« 年末年始特集 やっぱり弱かったオージー | トップページ | 今週のPIVOT値(12月29日) »

2014年12月26日 (金)

年末年始特集 ドル円の年間変動幅まとめ

おはようございます しろふくろうです!

今週は久しぶりに相場をはなれてゆっくり出来ていることと思います。

デイリーデータも一応まとめていますが、いかんせんクリスマスの閑散相場ですのであまりあてにならないので掲載はやめておきます。

そんなわけで毎年恒例の年末年始特集、今日はドル円の年間変動幅のまとめです。

20141226_74540

チャートにコメントをいれていますが、1990年以降のドル円の変動幅(高値ー安値)を棒グラフにしています。

過去24年の変動幅の平均が18.96円、10年間では15.66円となっておりこの10年のドル円は停滞期であったことが推察できます。

そして今年は高値=121.85円、安値=100.75円、変動幅=21.09円と10年平均はもちろん24年平均も上回る一年でした。

以前もコメントしましたが、ドル円は活動期に入った可能性がありますね。

20141226_75528

もうひとつこちらは24日の終値ベース(まだ年足は確定していませんので)の変動率のグラフです。

今年もドル円は15%近い上昇で3年連続の陽線ひけは間違いなさそうです。

ただ、過去の流れをみても陽線、陰線とも3年連続が最高ですので来年はひょっとすると陰線になるかもしれませんね。

特にデーターのみですので、これをどのように見るかはそれぞれですが来年のトレード戦略にお役立てください。

それでは引き続き良い年の瀬をおすごしください。

トレンドステップはPIVOTトレード術、フィボナッチツールを使ったトレード手法はスーパー投資術に詳しく書いていますので、よろしければご参照ください。




しろふくろうのおすすめのMT4提供会社

Windowsデスクトップで、メタトレーダーをWEB上でコントロール!

お名前.com

|

« 年末年始特集 やっぱり弱かったオージー | トップページ | 今週のPIVOT値(12月29日) »