« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

本日のチャートポイント・・・民主圧勝!政権交代!

Hendou_d Hendou_w
おはようございます しろふくろうです!

木曜日から昨日まで出かけていまして更新ができませんでした。PCを持っていって記事の更新をしようと思っていたたのですが、ネット環境が余りよくなかったので断念・・・申し訳ございませんでした。
選挙のほうは、事前に不在者投票をしていたのですが、昨日の夜帰宅してテレビを見ると、民主党が単独で過半数を獲得の圧勝でした。政権交代はほぼ折込済みの状況でしたが、最終308議席という圧倒的な勝利でこれが株価、為替にどのように影響を及ぼすのか?週明けの市場に注目したいと思います。

まずは先ほどデーターのみですが、まとめましたのでアップいたします。
ドル円、ユーロ円は2週連続で週足NR7が発生しています。
またドル円は日足も67ptの日足NR7が発生と選挙結果待ちでしたが、月末要因も含めて本日は値幅の拡大に注意したいところです。

今週のPIVOTポイントをまとめましたので、こちらもご活用ください。
Pivot

ドル円は下値は93円がサポート、上値は金曜日高値94.07を超えてくると円売りのイメージです。また月足では94.72円が始値ですので月足が2ヶ月連続陰線となるのか?陽線引けとなるのか?とにかく終値がどの水準となるのか?見極めたいと思います。

月末最終営業日、がんばっていきましょう!

ODL JAPAN Royal Clubスタート!

ODL

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス

|

2009年8月26日 (水)

本日のチャートポイント(8月26日)

Hendou Pivot

おはようございます しろふくろうです!

昨日もレンジ内の動きが続いています。
ユーロ円、豪ドル円は手書きチャートの下降トレンドラインでしっかりと跳ね返されて反落、ドル円はハイローで83pt、ドルストレートもユーロ円108pt、ポンドドル113pt(ポンドドルは日足NR7)と金曜日に売られたドルですが、フォローがない状態です。
株価にらみの展開ながら、各通貨、煮詰まってきていますので突発的な値動きに注意したいところです。

Edd
チャートはユーロドルの日足チャートです。
少し見づらいですが、青色のトレンドチャンネル内でサイドウォークでモミアイが続いています。
日足ではピンク色の部分(金曜日のハイロー)で孕み足が発生しています。
下値は1.42がサポートになるかが本日もポイントとなりそうです。

先週も、青色の孕みを上抜けて上昇したユーロドルですが、後一段高となるか?1.42を下抜けてドル買いとなるのか?このレンジブレイクの行方に注目したいと思います。

本日もよろしくお願いいたします。


ODL JAPAN Royal Clubスタート!

ODL

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス


|

2009年8月25日 (火)

本日のチャートポイント(8月25日)・・・ドル円月足始値94.72円

Hendou_ Pivot
おはようございます しろふくろうです!

先週末にバーナンキFRB議長の景気底打ち発言で上昇したドル円クロス円ですが、週初月曜日は特に目立った指標もなく小動きな一日となりました。
ドル円は95円にタッチしましたが、そこからのフォローがなく94円台半ばに押し戻されての推移となっています。
今週は日・欧・英・米の指標発表が多く、まだまだ波乱が多そうな一週間です。

Dem De
チャートはドル円月足チャートと、4時間足のチャートにMTF_CCIを表示したものです。

今月始値は94.72円で、月足終値がここを超えて陽線引けとなるか注目したいと思います。
週足のチャートポイントはこちらの記事から変更はありません。

下のチャートを見ると、93円台からの急騰で、直近の下落トレンドが崩れているのが確認できます。
4時間のCCIは青、短期は赤とミックスの状態ですので判断が難しいところですが、直近の上昇の61.8%レベルのある94円がひとまずのサポートレベルと考えています。

ユーロ円、豪ドル円も日足の下降トレンドラインできっちりと頭を抑えられておりますので難しいところですが、いまのところドル円、クロス円共押し目待ちスタンスで行きたいと考えています。

本日もよろしくお願いいたします。

ODL JAPAN ロイヤルクラブスタート!

      ↓

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス

|

2009年8月24日 (月)

今週のPIVOT(8月24日週)

おはようございます しろふくろうです!

今週のPIVOT値をまとめましたのでご活用ください。

Pivot
月末前ですが、各通貨マンスリーPIVOT値をはさんでドル売り、円売り方向の値位置にあります。
マンスリーPIVOT値がしっかりとサポートとなるか?注目したいと思います。

今週もよろしくお願いいたします。

100種類を越すテクニカル指標を搭載したウルトラチャート!

FX取引

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス





|

2009年8月23日 (日)

トレードメッセンジャーサマリー(8月17日週)

200908231036
こんにちは しろふくろうです!

