年は値幅の拡大の一年になるのでは?という予測をしていましたが、昨年そして今年と値幅を拡大し持ち合いを脱出した様子が伺えます。
現在のドル円の水準90円を基準に考えると、上下に過去17年間の平均20円を上下に取ると上値110円、下値70円ほどのレンジは仮説として頭に入れておいたほうがよさそうです。
いずれにしても今年の値幅を一段と拡大していくのか?それとも収縮に向かうのか?
まずは年初の動きに注目したいと思います。

しろふくろうオススメのメタトレーダー4

国内サーバーと日足5本足チャートのサイバーエージェントFXメタトレーダー4

1

iPhone対応のMT4がリリースされました!

FXトレード・フィナンシャル

FOREX.comでしろふくろうの自動売買マニュアルプレゼント中

Gain Capital Group

|

2008年12月28日 (日)

資源価格のサマリー・・・金と原油

000

こんにちは、しろふくろうです!

金曜日で仕事おさめで9連休!という方も今年はいらっしゃるようですが、慌しい年の瀬いかがお過ごしでしょうか?

私は仕事のほうも先週で終わって、週末ははどうしてもこの時期でできないPC周りの作業をやっていました。

まずは、毎日動きっぱなしの(ほぼ一年中電源を切りません)デスクトップPCのメモリーの増設と、ハードディスクの入れ替え。
そしてPC、プリンター、ファイルサーバーをつないでいるルーターをギガビット対応のものに交換しました。
こちらのルーターを買ったのですが、かなり値段が下がっていました!
特にネットワーク関連はチャートが気になるような時には手をつけれませんんので、どうしても年末年始にやりたかった作業です。
結果というと、PCの中のホコリ(すごかった!)をきれいにして、ファンも静かになり、きわめて快適!ネットも光のスピードがフルに出ているようでチャートなどの表示も明らかに速くなりました。
最近はPCの性能が上がっているので、やはりネットやルーターがボトルネックになってスピードが上がらないことがありますので、この機会にルーターを高速なものに変えるのが効果的(1年前に比べれば半額位になっています)なチューンアップだと思います。
ぜひ取り組んでみてください。

さて相場のほうですが、先週はクリスマスウイークで予想通りの小動きで、ピボットメルマガで配信している10通貨ペアのうちドルスイス以外すべて週足のNR7が発生していました。ひとまず来週以降欧米勢が休暇明けの動向を見極めたいところです。

今日の年間サマリーは140ドル台から30ドル台まで急落したWTI原油価格と金価格のチャートを見てみたいと思います。
上のチャートは、10年間のWTIと金の週足チャートですが、2001年以降資源価格は1直線に上昇してきました。
今回の急落の局面では金の下落がWTIの下落を先行しているのがわかります。

001
こちらのチャートは今年年初からのWTIと金の変動率ですが、ここに来て金価格はプラス件に持ち直しましたが、WTIは60%を超える下落幅でこちらはまだ回復の兆しが見えないところです。
やはりWTIの上昇がいかに投機的であったかということ、そして金の動きが資源価格の持ち直しを示唆するか?
来年年初の動きに注目したいと思います。

良い年の瀬をお過ごしください。

トレーディング派にお勧めです!

外国為替のFXCMジャパン

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

|

2008年12月26日 (金)

インターバンク直結のプライス業者・・・FX ZERO

Fxzero3_2
先日ご紹介した、ひまわりホールディングス100%子会社のFX専用ブランド「FX ZERO」ですが、
自社でカバーを行わずインターバンク直結のプライスを提供しています。

相対取引であるFXにおいて、プライスの透明性、約定が速いことは、デイトレーダーにとって
最も優先するポイントで「FX ZERO」の取引システムには注目しています。

一般的にFX業者の多くは自社である程度のオーダーを社内または社外でカバーディーリングをしていることが多いようです。
FXは相対取引で、業者によってプライスが違うというのがこの辺りのオーダーシステムの違いによるのが理由です。

数社のチャートを並べてみると、やはりプライスの動きがカバーディールをしていない業者の方が圧倒的に早い(当たり前ですね)ようです。
特に大きなオーダーを通すときには、カバーしている場合は、流動性が低い場合カバーしきれないこともあり
プライスが通らないことが発生することもあります。
特にナロースプレッドの取引業者で、ボラティリティが上がるとスプレッドが広がったり
スリッページが大きくなったりするとがあるのもカバーしきれないときに起こることが多いようです。

「FX ZERO」はナロースプレッドの取引システムを提供しながら、銀行市場間(インターバンク)直結のシステムを提供しています。
個人的には、このシステム変更は、顧客満足度を最重視しトレーダーに対して最高のトレーディング環境を提供するものとして非常に好感がもてました。
ナロースプレッドでカバーディールをしないということは資本力のある会社でしかできないことなので、
単に表面上のスプレッドが狭いだけではなく本当に使えるプラットフォームの生き残り合戦が来年は起こるのではないかと思います。

Fxzero234x60

|

日本の雇用統計・・・失業率と有効求人倍率

003
こんにちは しろふくろうです。

昨日はトウキョウ市場以外はクリスマスのため休場で例年通り全く動かずでした。
各通貨日足NR7となっていますが、参考にならないのでご注意ください。

今日は個人的に最も注目していた日本の雇用統計が発表されました。
大企業の派遣切りがメディアで報道されていますが、米国雇用統計同様わが国も雇用という需要な指標の悪化が進んでいることが裏付けられています。

本日総務省が発表した11月の完全失業率は3.9%で、前月に比べて0.2ポイント悪化。
また同時に厚生労働省が発表した11月の有効求人倍率は、前月を0.04ポイント下回る0.76倍となり、12カ月連続で1倍われとなりました。この数字は平成16年2月以来4年9カ月ぶりの低水準だそうで、厚労省は雇用情勢判断を「厳しい状況にある」に下方修正しています。
グラフは、FXCMジャパンのFX Traing Forceで拾った過去3年間の失業率と有効求人倍率のデーターをまとめたものですが、失業率は4%を挟んでもみ合いながらも、昨年の11月から有効求人倍率は下落傾向にあります。
理由として、日本の失業率の計算方法は「仕事がなく、職探し中で、すぐに仕事に就ける」ことが条件」で、いうなれば職安で失業保険をもらっている人の統計で、失業保険の給付期間が過ぎた方は正確には失業中でもカウントがされていないことが理由にあるようです。
こういう観点でこの数字を見ると、有効求人倍率の低下が現状の雇用環境を正確に描写しているように思います。
もともと雇用統計は遅効性の強い指標だけに、今後この有効求人倍率の推移がどうなるか?景気の回復を確認するには重要なポイントとなりそうです。

トレーディング派にお勧めです!

