« 雇用統計でドル買い | トップページ | ドル円下落(8月10日) »

2016年8月 9日 (火)

ドル円チャート分析(8月9日)

20160809_9190120160809_72154

おはようございます しろふくろうです!

昨日は雇用時計の流れをうけて、ドル円、クロス円で円安がすすみましたが、ユーロ・ドルは全く動意がなく33ptの極小レンジとなりました。

ユーロが対ドルでドル高の流れが継続するのか、見極めとなりそうです。

チャートはドル円4時間足の流れですが、上値は月足pivot値 103.18、そしてヘッド・アンド・ショルダーのネックラインのある104円付近となります。

チャートは日足5本表示のOANDAMT4

20160809_92559

一方下値は週のPIVOT値101.78、そして雇用統計前の安値100.87。

こちらは30分足で同じチャートの動きを見てみました。

20160809_92506

昨日はじわじわと高値更新、安値切り上げで、水色のウエッジのチャート進行となりました。

現在このウエッジを下抜けてきましたので、あと一段の下落に注意したいと思います。

お盆休み週になり、値動きが荒くなるかもしれませんので注意したいところです。

本日もよろしくお願いします。


MT4の動画でチャートをわかりやすく解説 MT4ファン!
46860

トレンドステップはPIVOTトレード術、ピボットを使ったトレード手法はスーパー投資術に詳しく書いていますので、よろしければご参照ください。




しろふくろうのおすすめのMT4提供会社

FOREX.com
はMT4使い方セミナーなどのコンテンツも充実しています

レバレッジ200倍以上でトレードができるXEマーケッツのMT4 

XM 口座開設

Windowsデスクトップで、メタトレーダーをWEB上でコントロール!

お名前.com

|

« 雇用統計でドル買い | トップページ | ドル円下落(8月10日) »