先週のトレードメッセンジャー 自動売買のサマリーです。

トレーダーが5名まで選べるようになって、トレーダーの追加を行いました。
先週からsmith氏とcollon氏を追加し、これまでのpark氏のポジションを減らしています。
smith氏、collon氏ともまだ1ロットづつの設定でしたので、あまりトレード回数は多くありませんが、実際にはsmith氏は47トレードしており、また週初に大きなドローダウンがありました。私の口座はたまたまそのポジションを持たなかったので週間ではいい結果となっていますが出入りの激しかった一週間だったようです。

Tm1 Tm2
こちらはスイングウエーバー社のサイトで見れるトレーダーのサマリー(口座を持った会員でなくても見れます)から拾ったsmith氏のデーターです。

上が週間の獲得pips数のグラフです。
26週に大きなドローダウンがありますがトータルでの収益曲線はかなり安定しており長期で大きなプロフィットをもたらせてくれるトレーダーです。

下の週間サマリーを見ると先週は47回のトレード回数でかなり多くエントリーをしています。
逆に先々週はトレンドが継続した一週間でうまく利益を伸ばしていることがわかります。
個人的な印象としては、やはりsmith氏を組み込むことは安定したpark氏とのバランスを考えても有効だと思います。

資金の都合もあり、全てのポジションを持つことは難しいと思いますが、各トレーダーへの投資バランスを考えるのがトレードメッセンジャーの面白さだと思います。

トレードメッセンジャーの運用にはサザインベストメントの、トレードメッセンジャー専用口座の開設が必要です。口座開設が一番時間がかかるので、興味のある方はまずは口座開設の申し込みをしてその間にいろいろと準備をするのがよいかと思います。

トレードメッセンジャーの記事①

トレードメッセンジャーの記事②

トレードメッセンジャーの記事③

トレードメッセンジャーの記事④

自動売買のPC設定の注意点(必読)

トレードメッセンジャー トレーダーの入替え方法

トレードメッセンジャー専用口座の開設はこちらから!
       ↓
トレードメッセンジャー(Trade Messenger)-サザインベストメント

|

2009年8月22日 (土)

フォレックス・トレードがバージョンアップ

Ft1
こんにちは しろふくろうです!

以前ご紹介した低スプレッドと高レバレッジで人気のフォレックストレードのトレードソフトがバージョンアップしました。
TRADE RHYTHM(トレードリズム)というインストール型のソフトで先日このようなインフォメーションがありました。
「スピード注文」という機能で、GFTのようなダッシュボードが追加されました。
この機能を使うには、ソフトウエアを再インストールする必要があります。

Ft2_2 バージョンを確認するにはツールバーのヘルプの中にバージョン情報出確認できます。
Ver.2.00となっていればそのままスピード注文に進めます。
違う場合は、一度アンインストールしてから再度インストールをします。
Space

Ft3

ツールバーのスピード注文を押すと、このような確認画面が立ち上がりますので、内容を確認して「同意する」ボタンを押します。Space

Ft4

SpaceFt5










先ほどの画面で「同意する」を押すとスピード注文画面が立ち上がります。

次に、スピード注文の設定を行いますメニューからツール→オプションを選択し「スピード注文」のタブを開きます。
この画面で取引する通貨ペアごとにレバレッジやスリッページ、取引ロットなどを設定できます。一度通貨別に設定しておけばあとは文字通りスピード注文が可能となります。

Space

個人的には、インストール型のプラットフォームが短期トレードには有利だと思いますが、今回の機能強化でさらにクイックにトレードができると思います。
また8月10日からユーロ円とポンド円のスプレッドが縮小、三井住友銀行での100%信託保全とリリース時よりますます使い勝手がよくなっています。

そして個人的にフォレックストレードで期待しているのは、Iphone用のアプリの登場!
まもなくリリースされるようなので、Iphoneの広い画面と、インターフェイスでモバイルトレードも楽しみです。

トレードツールを使うだけでキャッシュバックキャンペーン実施中です!
FX

|

クロス円底打ちなるか?・・・バナーナンキさん底打ち宣言

Hendou_d Hendou_w
こんにちは しろふくろうです!

先週は、お盆休み明け早々中国株価下落に伴う世界的な株安、そしてリスク回避からの円高進行が進んだ一週間でした。
ドル円、クロス円は3%近い下落でしたが、金曜NY市場での株価急上昇を受けドル円クロス円共プラスで引けました。
いまや中国が蛇口を閉めるか開くかがマネーの流れを左右する中、昨晩はバーナンキFRB議長の景気底入れ宣言?を受けての株価急上昇という久しぶりにわかりやすい動きで、クロス円も急騰しています。
来週初この流れが継続するか注目したいと思います。

Eyw Eyd Tegaki
チャートはユーロ円の週足一目均衡表、日足一目均衡表チャート、そして一番下が手書きでつけているユーロ円チャートです。

昨日ユーロ円は日足NR7が発生、トウキョウタイムは中国の自己資本比率規制でクロス円下落し前日の安値を割れました。
週足チャートでは一目の雲の中出推移しており、上値は半値戻しと雲の上限の重なる141円のレジスタンスに注目となります。