外国為替のFXCMジャパン

|

2008年12月25日 (木)

本日のチャートポイント(12月25日)

Hendou Majino

おはようございます しろふくろうです。

本日はクリスマス休暇で世界的に休場となっており実質日本市場のみのうごきとなりますのでご注意ください。
海外系の取引システムも本日早朝より明日20時頃まで停止するところがあり、例年値動きは限定ですのでしっかりと休暇をとるのがお勧めです。

【ピボットシステムトレード】Pivot_2

本日はドル円ユーロ円、ランド円、カナダ円、ポンドドル、ドルスイスに日足NR7が発生しています。他の通貨も非常に小動きとなっています。
参考データーとしてお使いください。
それでは素敵なクリスマス休暇をお過ごしください。

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc


SAZAインベスト限定、三沢氏の投資本プレゼント中です!

|

2008年12月24日 (水)

本日のチャートポイント(12月24日)

Hendou_2 Majino

おはようございます しろふくろうです。

クリスマスウイーク2日目の昨日はまったくの小動きな一日となりました。
ドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、キウイ円、ポンドドル、ドルスイスに日足NR7が発生しています。
海外系の取引業者は明日レート自体が止まりますので、ゆっくりとクリスマス休暇をとるのが得策かと思います。
毎年、クリスマス明けの最初のプライスは大きく値が跳びますので週明けの動きにもご注意ください。

【ピボットシステムトレード】Pivot
先ほどコメントしましたように、各通貨狭い値動きとなっています。
クロス円は一応週足でもNR7の発生している通過ペアがありますので、値幅の拡大にはご注意ください。

【本日のチャート】200812240846

チャートがあまり動いていませんので、ピボットメルマガのアナリシスを添付します。
ウイークリーピボット値を境に戦略を組み立てているのですが、週初にコメントしたユーロドルも羽黒中心地、ウイークリーピボット値がひとまずのレジスタンスとしてワークしているようです。

それでは素敵なクリスマス休暇をお過ごしください。

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc


SAZAインベスト限定、三沢氏の投資本プレゼント中です!




|

2008年12月23日 (火)

本日のチャートポイント(12月23日)

Hendou Majino

おはようございます しろふくろうです。

週明けの為替市場は、欧米のクリスマス休暇前の薄商いの中、特に目立った指標もなく落ち着いた値動きとなりました。
通貨別では、ドル円は90円を回復、ユーロドルドルスイスは金曜日のローソク足にすっぽりと孕む形で方向感にかけています。
本日は天皇誕生日でトウキョウ市場は休場で25日から欧米がクリスマス休暇に入りますので、実質明日までという中あまり無理せずにいきたいところです。

【ピボットシステムトレード】Pivot_2

本日はキウイ円に日足NR7が発生しています。
週足ではポンド円、豪ドル円、カナダ円にNR7が発生しています。
突発的な値動きにはご注意ください。

【本日のチャート】
200812230702_2
チャートは週足NR7の発生している豪ドル円の日足チャートです。
約20円ほどの値幅の水色の大きな三角持ち合いを形成中で、小動きが続いています。
直近のローソク足は12/18の寄引き同時線に孕む形でまずはこのローソク足をどちらに抜けてくるか?注目したいと思います。

Pf_2
もうひとつのチャートは、1枠50ptのポイントアンドフィギュアですが、こちらも持ち合いかつインサイドバーの状況が続いています。
しかしながら、昨日小さな三角持合を上抜けた兆候が出てきていますので上の三角持合のハナレと合わせて注意したいところです。
豪ドルのファンダメンタルズは、野村雅道さんのブログに執筆中のシドニー在住の日本人のファンドマネージャー の津田さんのプレミアムFXマガジン が参考になります!

本日もよろしくお願いいたします。

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc


SAZAインベスト限定、三沢氏の投資本プレゼント中です!




|

2008年12月22日 (月)

本日のチャートポイント(12月22日)

Hendou_d Hendou_w

おはようございます しろふくろうです!

先週はユーロドル、ドルスイスの欧州通貨でドル売りが進みました。週足で見ると、ユーロドルは1353pt、ドルスイスは1351ptの長大線が出現しています。
今週は25日のクリスマス休場で海外系の証拠金会社は取引自体もお休みとなるところもあり実質水曜日までのトレードと考えたほうがよさそうです。
いずれにしてもマーケット自体が薄くなりますので、ここからは割り切って来年の計画などを立てる時間にあてて、ゆっくりと年の瀬をすごしたいと思います。
ただ、クロス円は持ち合いが継続しており、23日の本邦祝日はやや警戒したいところです。

【ピボットシステムトレード】Pivot_d Pivot_w

今週は週足で、ポンド円、豪ドル円、カナダ円にNR7が発生しています。
引き続き持ち合いのハナレには警戒したいところです。

【本日のチャート】
200812220734
チャートはユーロドルの週足一目均衡表です。
まず水色の四角の部分で発生していた孕み線のレンジを先々週に上抜け、先週は押し目も作らずに急進しました。先週の高値は一目均衡表の雲の下限、そして8月からの急落の61.8%戻し(正直半値戻し水準で一旦止まると思いました)を達成しています。
チャートは1353ptの長大なロウソク足が出現しています。
また、長い上髭を伴い、羽黒中心値1.4039のある1.4レベルを軸にチャートの進行に注目したいと思います。
年初にむけて、週足で厄介な長大線が出現し、ユーロドルはちょっと時間調整が必要になるかもしれません。

今週もよろしくお願いいたします。

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc

メタトレーダー4+メタトレーダーモバイルで最高のチャートシステムが使えます。 

081208_odl_234x60


|

2008年12月21日 (日)

クロス円のパフォーマンス

005
こんにちは しろふくろうです。
上のチャートは、ドル円とクロス円の今年の年初からの変動率のグラフです。

ドル円、ユーロ円は年初から20%の下落、ポンド円、豪ドル円、キウイ円は年初から40%近い下落率となっています。
ユーロ円、豪ドル円は一時プラス圏に入りましたが、他の通貨は年初より一方的な下落の一年だったというのが確認できます。

007
もう一枚同じクロス円の変動率のチャートですが、こちらは2007年初からの変動率のパフォーマンスです。
こちらを見ても2007年初からの下落率はドル円、ユーロ円で20%ほど、ポンド円は40%、豪ドル円、キウイ円は30%以上の下落となっており2007年よりすでに円キャリートレードが成立しなくなっていたことが確認できます。
これは外貨預金等のレバレッジを利かせていない取引でこれだけの下落率となっていますので、3倍以上のレバレッジでの長期運用は非常に厳しい環境であったと推測できます。
来年の戦略にお役立てください。

【スポンサー情報】
ひまわりホールディングス100%子会社のFX専用ブランド「FX ZERO」で最大1000万円のキャッシュバック!キャンペーンを実施中です。

今回のキャンペーンのすごいところは「抽選でも山分けでもなく」月間の取引量によって
最大1000万円までキャッシュバックされるということです。

Fxzero2
この表によると、往復で100万通貨辺り2000円のキャッシュバックがもらえるようです。
たとえば、10万ドルを新規+決裁で20万ドルを取引したことになりますので、10万ドルを
5回取引すれば2000円のキャッシュバックになります。
デイトレなら5往復位するかもしれませんから、1ヶ月間(20日)間で40000円の
キャッシュバックになる計算ですね。
期間は1月31日まです!

FX ZEROは手数料無料でスプレッドも狭く取引コストが安いので、今回のキャンペーンは
短期トレーダーには朗報ですね!

Fxzero234x60

|

2008年12月20日 (土)

EURと原油と金・・・

Wti_2

こんにちは しろふくろうです!

昨日の日銀の金融政策決定会合は0.2%の利下げで0.1%という金利水準になりました。
前回0.25ではなく0.2だったのはゼロ金利を回避したいという日銀の意地?の部分の表れだったのかもしれません。
欧米もクリスマス休暇を控えてすでに木曜日からユーロドルの利食いも入っていたので大きなインパクトはありませんでした。
来週は
23日(火)が天皇誕生日、そして25日、26日がクリスマスで休場となります。
例年新年の最初の営業日に大きく動くことがあるのでゆっくりと休養して新年の相場に備えたいところです。

上のチャートは、今年の相場を象徴するWTIの週足チャートですが、金曜日には買い戻されることなくWTI先物は33ドル台まで下落しました。
終値では少し戻したようですが、ユーロドルが買い戻されたのに対して、原油は世界経済の減速による需要減から買戻しにはいたらなかったようです。

Comp
こちらのチャートは、ユーロドル(赤)金(青)原油(緑)の変動%を比較したものですが、これまで原油とユーロの相関にフォーカスがあたっていましたが、ここにきてユーロドルとWTIのダイバージェンスが鮮明になっています。
チャートで見る限り、ユーロドルと金の相関がここにきて明確になっているのがわかります。
ここからのポイントとして、原油価格の上昇が伴うと、ユーロドルの一段の上昇期待ができ(ユーロ・金・原油の3つの方向性が合いドル売りが鮮明となる)、引き続き原油価格の変動には注目したいと思います。

ここから年末に向けては例年通り、今年を振り返っていろいろな角度から来年への展望をしていきたいと思います。

それでは良い週末をお過ごしください。

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc


SAZAインベスト限定、三沢氏の投資本プレゼント中です!

|

2008年12月19日 (金)

日銀待ち・・・

こんにちは しろふくろうです

日銀の政策金利発表遅れているみたいですね。
前回は発表後に、変なサプライズもあり振り回されました。
いずれにしても発表待ちです。

ID為替の野村雅道さんの新しいブログで、こんな面白いゲームが紹介されていました。

息抜きにどうぞ!
あまりに受けたので、ちょっとご紹介です。

|

本日のチャートポイント(12月19日)

Hendou Majino
おはようございます しろふくろうです。
昨日は朝から忙しくしており、更新ができず申し訳ございませんでした。

相場のほうは、年末特有の薄いマーケットの中、ユーロドルが急騰していましたが、ひとまず1.6037-1.2326の61.8%戻し水準を昨日つけたあと急落しました。
ポンドドルは731ptの下落、ドルスイスも451ptの上昇と欧州通貨でドルの買い戻しとなっています。
本日は 日>米という金利差の中、日銀の政策金利が発表されます。
雇用等実体経済にもかげりの出てきた日本の金融政策の行方を占う重要なポイントと成りそうです。
来週はクリスマス休暇で、欧米系の取引業者はプライスも止まり、マーケットが薄くなりますのでクリスマス明けまではチョッピーな値動きに注意したいところです。

【ピボットシステムトレード】Pivot

本日はNR7の発生はございません。
引き続き週足でNR7の多く発生しているクロス円は値幅の拡大に注意したいと思います。

【本日のチャート】
Cad_2
チャートは注目しているドルカナダの日足チャートです。
米ドル同じ北米通貨で、自動車産業の雇用の問題等もあり欧州通貨より値動きが遅いものの、対ドルではドル売りが進んでいます。
チャート上には A-B-Cのピンク色のチャート進行と、1-2-3の黄色のチャート進行を入れていますが、2の安値を下回りWトップの可能性が高まりました。
昨日の戻りはこの2のポイントを試しましたが今のところ上値のレジスタンスとなっているようです。
RSIを見ても三角持合を下抜けた感があります。
下値の重要なチャートポイントは大きなWトップの完成するBの1.1450付近。
下値余地も広がるこのチャートポイントのをトライするか?注目したいと思います。

本日もよろしくお願いいたします。

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc


SAZAインベスト限定、三沢氏の投資本プレゼント中です!

|

2008年12月17日 (水)

ドル円底値確認のポイント

004_2 こんにちは しろふくろうです。

先週からドル円の底打ちの可能性について注目しています。簡単にチャートポイントです。
チャートはドル円の4Hチャートですが、金曜日にA-Bの値幅の100%水準を下方ブレイクし88.23まで下落しました。(Xのポイント)
下ひげを残して急反発した相場ですが、XはA-Bのフィボナッチ1.272倍値に一致し、いいところで止まったな、というのがその日の印象でした。
昨日のFOMCでこのXを下抜けた場合円高が加速するかどうか?注目していましたが今のところサポートされているようです。
欧州通貨でドル売りが進む中、クロス円は先週も小さなレンジが続いておりドル円次第の様相でドル円が崩れるかどうか?非常に重要なポイントと考えています。
シンプルにXの安値ブレイク、もしくは91.6を上抜けて2番底の確認となるのか?
個人的にはクリスマス前のポジション巻き戻しも視野に入れ後者の可能性に注目したいと思います。(Xを下抜けた場合はもちろん暴落注意です)
NIKKEIが一目の転換線の好転、遅行線が日々線と摩擦しており株価とドル円チャートの相関がやや崩れて(NIKKEIとドル円のダイバージェンス)いる中、(クロス円動向を占う上でも)ドル円のチャート進行を追いかけたいと思います。

本日もよろしくお願いいたします。

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc


SAZAインベスト限定、三沢氏の投資本プレゼント中です!

|

本日のチャートポイント(12月17日)・・・ドル暴落

Hendou Majino

おはようございます しろふくろうです!

注目のFOMCは0.5%の利下げ予想に対して0-0.25%への利下げ(実質ゼロ金利)を受けてドルが売られました。
先週から買われていたユーロドルは518ptの上昇、ドルスイスも452ptのドル売りでドル円も88円台に再突入しました。
円とドルの金利差はついに円>ドルの逆転となり、今週末の日銀政策金利への注目が集まりそうです。
またNYダウは350ドルの上昇で、素直に利下げを好感していますが、本日のNIKKEI動向にも円高圧力を跳ね返して上昇するかどうか?こちらも今日一日の世界的な株価動向を見極めたいと思います。

【ピボットシステムトレード】Pivot_2

本日はポンド円に日足NR7が発生しています。
前回1%の利下げを決めたBOE議事録、失業率など英国指標に注意したいと思います。

【本日のチャート】
Cf Usd

チャートは週初にアップしたドルスイスとドルインデックスの日足チャートですが、一目遅行線も逆転、水色のトレンドチャンネル、赤色のサポートラインも下抜け、雲の下限の下抜けと一気にドル売りが進みました。昨日は452ptの下落となっています。
またドルインデックスの形も同様に悪化しており、ドル売りが本格化する兆しが見られます。
本日は世界的な株価反、一巡して本日の欧州市場で一段のドル売りが進むか?注目したいと思います。
しかしながら、今週週足NR7が多く発生しているクロス円動向(円安方向?)、ドル円の介入懸念も頭に置き、ドル円に関しては突っ込み売りは注意したいところです。

本日もよろしくお願いいたします。

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc

メタトレーダー4+メタトレーダーモバイルで最高のチャートシステムが使えます。 

081208_odl_234x60

|

2008年12月16日 (火)

本日のチャートポイント(12月16日)

Hendou Majino
おはようございます しろふくろうです。

昨日は欧州通貨を中心にドル売りが進みました。
日足NR7の発生していたユーロドルは359ptの上昇しました。
クロス円はドル円の頭が重いこともあり、ドルストレートの強弱に左右される展開となっています。
本日は深夜に米国の政策金利発表を控えており、またRBA議事録、英国CPI、米国CPIという物価、金利関連のイベントがあり乱高下も予想されますので注意したいところです。

【ピボットシステムトレード】Pivot_2

本日は豪ドル円に日足NR7が発生しています。
また週足で見るとクロス円に多くNR7が発生していますのでFOMCを挟んでクロス円の行方には注意したいところです。

【本日のチャート】
PyPdチャートは持合で収縮が進んでいたポンド円とポンドドルの日足チャートです。

BOEの政策金利発表、雇用統計前からこの通貨ペアを追いかけているのですが、ポンド円は三角形の持ち合い上抜けの兆候がでてきました。
下のポンドドルのほうは一足先に三角形の持ち合いを上抜けてきましたがこれまで対ドルで 最弱で売り込まれてきたポンドが反発するかここ数日の値動きに注目したいと思います。
特に日足では遅行線が日々線に埋没している状況を抜け出せるか?がポイントになりそうです。
本日もよろしくお願いいたします。

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc

メタトレーダー4+メタトレーダーモバイルで最高のチャートシステムが使えます。 

081208_odl_234x60

|

2008年12月15日 (月)

本日のチャートポイント(12月15日)

Hendou_d Hendou_w

Majino
おはようございます しろふくろうです!
12月も残りわずかとなりましたが、ここにきてドルが主要通貨で売られる展開となっています。
週足でNR7の発生していたユーロドルは700ptほどの上昇、ドル円は年初来安値を更新しザラ場ですが88.23円をつけています。
クロス円を見るとドル円が円高に動いたこともあり、ほぼ先週末と変わらない水準となっており、ユーロ円、ポンド円、キウイ円、カナダ円、ランド円に週足NR7が発生しています。注)NR7は値幅の収縮を表すサインで、持ち合いの最終局面を示唆します。(詳しくは秘伝書スイングトレード入門を参照ください。)
ここからクリスマスまでののこり1週間、クロス円の巻き戻しとなるか?続落となるか?火曜日のFOMCをはさんでの値動きに注目したいと思います。

【ピボットシステムトレード】Pivot_d Pivot_w

本日は、ユーロドル、ドルスイスに日足NR7が発生しています。
また週足ではユーロ円、ポンド円、キウイ円、カナダ円、ランド円そしてポンドドルに週足NR7が発生しています。クリスマスを前にさらに閑散とした値動きとなる可能性もありますが、値幅の拡大にはご注意ください。

【本日のチャート】
Chf Usd チャートは注目していましたドルスイスとドルインデックスの日足チャートの対比です。
並べてみてみると非常によく似た値動きとなっています。
今回ドルインデックスは注目していた83のサポートまで下落しています。
ここが抜けると一段のドル売りが加速するのではないかと見ています。
またドルスイスのチャートを見ると、11/25日の安値を下抜けてきました。
チャート上には水色のトレンドチャンネルをプロットしていますが、一目均衡表の遅行線の動きとあわせてチャンネルのサポートに注目したいと思います。

それでは今週もよろしくお願いいたします。

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc

メタトレーダー4+メタトレーダーモバイルで最高のチャートシステムが使えます。 

081208_odl_234x60

|

2008年12月12日 (金)

ユーロドルの逆張り・・・バタフライパターン

004

こんにちは しろふくろうです!

ドル円はついに10月24日の安値90.82をわれ、88.23円まで安値を更新しました。
クロス円もドル円のストップを巻き込んだ下落につられて急落しています。

チャートはドル円とはまったく関係ないのですが、先日来ご紹介している「フィボナッチ逆張り売買法」 の第6章のバタフライパターンが形成されつつあるユーロドルの4Hチャートです。
チャートの上にはX-A-Bの左側の三角形と、B-C-Dの右側の三角形が確認できます。
この形がバラフライ(蝶)の羽の形に似ているところからバタフライパターンとよばれているようです。
本を読みながら、メタのインディケーターがないかなと探していたところ、やっぱりありました。メタトレーダーのインディケーターの宝箱http://www.forex-tsd.com/ にharmonic 問いう単語で検索すると出てきます。
週末にでもメタトレーダーサイトのほうに詳しくアップしてみます。

バタフライパターンの詳細は、「フィボナッチ逆張り売買法」 を参照いただきたいのですが、今回ユーロドルの本日の高値が、B-Cの長さの1.618倍値になっており、きれいなフィボナッチ数値でとまっていることに注目したいと思います。
ひとまず昨日400ptの陽線のでたユーロドル。ここでひとまず押し目を作ってくれるか?本日の値動きに注目したいと思います。
がんばっていきましょう!

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc

メタトレーダー4+メタトレーダーモバイルで最高のチャートシステムが使えます。 

081208_odl_234x60

|

本日のチャートポイント(12月12日)

Hendou Majino

おはようございます しろふくろうです。

昨日はドルストレートでのドル売りが進みました。特に一昨日に大きな三角持合を上抜けたユーロドルは400pt以上の上昇で週の上昇幅が689ptとなっており週足NR7は上方向にブレイクしています。
原油も週所から17%ほど上昇しており薄商いの中ショートポジションの巻き戻しにも注意したいところです。
ユーロドル、ドルスイスでドル売り方向にバイアスがかかりそうなチャートになりましたが、ユーロドルは雲の中、ドルスイスは日足一目均衡表で遅行線が日々線との摩擦という中で押し目、戻り形成をまってのエントリーとしたいところです。

【ピボットシステムトレード】Pivot
本日はキウイ円に日足NR7が発生しています。
ドル円は、ドルストレートが堅調な中クロス円も底堅く、引き続き小幅な値動きとなっています。
ユーロドルは週足NR7を上方ブレイクしていますので売り方向のポジションは控えたいところです。

【本日のチャート】
Cad
チャートは金曜日の雇用統計後、1.3手前から売り始めたドルカナダの4Hチャートです。
ひとまず昨日OPターゲットを達成しました。
チャート上には先日ご紹介した「フィボナッチ逆張り売買法」に出てくるAB=CDパターンが確認できています。
ひとまず重要なサポート1.212を手前に一旦の戻りを付けに行くのか?注目したいと思います。
また1.212を下抜けるまでは再度1.3を超えてドル買いの可能性もありますのでいずれにしてもしばしチャートの進行を見極めたいところです。
戻りに関してはウイークリーピボット値とフィボナッチリトレイスメント61.8%の重なる1.267をひとまずの目処としたいと思います。

本日もよろしくお願いいたします。

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc


SAZAインベスト限定、三沢氏の投資本プレゼント中です!

|

2008年12月11日 (木)

本日のチャートポイント(12月11日)

Hendou Majino

おはようございます しろふくろうです!

昨日も小動きなレンジ相場となっています。
ドル円、ポンド円、ランド円、ポンドドルに日足NR7が発生しています。ユーロドルはどうやら遅行線が無事上抜け、三角持合の上限も抜けて一目の雲の中に突入したようです(原油も底堅く推移)。ピボットアナリシスでもウイークリーのS2(セル2)の上で引けてきました。(こちらの記事を参照ください
11月25日の高値1.3078のレジスタンスをすんなりと超えてこれるか?注目したいと思います。

【ピボットシステムトレード】Pivot

ドル円、クロス円はウイークリーピボット値に絡む展開となっています。
また既報のとおりドル円、ポンド円、ランド円、ポンドドルに日足NR7が発生しています。値幅の拡大にご注意ください。
【本日のチャート】
Pd Py_3
チャートは本日日足NR7の発生しているポンドドルとポンド円のチャートです。注)NR7は値幅の収縮を表すサインで、持ち合いの最終局面を示唆します。(詳しくは秘伝書スイングトレード入門を参照ください。)

昨日の値幅はポンドドルが144pt、ポンド円が257ptとなっており値幅の収縮が進んでいます。
12月4日に書きました三角形の中の値動きで、いずれかの方向待ちとなっていますが、いずれもウエッジフォーメーション形成の可能性が高まり個人的には上抜け方向に旨みがあるのではと考えています。
上下いずれにしてもしばしトレンドラインのブレイクを待ちたいと思います。

本日もよろしくお願いいたします。「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc


メタトレーダー4+メタトレーダーモバイルで最高のチャートシステムが使えます。


081208_odl_234x60

|

2008年12月10日 (水)

本日のチャートポイント(12月10日)

Hendou Majino_2

おはようございます しろふくろうです!

各通貨レンジ相場を抜け出すことができません。(どうしようもないですね・・・)
テクニカル指標も値幅の収縮(アキュームレーション)の状態が続いていますので拡大(ディストリビューション)待ちとなります。
昨日はユーロ円、ランド円、ポンドドルに日足NR7が発生していますが、ユーロドル、ユーロ円、ランド円は週足でもNR7が発生していますので値幅の拡大に対応できるようにしておきたいものです。
注)NR7は値幅の収縮を表すサインで、持ち合いの最終局面を示唆します。(詳しくは秘伝書スイングトレード入門を参照ください。)

昨日もコメントしたドルカナダは、いい戻りを付けに行ってくれました。
政策金利がコンセンサスをこえる0.75bpの下落であったことも後押しし、半値戻し水準の1.274まで上昇しました。
ここからは昨日の高値が戻り高値となるか?一段の上昇となるのか?チャートポイントをにらみながら値動きを追いかけたいと思います。
昨日ブックマークしているYEN蔵さんのブログを見ましたら、podcastをはじめられたようです。 ブログのイメージとは違いポップな感じでした。

【ピボットシステムトレード】Pivot_2

先ほどコメントしましたように、本日はユーロ円、ランド円、ポンドドルに日足NR7が発生しています。

【本日のチャート】Ana


各通貨持合で、チャートも待ちの状態です。
上の表は、PDF版にてFXマガジンにて配信したピボットアナリシスです。
ざっくりというと、各通貨ウイークリーピボット値に絡む展開となっておりここからどちらに離れていくか?の動き待ちとなります。
ドル円は昨日も上値がウイークリーピボット値でおさえられておりレジスタンスとして意識されそうです。
さきほどもコメントしましたように、値幅の収縮が進んでいますので値幅の拡大にはついていけるようにしたいものです。

本日もよろしくお願いいたします。

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc


SAZAインベスト限定、三沢氏の投資本プレゼント中です!

|

2008年12月 9日 (火)

ドルカナダのサポート

000
こんにちは しろふくろうです!

チャートは昨日もコメントしましたドルカナダの4Hチャートですが、今のところ直近の上昇の61.8%レベルで一旦サポートされたようです。
折りしもきょうはカナダの政策金利発表を控えていますので、ここから欧州タイムの値動きには注意したいところです。個人的には下を見ていますが、1.28くらいまでの戻りも予想されるので昨日の安値をしっかりと割れてくるか?戻りを待ちたいと考えています。

001
先日信託保全+証拠金に金利がつくとご紹介した「アイトレードFX」がボーナスキャンペーンをスタートしています。
期間中取引された方から抽選でカタログギフトがプレゼントされます。
今回の目玉は、なんと10万円のカタログギフト。
中身はわかりませんが興味を引きますね!
キャンペーンの詳細はこちらからご確認くださいませ。

234x60_a

|

本日のチャートポイント(12月9日)

Hendou Majino

おはようございます しろふくろうです!

週明けの為替市場は、主要通貨でのドル売りが進みました。
株価も堅調でクロス円もやや円安で推移しています。
しかしながらドル円は終値の変動率が0%と言う状況でまずは8:50のGDP二次速報値、NIKKEI動向に注目したいと思います。
また今週週足NR7の発生していたユーロは、原油が40ドルでサポートされたこともあり堅調に推移、昨日コメントしましたドルカナダは直近の61.8%レベルでサポートされて本日の政策金利を迎えるなどなかなか見所が多い一日となりそうです。

【ピボットシステムトレード】Pivot_2

本日は日足NR7の発生はありません。

【本日のチャート】
Ed_3 Ana_3

金曜日は雇用統計後に売り込まれたユーロドルですが、昨日は245ptのしっかりとした陽線が出現しました。
日足チャートを見ると、再度水色の三角持合の上のトレンドラインを試しつつあります。
一目均衡表は、転換線>基準線となり、ローソク足が転換線より上で推移しています。
遅行線はローソク足と摩擦し再度上抜けトライが成功するか?持ち合いの最終局面、かつ週足NR7の発生もあり注目したいところです。
表は、PDF版にてFXマガジンにて配信している、ピボットアナリシスですが、昨日の安値はウイークリーピボット値でサポートされました。
今週も1.27は引き続きサポートレベルとして重要なポイントとなりそうです。

本日もよろしくお願いいたします。



「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc


SAZAインベスト限定、三沢氏の投資本プレゼント中です!

|

2008年12月 8日 (月)

メタトレーダーのODLがキャンペーン実施中です!

002
こんにちは しろふくろうです!
日本国内でメタトレーダーを口座開設できる数少ない取引業者であるODLjapanさんが、Holiday Season感謝プレゼントキャンペーンを実施中です。
12月30日までに口座開設し、初回入金後1回以上の取引を行った方を対象に抽選で100名に豪華なプレゼントが当ります。

写真を見ると、ニンテンドーDSやipod nanoなどの人気商品の中に、dysonのサイクロン掃除機や、Harrodsのかばんなどもありさすが英国資本の会社だなと思いました。
今回のキャンペーンは、ODLjapanに口座開設後、まだ入金のない方も12月30日までに入金+1回の取引で対象となるそうです。(詳しくは、キャンペーンページをご覧ください。)

この機会にメタトレーダーでのトレードにトライしてみてはいかがですか?

081208_odl_234x60





|

本日のチャートポイント(12月8日)

Hendou_d Hendou_w
Majino
おはようございます しろふくろうです!
先週末から冷え込みが厳しくなり、関西も最低気温が1℃とか・・・朝起きるのがつらいですね。

相場のほうは、先週末の非常に悪い米国雇用統計の結果を今週どのように織込んでいくのか?ここからクリスマスまではだんだんと取引が薄くなり値動きが荒くなる傾向がありますのであまり無理をしたくないところです。
今週は、ユーロドル、ユーロ円、ランド円に週足のNR7が発生しています。
いずれも持ち合いがどんどん狭まってきましたので、突発的な値動きには注意したいところです。

【ピボットシステムトレード】Pivot_d Pivot_w
本日は日足NR7の発生はありません。
週足は既報のとおり、ユーロドル、ユーロ円、ランド円にNR7が発生しています。値幅の拡大のご注意ください。

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

【本日のチャート】
200812080728
ちょっと興味深いチャートがありますのでご紹介します。
チャートはドルカナダの日足チャートですが、1.3から1.145まで急落後再度1.3をつけてWトップ形成か?と思われましたが、1.2115で切返して先週金曜日に再度1.3を付けに行きました。
1.3を超えて一段高、1.2115を割れてトリプルトップ形成の可能性といずれにしても面白いチャート進行となっています。
RSIを見るとこちらは値動きの荒さとは反して三角持合の形状で50をはさみほぼニュートラルとなっており、オシレーターのブレイクも値動きの参考にしたいところです。
オセアニアタイムは豪ドルドル、欧州タイムはユーロドル、北米タイムはドルカナダなどの株式市場が開いているメイン通過を取引するのも面白いと思います。
RSIの形状も煮詰まっており、そろそろ持ち合いハナレを予感させるこの通貨、ドルの強弱を占う上でも注目したいと思います。

今週もよろしくお願いいたします。

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc


SAZAインベスト限定、三沢氏の投資本プレゼント中です!




|

2008年12月 7日 (日)

WTIの長期サポート

Wti_w
こんにちは しろふくろうです!

週末の雇用統計は、NFPが事前予想を大幅に上回る53.3万人の減少となりました。オバマ次期大統領は250万の雇用創出が必要とコメントされたようですが、週の新規失業が50万人ペースで継続している現状かなり抜本的な計画が無い限り雇用の悪化はしばらく続きそうな様相となってきました。
しかし相場のほうはわからないもので、発表直後こそドル売りのリアクションでしたがその後はじわじわとドル買いとなり、株価がやや買い戻し、原油金のコモディティは続落で原油(WTI)は40.5ドルまで下落しました。
メリルは25ドル説も出てきて地合は悪いままとなっています。

個人的には50ドルのサポートに期待していたのですが、市場は後一段の売りを試しているようです。
上のチャートは88年からの週足原油チャートですが、10年間もみ合ったレンジの上限41ドル、37ドルには重要なサポートが確認できます。
仮に99年の安値10.76を基点とした波動を考えてみると、今年の高値までの値幅が134.53ドルで、40ドル付近は78.6%水準となっており、フィボナッチリトレイスメントでも重要なチャートポイントとなっています。
5ヶ月間で100ドル以上下落した原油チャート、37-40ドルの重要なサポートラインの攻防に注目したいと思います。

■ピボットメルマガ読者の皆様へ
明日発行予定のメルマガのPDFをサポートサイトにアップいたしました。
来週の計画にお役立てくださいませ。


先日から、この本を読んでいます。
12月4日に初版がでた、ラリー・ペサントの「フィボナッチ逆張り売買法」という本ですが、フィボナッチと、エクスパンションの考え方が明快にあり先ほどの78.6%のマイナーフィボナッチもこの本からの受け売りです。いろんなチャートで検証していますがこの数字は61.8%というメジャーフィボナッチ以上に重要なポイントとして注目しています。
6090円という相変わらず高い本ですが、十分元が取れると思いますのでフィボナッチトレードに興味のある方はぜひ一読をお勧めします。
(もう少しで完読ですので、秘伝書に入れたいと考えています)

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc


SAZAインベスト限定、三沢氏の投資本プレゼント中です!

|

2008年12月 5日 (金)

本日のチャートポイント(12月5日)

Hendou Majino

おはようございます しろふくろうです!

昨日までの好天も一転朝から雨と雷の一日です。
神戸では昨日から、ルミナリエがスタートしました(最初の週末ですがあいにくの天気となってしまいましたが持ち直すといいですね)。毎年相変わらずの人出でにぎわうのですが、点灯開始直後はかなり混雑しますが、20時位を過ぎるとずいぶんとゆっくり見れますのでちょっと遅めがいいと思いますよ。

さて相場のほうは昨日英欧の政策金利発表がありましたが、BOE-100bp、ECB-75bpと予想の範疇でしたが、先に発表されたスゥエーデンの金利は-175bpという大幅なもので直後にポンド、ユーロともに売り込まれましたが、BOE・ECBの発表後には下値も限定で買い戻しの流れとなりました。
クロス円も上昇に転じましたが、NYダウが下げ幅を拡大し引けにかけて売られています。
本日米国雇用統計!新規失業保険申請件数の増加などから悪い数字が織込まれているとはいえ、実体経済の悪化が鮮明となる中予想以上の結果(悪い数字)、ドル売りの可能性も視野に入れておきたいところです。

【ピボットシステムトレード】Pivot_2

本日はNR7の発生はありません。
指値も雇用統計の前にははずしておきたいところです。

【本日のチャート】
200812050814 Ana_2

チャートは昨日最も強かった?ドルスイスの4Hチャートです。
チャートには、ウイークリーピボット値とマンスリーピボット値を入れています。
(※FXDDメタトレーダー4にピボットAUTOインディケーターにて表示しています)
表は、PDF版にてFXマガジンにて配信している、ピボットアナリシスですが、ウイークリーピボット値、マンスリーピボット値の下で引けてベアサイド(スイス買いドル売り)に突入しました。
昨日は水色のトレンドライン割れと、ウイークリーピボット値割れで2つのサインでのショートエントリーとなりましたがきれいに走っています。
現在の値位置は11月28日に発生したローソク足の孕みを下抜け、マンスリーピボット値にからむ展開となっています。
本日は雇用統計で予想が難しいところですが、デイリーピボット値までの戻りを期待しウイークリーピボット値をレジスタンスにひとまず考えたいと思います。
本日もよろしくお願いいたします。

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc


SAZAインベスト限定、三沢氏の投資本プレゼント中です!

|

2008年12月 4日 (木)

本日のチャートポイント(12月4日)

Hendou Majino

おはようございます しろふくろうです!

早朝のRBNZの政策金利発表は150bpの利下げで5.0%となりました。その後のボラード中銀総裁のコメントで急騰しています。↑左の変動率のグラフを見ると、相変わらず売りの標的のポンドの下落が目立ちますが(キウイの発表後にそれ以上に上がった豪ドルも目立ちます)各通貨ほぼ前日の終値と同じ水準で上下にばたばたした割には方向感の無い状況が続いています。
ドル円も92円台半ばまで売られましたが終値は93円台と下値もしっかりという感もあり小さな寄引同時線が2つ並び少し流れを見たいところです。(売り仕掛けも躊躇されます)
本日は、政策金利週間の締めでかつ重要なBOE、ECBの政策金利発表があります。
両通貨とも大幅利下げを織込みつつありますが、ECBは発表後のトリシェ総裁のコメントに注目が集まります。豪州、キウイとも利下げ後の反応は売りより買いでしたが、本日も織込み済みで↑となるか?それとも7月の再来でトリガーとなって下落するのか?いずれにしても発表までは慎重に行きたいところです。

【ピボットシステムトレード】Pivot

本日はNR7の発生はありません。
週足を見てもポンド円以外は週足NR7にもかかわらず小幅な値動きで、ウイークリーピボット値をはさんでの値動きに注目したいと思います。

【本日のチャート】
Py チャートは昨日年初来安値を更新したポンド円の日足チャートです。
今年の年足で見ると、高値222.76円から安値136.26円までなんと85.53円も下落し、始値221.79円からの下落率は38%にも上ります。
年足チャートを見るとひげのほとんど無い陰線で一直線に下落しているのがわかります。
さてそんな弱々のポンド円ですが、日足チャートを見ると。値幅の収縮が起こっているように見えます。
青色と赤色の2本のトレンドラインではさまれた三角形でウエッジ形成が見れられ、直近のローソク足も小さなレンジで推移しエネルギーが溜まりつつあるようです。
RSIを見ると、日足チャートの下落に反してRSIの上昇(ダイバージェンス)が発生しており、ここからの売りは正直躊躇するものがあります。(ポンドドルもRSIは50を超えて上昇中)
ウエッジ形成の場合なら、青色のトレンドラインブレイクはチャンスとなりそうなので、本日の政策金利発表も含めてここ数日の値動きに注目したいと思います。
本日もよろしくお願いいたします。

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc


SAZAインベスト限定、三沢氏の投資本プレゼント中です!

|

2008年12月 3日 (水)

ドル円アンケート結果のご報告

200812031048
こんにちは しろふくろうです!

週末から投票いただきましたアンケートの結果をご報告いたします。

全体で186票の投票で、円高方向が53%、円安方向が47%とこちらも最近のモミアイを反映する様な結果となりました。
90-100のレンジを越えてくるとの予想は28%ほどでおおむねこのままモミアイが継続するとの意見が多いようです。
月初から、株価動向に引っ張られてドル円は円高にふれていますが、ここからの月末に今回のアンケートの結果も交えて振り返ってみたいと思います。

がんばっていきましょう!

|

本日のチャートポイント(12月3日)

Hendou Majino

おはようございます しろふくろうです!

昨日は、月曜日の荒れ相場とは一転、各通貨狭いレンジでの値動きとなりました。
指標ラッシュの今週の中で、比較的指標発表も少なく今日移行にエネルギーを温存していたような相場展開となりました。
日足のNR7こそ出ていませんが、各通貨小さなローソク足で値幅の拡大に注意したいところです。
本日は、金曜日の米国雇用統計の前哨戦、ADP全国雇用者数の発表があります。ここのところ増加している週間の新規失業保険申請件数から雇用の悪化は鮮明ですが予想値に対しての範疇か?注目したいと思います。

【ピボットシステムトレード】Pivot_2
本日は日足NR7の発生はありません。

【本日のチャート】
Usd Chf Ana

チャートはにドルの強弱を見るのに使っているドルインデックスチャート(stockchart.comでフリーで見れます。http://stockcharts.com/h-sc/ui)とドルスイスの日足チャートです。
この2つのチャートはどちらもよく似た動きで注目しているのですが8月の急騰以来、いずれもここにきてモミアイ色が強まってきました。ドルインデックスはRSIがやや頭打ちになっており、ドルスイスは孕み線が発生。きっかけ待ちのようです。
インデックスでは直近の重要なサポートと50MAが重なる83が重要なサポートとなりそうです。
スイスは昨日もテクニカルポイントを意識した動きとなりました。
カラフルな表は、PDF版にてFXマガジンにて配信している、ピボットアナリシスですが、安値はマンスリーピボット値でサポート、終値はウイークリーピボット値がサポートでまだまだドルブルサイドの展開ながら、ずいぶんと攻め込まれてきました。
本日もウイークリーピボット値付近のスタートでここからの動きに注目したいと思います。

本日もよろしくお願いいたします。

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc


SAZAインベスト限定、三沢氏の投資本プレゼント中です!


|

2008年12月 2日 (火)

結構いいところ押さえています。

こんにちは、しろふくろうです。

相場のほうは、今日の日中のメインイベント、RBAのキャッシュターゲット街で膠着しています。(NIKKEIはずいぶん下げたようですが、為替はうごきませんね)

10月急落でランド円が7円台をつけて、実はランドを長期で買おうと思っていたのですがなかなかタイミングというか、踏ん切りがつきませんでした。
長期なので、信託保全が完備していることが必須で、低スプレッドの業者はどうもスプレッドがワイドであったことも相場以外の要因だったのですが、先日信託保全+証拠金に金利がつくとご紹介した「アイトレードFX」ですが、通貨ペアの品揃えがなかなかつぼを押さえています。
002
全部で32の通貨ペアがあるようですが、ほぼこれだけあれば一般的には満足できる通貨ペア数となっています。

特に、ランド、トルコリラ円加えてメキシコペソ、スエーデンクローナ、のノルウエークローネなどの通貨があるのが特徴です。
AUD/NZDのオセアニアクロスやEUR/SEKといったユーロクロスも充実しているのであオセアニアタイムはオセアニアクロス、欧州タイムは欧州クロスでの主戦場での取引といったことも面白いかも知れません。
スプレッドの狭いトレーディング会社に加えて、通貨ペアの充実した証拠金会社を持っておくのは幅が広がるかも知れませんね。

個人的には、オージーキウイ、オージードルでRBAは挑みたいと思います。

がんばっていきましょう!

スワップだけじゃなく、口座残高に金利がつく新サービス!+証拠金プラス
234x60_a

|

本日のチャートポイント(12月2日)

Hendou Majino

おはようございます しろふくろうです!

サンクスギビング明けの月曜日、株価下落で円高が進みました。
※軒並み日足NR7の発生していた、ドル円、クロス円は大きく円高方向に値幅を拡大しています。
昨日発表の米国経済指標も軒並み予想以下(絶対値もかなり悪い)で、実体経済の悪化がかなり鮮明となっています。
全米経済研究所は、米国はすでに2007年12月にリセッション入りしたと表明しました。
今週末の雇用統計もかなり悪い数字になりそうで、先月バフェット氏が言及したように失業率はFRB予想(確か今年の年初には12月末が6%と言う数字が出ていたと思いますがすでに超えています)よりはるかに悪化するであろうが、どの程度の数字になるのか?個人的には非常に気になっています。
また、ビッグスリーの再建策提出(確か5日に米国自動車産業支援の公聴会)自動車産業支援法審議の動向に注目が集まりそうです。
とにかく今週は月曜日からヘビーな相場となりましたが、まだまだ週末まで何が起こるかわからない展開となりそうです。

【ピボットシステムトレード】Pivot_3

昨日の下落で、ドル円のピボット値の間隔が開いていますのでご注意ください。

本日はNR7の発生はありません。

【本日のチャート】
200812020857_2 Ana_4

チャートは、ドル円の日足チャートですが、注目していた一目均衡表の遅行線は、日々線を上抜けることができず、本日26日前の長大陽線と衝突しています。
このまま推移すると、明日は再度遅行線が日々線の下に埋没し、上値が重くなる可能性が高まり本日の値動きには注目したいところです。
もうひとつの表は、PDF版にてFXマガジンにて配信している、ピボットアナリシスですが、昨日の値動きは高値がウイークリーピボット値で抑えられ、安値がウイークリーB2(BUY2)でサポートされているのが確認できます。
値光線の動きと合わせて、このレンジ(ザラ場では下値を抜けましたが)に注目したいと思います。

本日もよろしくお願いいたします。

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc


SAZAインベスト限定、三沢氏の投資本プレゼント中です!


|

2008年12月 1日 (月)

12月のユーロドルは例年小動き・・・今年はどうなる?

Ed_m
こんにちは しろふくろうです!

朝の記事でかけなかったユーロドルのチャート分析です。
月足→週足→日足で見てみたいと思います。
12月のユーロドルは例年比較的小動きで、そして月末にかけてドルのレパトリエーションでドル高傾向になることが多いようです。
先月の月足チャートは、10月の長大陰線の中に納まる、上下にヒゲのある実態部の小さなローソク足で、上下いずれにでも動きそうな形となっています。
上値は一目遅行線、下値は雲の上限にはさまれて持ち合いをどちらに抜けるか?注目したいと思います。
ここでのチャートポイントは1.275の先月の中心値、そしてマンスリーピボット値1.2731を今週どちらに抜けてくるか?注目したいと思います。

Ed_w Haguro

次は週足チャートですが、週足は上髭の長いローソク足が並び、ユーロの上値の重さを意識させます。
先週の羽黒法を見ると、一号線で小動きを示唆していますが、こちらも中心地1.2821を境に日足の終値の推移に注目したいと思います。
ちなみに、週足は1.3を6週連続で終値が超えておらず、ユーロ上昇には1.3を終値で抜けてくる必要があります。
また下値は1.25が重要なサポートでこのレンジをどちらに抜けてくるか?当面のポイントとなりそうです。

月足中心値、羽黒中心値のデーターも、PDF版にてFXマガジンにて網羅しています。(FXマガジンに会員登録後にお進みください)

Ed_d
最後に日足チャートです。
個人的には、水色のレンジ(11/13日のローソクの孕み)にちゅうもくしていましたが、一旦上抜けし、一目の基準線、転換線を越えて堅調と思ったところ、金曜日の薄商いの中、(ロシア系の売り?)値を崩しました。
遅行線もローソク足の上に出ることができず、まだ方向感が定まらない状況です。
対極的には1.2326-1.3295のレンジを抜けるのを待つことになりそうですが、週足の動きとあわせて1.25-1.3を次に日足で抜けたほうに12月の方向が出るのではないかと考えています。

それでは、本年最後の月、いい形で終われるようにがんばりましょう!

「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中!


ご購読はこち らから

NR7がケータイメールが20日間お試し可能です!
Cads7hgc


|

本日のチャートポイント(12月1日)

Hendou_d Hendou_w Hendou_m Majino

おはようございます しろふくろうです!
本年も残り1ヶ月となりました。早いですね。。。(だんだんと年を重ねる毎に一年が早く感じます。)12月は毎年取引が薄くなり、年末(クリスマス)にむけて値が飛びやすくなりますので注意したいですね。また後ほどチャートにもまとめてみますが、ドルのレパトリエーションがおきドル買い傾向が強い月となっていますが、今年は例年とは違う展開だけに劣化したFRBのバランスシートや雇用、小売などの実体経済へフォーカスされるとドル売りが進む可能性もありそうです。
特に今週は、金利週間で豪、NZ、英、欧の政策金利の発表、FOMCのたたき台であるベージュブック、そして週末には米国雇用統計と盛りだくさんの中で方向感を探る展開となりそうです。
個人的には重要なチャートポイントと日々の値動きを丁寧に確認していきたいと考えています。

【ピボットシステムトレード】Pivot_d Pivot_w Pivot_m

本日より、メルマガはPDF版にてFXマガジンよりお届けしております。

先週の小動きで、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、キウイ円、カナダ円、ランド円に週足NR7、ドル円、ポンド円、豪ドル円、キウイ円、ポンドドルに日足NR7が発生しています。
注)NR7は値幅の収縮を表すサインで、持ち合いの最終局面を示唆します。(詳しくは秘伝書スイングトレード入門を参照ください。)

Pivot_ana
左の表は、新しいピボットシステムメルマガで配信している、ピットアナリシスです。
今回はPDFで画像等も扱えますのでいろいろと情報を多くお届けできると思います。
その中でも、「ピボットを使い倒す!」ためにデイリー、ウイークリー、マンスリーのピボットレベルと前日のハイ・ロー・クローズの値位置が一目で確認できるものとしてうまくご活用いただけるのではないかと思います。(実は私がこれまでも使っていた資料ですが、PDF化で配信が可能となりました)
また、メルマガには説明を加えていますが、ブルベア判断をつけています。
ちなみに、ユーロドルではデイリー、ウイークリーマンスリー共にベア↓方向のサインが今のところ出ています。
こちらは、実際の今日の配信データーですので、ドル円、ユーロドルだけですがご活用くださいませ。
FXマガジンは、まずは無料の会員登録をしないとコンテンツの確認ができませんが、中には野村雅道さん、松田哲さんなどのプロの方のオリジナルコンテンツが多く並んでいますので一度ごらんいただければと思います。

本日チャートは、ユーロドルチャートを後ほどアップさせていただきます。

今週もよろしくお願いいたします。


「しろふくろうのFXピボット2」FXマガジンにて 執筆中
!


ご購読はこち らから

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »