« 株安・円高 | トップページ | 原油高でリスク選好となるか? »

2016年9月28日 (水)

ドル円土俵際の攻防

20160928_9255620160928_73940

おはようございます しろふくろうです!

昨日は東京タイムにドル円が100.10の直近安値割れまで売られましたが、その注目の討論会でヒラリー優勢で急反発しましたが、101円を超えることなく100−101のレンジ内での動きとなりました。

なかなかすっきりしない値動きですが、ドルの独歩安という流れでも無いと思います。

ざっくりといつものデーターを振り返ってみたいと思います。

ドルインデックス
Usd

高値切り下げ、安値切り上げの三角保ち合いで、次の方向を見定める展開です。

ユーロインデックス
Xeu

ユーロインデックスは2日前の下ヒゲで安値を切り下げて、日足下げトレンドです。

円インデックス
Xjy

円はドル円単体で見ると強いですが、インデックスを見ると狭い値幅で推移しており、100をこえてくると大きく円高が進みそうです。

米国10年債
Ust10y

FOMCを終えて、長期金利は急落しています。

日本10年債金利
Jpy10y

日銀会合でイールドカーブコントロールというキーワードがありましたが、米国債の動きに左右されています。

日銀単体でできるのは債権買いで金利を下げることだけかなと。とすると、米国の金利先高が前提なのかもしれません。

VIX指数
Vix

別名恐怖指数と呼ばれるボラティリティ・インデックスですが、ジャクソンホールで上昇しましたが、今は落ち着いているようです。

LIBOR
Libor

リーマン・ショックの時にさんざん取り上げられたLIBORという指数です。
LIBORは銀行同士が短期の資金を融通し合う際の金利であり、金融機関が相互不信に陥っていないか? のバロメーターと言われています。

ドイツ銀行の問題がここ数日フォーカスされていますが、金融危機と言うよりは、そもそも低金利からの上昇局面でトレンド的には上がってきています。

これを見ると、金利先高(世界的に)をこちらも示唆していますし、銀行経営は厳しそうですね。

ビットコインのような仮想通貨もだんだんと浸透していくと思いますし、通貨という概念がずいぶん変わっていきそうです。

そんな中で、ドルというのはやっぱり最終的には強いのかな?とぼんやりと考えています。

今日のところはドル円は昨日のレンジブレイクなるか?注目したいと思います。

本日もよろしくお願いします。


MT4の動画でチャートをわかりやすく解説 MT4ファン!
46860

トレンドステップはPIVOTトレード術、ピボットを使ったトレード手法はスーパー投資術に詳しく書いていますので、よろしければご参照ください。




しろふくろうのおすすめのMT4提供会社

FOREX.com
はMT4使い方セミナーなどのコンテンツも充実しています

レバレッジ200倍以上でトレードができるXEマーケッツのMT4 

XM 口座開設

Windowsデスクトップで、メタトレーダーをWEB上でコントロール!

お名前.com

|

« 株安・円高 | トップページ | 原油高でリスク選好となるか? »