日足チャートを見ると下値は雲の上限が何とかサポートとなっています。
昨日の下ヒゲ陽線で反転となるのか見極めたいと思います。

おまけで手書きチャートのご紹介です。
PCのチャートは縦横比が自動で調整されるのでいまひとつ値幅の感覚がつかみづらいところがあります。
今使っているのはKOKUYOのA3のグラフ用紙を縦にして書いているのですが、いろいろと書き込んで日々の方向を決めるのに役立っています。
昨日は赤色の水平線(これはあとからPCで描画したのですが)。
ここを超えて一旦下方向は終了(少なくとも手仕舞いサイン)となりました。
月曜日はこのグラフ用紙では136円が下降トレンドラインと交わるところですので、上値のチャートポイントとなります。

来週もよろしくお願いいたします。

100種類を越すテクニカル指標を搭載したウルトラチャート!

FX取引

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス

|

2009年8月21日 (金)

本日のチャートポイント(8月21日)・・・モチアイ注意

Hendou Pivot
おはようございます しろふくろうです!

週初からの株安が一段落したこともあり、為替のほうも小動きな一日となりました。

ユーロ円、豪ドル円、ユーロドルに日足NR7が発生しています。(ドル円も69ptで今週のNR7発生66ptに迫る小幅な一日でした)
注)NR7は値幅の収縮を表すサインで、持ち合いの最終局面を示唆します。(詳しくは秘伝書スイングトレード入門を参照ください。)
特に目立った指標もない中、週末を控えて突発的な値幅の拡大にご注意ください。

Dyd

Dy4

チャートは、94円台のチャートポイントでモチアイを形成しているドル円の日足チャート(上)と4時間チャート(下)です。
上のチャートで見ると、昨日の69ptの短いローソク足が水曜日のローソク足にすっぽりと孕んでいる状態となっています。(青色の■部分)

下の4時間足で見てみると下値が水曜安値の93.65、上値が94.95で、このレンジをどちらに抜けていくかに注目したいと思います。

ユーロ円、豪ドル円のクロス円も昨日は日足NR7ですので、株価クロス円動向に注意しながらの一日になりそうです。

本日もよろしくお願いいたします。

ODL JAPANは国内でメタトレーダーのライブトレードができるFX会社です

      ↓

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス

|

2009年8月20日 (木)

本日のチャートポイント(8月20日)

Hendou Pivot
おはようございます しろふくろうです!

昨日もロンドン時間はリスク回避の円高が進行し、ドル円は93円台に足を突っ込みました。
終値はいつもデーターを拾っているチャートでは94.01円と、かろうじて94円台で引けています。
こちらの記事でも書きましたが、94円は直近の上昇値幅の61.8%レベルでここで止まったか?今日の値動きを見極めたいところです。
ちなみに97.78からの下降トレンドラインが本日は94.5円付近にありますので、ここをしっかりと超えてこれるかが上値のポイントとなりそうです。

Wtic_2 Edd

チャートは今週注目しているユーロドルの日足チャート(下)とユーロドルの先行指標として注目しているWTI(原油)の日足チャート(上)です。
ODLのメタトレーダーのチャートに本で紹介しているEASYシステムにMTF_CCIを組み合わせた必勝チャートを表示させています。
ちなみにサブウインドウの設定は上から1H、4H、D1、Wとなっていますが、上位トレンドは青色で安定しています。

昨日書きましたようにユーロドルは日足の孕みを上抜けて1.42を回復しました。
中国が金融緩和の蛇口を絞って株価が下落しましたが、原油は非常に微妙な値位置にありました。
直近の高値を超えてきたことで78ドルの次のチャートポイントがみえてきました。
ユーロドルもまだまだ微妙な値位置ですが、昨日上抜けした1.415がサポートとなるか注目したいと思います。

本日もよろしくお願いいたします。

ODLならメタトレーダーでCFDのトレードもできます!

      ↓

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス

|

2009年8月19日 (水)

マルチタイムフレームハイローインディケーター

200908191327
こんにちは しろふくろうです!

先週からのドル買戻し(レパトリエーションか?)の流れに少し変化が出てきました。

チャートはODLのメタトレーダーのチャートに前の時間帯の4時間の高値安値のレンジを自動で表示させるインディケーターをプロットしたものです。

チャートの時間足は1Hですが、黄色の点線で4時間のレンジを表示しています。
上のチャートで、赤色の○の部分でローソク足が下抜け下落トレンド開始、水色の○の部分で上抜け一旦手仕舞いというイメージです。


4HのNR7シグナル の考え方にも通じるのですが、高値更新、安値更新でエントリーそしてエントリーと反対のサインで手仕舞いというシンプルな手法です。

マルチタイムの設定で、日足に週足、5分チャートに1時間の高値安値という使い方もできます。

友人のプラモビットさんのサイトで無料でダウンロードできますので、ぜひお試しください。

ハイローマルチタイムフレームインディケーター(無料)

ODL JAPANは国内でメタトレーダーのライブトレードができるFX会社です

      ↓

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス

|

本日のチャートポイント(8月19日)

Hendou_2 Pivot
おはようございます しろふくろうです。

月曜日の中国株下落による世界的な株価下落ショックも昨日は落ち着きを見せ円高、ドル高の流れも反転の兆しが出ています。
ユーロドル、ポンドドルはウイークリーピット値を回復しました。
まだまだ方向感が明確ではありませんが、ひとまず短期チャートは円売り、ドル売り方向にあるようです。

Edd
日曜日に書きました、ユーロドルチャート分析ですが、同じチャートを日足にて確認したいと思います。

このチャートでも13、20、50、200の移動平均線が順に並んでおりひとまず上向きのトレンドが確認できます。
現状水色の50EMAがサポートとして意識されているようです。
メタトレーダーのチャートのサブウインドウには本で紹介しているMTF_CCIチャートをアレンジしたものですが、一番下の月足、その上の週足は青、上から2番目の日足が赤、そして一番上の4時間が青という状況です。
チャートでは青色の部分で昨日孕み線の状態(前日のローソク足にすっぽりと高値安値が入っている)で、昨日の高値安値をどちらに抜けていくか?注目したいと思います。
ちなみに上値は先ほど1.417を試しました。
1.418には週足一目均衡表の雲の上限がありますので、こちらも引き続き重要なチャートポイントとなっています。
基本ユーロは強気継続のスタンスですが、水色の50EMAを下抜けた場合は一段の押しも警戒が必要です。

本日もよろしくお願いいたします。

ODL JAPANは国内でメタトレーダーのライブトレードができるFX会社です

      ↓

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス

|

2009年8月18日 (火)

ドル円 94円サポートなるか?

Hendou
おはようございます しろふくろうです!

昨日は急な仕事が入り朝からばたばたしていて更新ができずに申し訳ございませんでした。

相場のほうは、世界的な株安で円高・ドル高が進んでいます(このあたりのロジックもちょっと疑問ですが、とにかくクロス円は調整下落しています)
ドル円は、昨日の値幅が66ptの日足NR7発生となっており対ドルでのドル買いの影響もあり狭いレンジでの推移となっています。
注)NR7は値幅の収縮を表すサインで、持ち合いの最終局面を示唆します。(詳しくは秘伝書スイングトレード入門を参照ください。)

Pivot
「pivot.png」をダウンロード

左の画像は、昨日アップできなかった今週のPIVOTポイントです。
ファイルでダウンロードできるようにしましたので興味のある方はダウンロードしてみてください。
月の半ばですが、ドル円は94.46のマンスリーピボット値にタッチしました。
ピボット値は、デイリー、ウイークリー、マンスリーにかかわらず月内にピボット値に到達する確率が70%ほどあります。
94円台はいくつかのチャートポイントが重なる重要なポイントですので、ここ数日の値動きには注意したいところです。

 

Dy

チャートはドル円の日足チャートに重要な高安からのフィボナッチリトレイスメントと、マンスリーピボット値をひいいたものです。

C-Dの61.8%に94.04円、そしてA-Bの50%94.27円、マンスリーピボット値94.46円と94円台前半のサポートを抜けてくるかが一段の円高の分水嶺になりそうです。

ゴールドマンサックスのドル円の105円ターゲット説が出たところでの急な円高方向への切返しですが、まずは94円前半の攻防に注目したいと思います。

今週もよろしくお願いいたします。

ODL JAPANは国内でメタトレーダーのライブトレードができるFX会社です

      ↓

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス

|

2009年8月16日 (日)

トレードメッセンジャー・・・シグナルが5つまで選べるようになりました!

Sw
こんにちは しろふくろうです!

6月から運用しているトレードメッセンジャー自動売買ですが、いよいよ待望の!トレーダー数(シグナルプロバイダー)数が3→5へのバージョンアップされました!

トレードメッセンジャーにも慣れてきて、現在はpark氏のみがオリジナルメンバーで運用しているのですが、やはりいろいろなシグナルを検証するには3名ではちょっと使い勝手が悪かったので、非常に投資家向きの今回の改良は大歓迎です。

そんなわけで、上の画像のメンバーで5名のシグナルプロバイダーを来週から検証、運用していこうと思います。

Sw2
今回5名に変更になったことで、以前から気になっていたcollon氏を追加してみました。
おそらく日本人トレーダーのcollun氏はUSDJPYで安定した実績を出しています。
またトウキョウタイム中心のトレーダーなので、欧州タイムが主戦場の方が多いなか時間帯の分散も考えてみたいと思います。

今週はpark氏はお盆休み?でノートレードだったので来週以降は少しバランスを変更してみたいと思います。

トレードメッセンジャーの運用にはサザインベストメントの、トレードメッセンジャー専用口座の開設が必要です。口座開設が一番時間がかかるので、興味のある方はまずは口座開設の申し込みをしてその間にいろいろと準備をするのがよいかと思います。

トレードメッセンジャーの記事①

トレードメッセンジャーの記事②

トレードメッセンジャーの記事③

トレードメッセンジャーの記事④

自動売買のPC設定の注意点(必読)

トレードメッセンジャー トレーダーの入替え方法

トレードメッセンジャー専用口座の開設はこちらから!
       ↓
トレードメッセンジャー(Trade Messenger)-サザインベストメント

|

ユーロドルは雲の上限がサポート?

Henodu_d Hendou_w
こんにちは しろふくろうです!

お盆休みいかがお過ごしですか?しろふくろはお墓参りのみで遠出はしませんでしたが、東名高速の復旧工事も何とか上りのUターンに間に合ったようで帰省の方にとっては一安心といったところですね。

相場のほうは、1週目週末の雇用統計での円売りの動きを打ち消し、一方的な円高の一週間となりました。
ドル円を例にみると、先々週3%の上昇で、先週は-2.7%の下落(いずれも終値の変動率)となっています。
毎年8月15日はヘッジファンドの11月分の解約期限(45日ルール)が注目され、円高傾向になることが多いのですが、今年もデーター通りの円高となりました。
来週からは相場の厚みも出てくると思われ、また8月末の総選挙を控えての動きに注目したいと思います。

Edw
Edw2 チャートはユーロドルの週足一目均衡表と、下がメタトレーダーのチャートに本で紹介しているMTF_CCIチャートを週足に変更したものです。

まずユーロドルは一目均衡表の雲の上限1.418がサポートとなりました。(終値が雲の上で引け)
安値は週足基準線がサポートとなっているようです。

下のチャートは週足チャートに、13、20、50、200EMAの移動平均線と、MTF_CCIをプロットしたものです。

CCIの期間は上から43200、10080、1440、240をパラメーター設定しています。

(本のp174を参考に入力してください。)
43200は月足の設定値となります。
このチャートでは上から4H、D、W、MNのCCIとなっていますが、一番下の月足、そして3番目の週足がしっかりと青色継続中となっています。
また移動平均線を見ると水色の50EMAのレジスタンスを超えて短期線から長期線まできれいに順に並んできています
ひとまず青色のトレンドチャンネル内での上昇継続中で、1.47を試す可能性が高いのではと考えています。
しばチャンネルの上限と下限の間を時間調整中となるか、チャンネルの下限を下抜けてくるのか?まずは下値に関しては1.40のサポートに注目したいと思います。

来週もよろしくお願いいたします。

ODL JAPANは国内でメタトレーダーのライブトレードができるFX会社です

      ↓

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス

|

2009年8月13日 (木)

本日のチャートポイント(8月13日)

Hendou Pivot
おはようございます しろふくろうです。

注目のFOMCが終わりました。
FF金利は据え置き、注目の国債買入れ規模は据え置きという結果で発表後は各通貨乱高下(久しぶりにライブで見てました)で、少しだけユーロドルのロングでトレードして終了しました。
チャートを見ていると、株価の上昇が鮮明でしたが、為替は流動性の薄い中よく動くなというのが印象でした。
いずれにしても、日本勢はお盆休みに入っているところが多いので欧州タイムの動き待ちとなりそうです。

Pdd
Pd4 チャートはポンドドルの日足一目均衡表チャートと、下がメタトレーダーのチャートに本でダウンロードで紹介している4時間のMTF_CCIチャートです。
日足一目均衡表チャートは遅行線が好転を継続、また雲の上限がサポートながら2日続けて1.65付近で十字線で引けており判断が難しいところです。
ちなみに昨日の安値は直近の上昇(1.5983-1.7043)の61.8%押しの水準となっています。

4時間のMTF_CCIチャートは、本のテンプレートのd(1H、4H、D、WのCCI)のほうですが、一番したのWは青色、そしてDが赤色、4Hが青色でミックスしている状態です。
昨日の日足高値を上抜ければ、上方向の可能性が高まるのではと見ていますが、お盆の薄商いのタイミングですのであまり無理をしたくないところです。
じっくりと方向感が出るのを待ちたいですね。

本日もよろしくお願いいたします。

ODL JAPANでしろふくろうの本プレゼントキャンペーン実施中です!

      ↓

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス



|

2009年8月12日 (水)

本日のチャートポイント(8月12日)・・・FOMC待ち

Hendou Pivot
おはようございます しろふくろうです!

本日深夜(13日3:15)のFOMC政策金利発表を控えて、クロス円を中心に調整が続いています。
ドルストレートは小幅な値動きの1日となり、ポンドドルはハイローで91ptの日足NR7が発生しています。
注)NR7は値幅の収縮を表すサインで、持ち合いの最終局面を示唆します。(詳しくは秘伝書スイングトレード入門を参照ください。)

200908121025
チャートは昨日に続きFXDDのメタトレーダーチャートにMTF_CCIを表示したものです。

昨日朝の時点では、4時間のCCIも青でしたが、昨日の続落で1H、4Hは赤のベア、日足、週足は青のブルとなっています。
FOMCを控えての調整の範疇ではありますが、ロングに関しては4時間のCCIが青になるまでは様子見となります。

本日もよろしくお願いいたします。

ODL JAPANでしろふくろうの本プレゼントキャンペーン実施中です!

      ↓

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス

|

2009年8月11日 (火)

本日のチャートポイント(8月11日)

Hendou Pivot
こんにちは しろふくろうです!

朝からばたばたしていまして更新が遅くなりました。

台風9号による豪雨の被害に続き、本日早朝の静岡での地震とお盆休みでの災害が続いています。
兵庫県も豪雨で死者が出るほどの被害で(宍粟郡は何度も行ったことがありますが非常に川と自然の豊かなところです)、一日も早い復旧、そして心よりお見舞い申し上げます。

相場のほうは、週末の流れを受けてのドル買の流れながら、ドル円に関してはFOMCを控えていること、そして週末の久々の大陽線(野村さんオハコのバケ線)でやや売りが先行しています。
今週はFOMCというイベントを控えて動きにくい展開となっていますが、96.3の上抜けによりドル円は買い場探しというイメージで今のところ考えています。

Dyd
チャートは日足が5本のFXDDFXDDのメタトレーダーチャートに、PIVOT AUTOインディケーターでウイークリーピボットを引いたものです。
またサブウインドウには、本で紹介している マルチタイムフレームCCIのパラメーターをM60、H4、D1、W1に変更したものをプロットしています。(設定方法はp174を参照ください)
まずは101.44からの下降トレンドラインを(トレンドチャンネル)を96.30付近で上方ブレイクし金曜日に急騰しました。
この流れで、MTF_CCIの一番下のウィークリートレンドも青色の買いとなり日足、週足が買い方向でそろいました
現状の値位置は、ウイークリーPIVOT値96.54を先ほどつけたところで、ここがまずはサポートとなるか注目したいと思います。

本日もよろしくお願いいたします。

ODL JAPANでしろふくろうの本プレゼントキャンペーン実施中です!

      ↓

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス

|

2009年8月10日 (月)

今週のpivotポイント(8月10日週)

Pivot
おはようございます しろふくろうです!

先週末からお盆休みの方も多いかと思いますが、全国的に台風の影響であいにく大雨の予報となっています。お出かけの方はご注意ください。

先週末の終値から今週のウイークリーピボット値、デイリーピボット値をまとめました。ご活用ください。
ドル円は金曜日の値幅がワイドで各ピボットポイントの間隔が開いています。
96.50付近にはデイリーとウイークリーのPIVOT値がありますのでひとまず押し目のポイントとして注目したいと思います。(統計的には70%ほどの確率でPIVOT値をつけていますので、デイリーはともかくウイークリーの間では下値の目処として意識しておきたいところです)

今週もよろしくお願いいたします。

ODL JAPANでしろふくろうの本プレゼントキャンペーン実施中です!

      ↓

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス






|

2009年8月 9日 (日)

ドル円チャンネルブレイク・・・週足レジスタンス

Hendou_d Henodou_w
こんにちは しろふくろうです!

政策金利週間、米国雇用統計というイベント週が終わりました。
週初は先週末の流れを受けて欧州通貨が強含む展開でしたが、金曜日の雇用統計で一転ドル買戻しの動きが加速しました。
特にドル円は、96.3円のチャンネルレジスタンスをブレイク、そして97円の節目もしっかりと越えて272ptの値幅となっています。

Dyw Dyd
チャートはドル円の週足一目均衡表チャートと、下がメタトレーダーのチャートに本でダウンロードで紹介している日足MTF_CCIチャートです。

こちらの記事に書いていましたように、上のチャートの赤色のチャンネルに注目していました。

95円を超えてからロングを仕込んでいたのですが、金曜日に赤色のチャンネルの上限96.3円付近をブレイクして上昇が加速しました。
週足チャートでは98.88円に一目の雲の上限が横たわっており、またピンク色の下降トレンドラインが重なりドル円の重要なレジスタンスとなりそうです。

日足のCCI(そして週足のCCI)も青色のロングを示唆しており強含みが予想されますが、直近の上昇の61.8%レベルを達成していることもあり週所の動きは見送り、一旦は押し目形成を待ちたいところです。

【先週のトレードメッセンジャー】
Tm


先週のサマリーに書きましたようにpark氏のロット数を増やしました。
月曜日から出張だったのですが、トレードメッセンジャーを動かしたままで出かけたのですが、システムそのものは問題なく動いていたようです。
しかしトレード回数は水曜日からの持合でpark氏はエントリーのきっかけがないまま週末の雇用統計でクロス円がマイナス決済となりトータルでは31.3ptという結果となっています。(増えているので問題ありませんが)
やはりトレード回数のもう少し稼げるトレーダーをもう一人入れたほうがバランスが取れそうです。短期ではないのでじっくりとシステムを使いこなせるようにしたいと思います。

来週もよろしくお願いいたします。

トレードメッセンジャーの運用にはサザインベストメントの、トレードメッセンジャー専用口座の開設が必要です。口座開設が一番時間がかかるので、興味のある方はまずは口座開設の申し込みをしてその間にいろいろと準備をするのがよいかと思います。

トレードメッセンジャーの記事①

トレードメッセンジャーの記事②

トレードメッセンジャーの記事③

トレードメッセンジャーの記事④

自動売買のPC設定の注意点(必読)

トレードメッセンジャー トレーダーの入替え方法

トレードメッセンジャー専用口座の開設はこちらから!
       ↓
トレードメッセンジャー(Trade Messenger)-サザインベストメント

|

2009年8月 7日 (金)

本日のチャートポイント(8月7日)

Pivot Hendou_2
おはようございます しろふくろうです。

昨日は更新ができずに申し訳ございませんでした。

今週は政策金利週間で、オーストラリアに続き、昨晩は英、欧の発表に注目が集まりました。
先のオーストラリアの金利動向が、緩和バイアスからニュートラルに変更の中、BOEは量的緩和を強化の流れとなりポンド売りが進みました。
1.7の節目をつけたこともありテクニカル的にも上値の重い印象があった中ハイローで282ptの急落となっています。
ユーロドルもポンドにつれ安の動きとなりましたが、6月の高値で一旦サポートされた形で本日の米国雇用統計を迎える形となっています。

Eur
チャートはユーロドルの4Hチャートです。、ODL JAPANのチャートに本でダウンロードできる□easy_sys_cciのテンプレートを反映したものです。
今週は月曜日の急騰以降イベントを控えて狭いレンジでの取引となっています。
昨日の売りで一番下の4時間CCIが赤に変わり、一旦ロングポジションの手仕舞いを示唆しています。
チャートには、日足の重要なサポートである6/8高値と7/1高値の線を引いていますが、昨日の安値は一旦6/8高値でサポートされた形となっています。
昨日安値われの場合は1.417-1.42レベルへの下落も視野に入れておく必要がありそうです。
ODL JAPANでしろふくろうの本プレゼントキャンペーン実施中です!

      ↓

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス




|

2009年8月 5日 (水)

本日のチャートポイント(8月5日)

Hendou Pivot
おはようございます しろふくろうです!

8月1週目の為替市場は、政策金利週間、そして週末の米国雇用統計を控えて狭いレンジの値動きとなっています。
ドルスイス、ユーロドル、ポンドドルに日足NR7が発生しており明日のBOE、ECB政策金利発表を前に一段高となるのか?調整のドル買戻しとなるのか?本日は欧州通貨の値動きに注目したいと思います。
注)NR7は値幅の収縮を表すサインで、持ち合いの最終局面を示唆します。(詳しくは秘伝書スイングトレード入門を参照ください。)

Ed
チャートは本日日足NR7の発生しているユーロドルの1Hチャートです。
メタトレーダー4チャートにNR7インディケーター の青色の日足のレンジがひかれていますが、ハイローで65ptと狭いレンジでのもみ合いとなっています。(日足のNR7を正確に確認するにはFXDDのメタトレーダーチャートが便利です
また20期間のボリンジャーバンドとボリンジャーバンドGAPのインディケーターを表示させていますが、こちらからも狭いレンジでの持ち合いが進行していることが確認できます。
NR7自体はトレードの方向までは示唆してくれませんが、昨日のハイローのブレイクは値幅の拡大が進む可能性がありますので、昨日のレンジブレイクに注目したいと思います。

本日もよろしくお願いいたします。

ODL JAPANでしろふくろうの本プレゼントキャンペーン実施中です!
      ↓

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス

|

2009年8月 4日 (火)

本日のチャートポイント(8月4日)

001
おはようございます しろふくろうです!
昨日は週末の流れを受けてクロス円売り、ドル売りが継続しました。

昨日から出張で、週末にロングポジションを閉じてしまいましたのでユーロドル、ポンドドルは良く上がるなという感じで傍観でした(ユーロドルの下にロングの指値を置いていましたがささりませんでした)。
ユーロ円は昨日日足NR7が発生していたのですが、こちらは金曜日の高値超えでロングの指値が入り上手くブレイクしてくれました。(こちらのポジションもクローズしています)

今週は、本日以降重要指標発表が続き週末の米国雇用統計までこのまま一方的な流れが続くとも考えにくく少し押し目形成を待ちたいと個人的にはイメージしています。

昨日更新できませんでした、今週(月足も更新しています)のピボット一覧を添付いたしますのでご活用ください。
P2

本日もよろしくお願いいたします。

口座開設するだけで超便利な「Fx Wave携帯メール」が無料で使えます!
        ↓

FX





|

2009年8月 2日 (日)

MTF_CCIを使ったトレード・・・書籍で紹介しているチャートシステムです!

こんにちは しろふくろうです!

先ほどの記事にも書きましたように、先週末はポンドドル、ユーロドルのロングをねらっていました。

「FXメタトレーダーで儲ける しろふくろうのスーパー投資術」のP167で紹介しているEASYシステムとマルチタイムフレームCCIを組見合わせたチャートを使ってのエントリーを少し説明してみたいと思います。

Cci1h_3  
こちらは、ODL JAPANのポンドドルチャート本でダウンロードできる□easy_sys_cci_dのテンプレートを反映したものです。
チャートは1時間表示で、下のMTF_CCIは上から1h、4h、D、Wとなっています。
CCIの見方としては青がブル(買い)赤がベア(売り)サイドという単純明快なシステムですので、黄色の↓のところで全ての時間軸が買いとなりました。
この時点でしろふくろうは買いトレードしか考えません。
本をごらんいただけるとわかりますが、ご紹介しているのはトレンドフォローのトレードです。ですのでCCIもトレンドが発生時に効果があるトレード手法で、方向感が合わないときや逆張りのトレードは避けるようにしています。

Cci15_2
次に同じチャートに□easy_sys_cci(dじゃないほう)のテンプレートを当てはめたポンドドルの15分チャートです。
こちらのCCIは上から15m、30m、1h、4hです。(詳しくは書籍にてご確認ください)
NYタイム入りで上から3つのcciが赤になりましたが、4hは青のままトレンドに変化はありません。
そして黄色の矢印の部分で全てのcciが青にそろいブル(買い)方向に傾きました。
APB(平均足)の色の変化もあわせてみると買い方向のエントリーのチャンスとの判断ができます。
あとは、フィボナッチターゲットを使った利食いポイントを参考までに入れていますが、1.66後半で利食いできれば最高のトレードといえるでしょう。

本の内容をフォローする意味でもいい形のトレードでしたのでご紹介させていただきました。
マルチタイムフレームの概念もあわせてうまくご活用いただければと思います。
CCIの具体的なセッティングに関しては書籍にてご確認ください。


ODL JAPANでしろふくろうの本プレゼントキャンペーン実施中です!
      ↓

NR7のレンジを自動的に表示します!
メタトレーダー4インジケーター

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス

|

7月おつかれさまでした・・・データー通りの小動き?

Hendou_d_2Hendou_w_2 Hendou_m







こんにちは しろふくろうです!
7月最終営業日お疲れ様でした。

最後の最後までポンドドルの買い持ちを引っ張っていたのですが、何とか引っ張れて無事決済できました。

月足も確定したので、データーをまとめたのですが、ドルスイス、ユーロドル、ポンドドルの欧州通貨は3通貨とも月足でNR7の発生となりました。注)NR7は値幅の収縮を表すサインで、持ち合いの最終局面を示唆します。(詳しくは秘伝書スイングトレード入門を参照ください。)
データー的には7月は円安傾向が強かったのですが、終わって見ると1.5%ほどの円高で引けており8月の展望も難しいところです。
月初まずは米国雇用統計の回復が見られ(雇用は景気の遅行指標ですので)、先行している経済指標を裏付けるのか?注目したいと思います。

【トレードメッセンジャーサマリー】Tm

7月最終週のトレードメッセンジャーサマリーと、6月からの月別のサマリーです。

先週はトレーダーの入れ替えを行いましたが、新規のトレーダーのトレード手法を見極めとしていたので実際に自動売買を行ったのはpark氏の2ロットのみでした。
6月にスタートしてから、しろふくろうのエントリーしたpark氏のトレードは全部収益に結びつきました。
ただ、park氏も他にはドローダウンにいたったトレードも何回かあったので、これはしろふくろうの最大ロット数を2にしていたので負けトレードにはたまたまエントリーしなかったということでラッキーな面も多々ありましたが、非常に満足できるトレード成績となっています。
ここまでで、park氏のエントリースタイルは一度に2つのポジションをとる傾向がありますので、彼のトレード枚数の上限を2ロットにしていた場合、次のエントリーはスルーすることになります。
来週は3ロットに上限引き上げを検討しようと思います。

8月もよろしくお願いいたします。

トレードメッセンジャーの運用にはサザインベストメントの、トレードメッセンジャー専用口座の開設が必要です。口座開設が一番時間がかかるので、興味のある方はまずは口座開設の申し込みをしてその間にいろいろと準備をするのがよいかと思います。

トレードメッセンジャーの記事①

トレードメッセンジャーの記事②

トレードメッセンジャーの記事③

トレードメッセンジャーの記事④

自動売買のPC設定の注意点(必読)

トレードメッセンジャー トレーダーの入替え方法

トレードメッセンジャー専用口座の開設はこちらから!
       ↓
トレードメッセンジャー(Trade Messenger)-サザインベストメント

|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »