« FOMC前、ドル円日足はらみ線発生 | トップページ | ドル円日足ポイントアンドフィギュア買い転換 »

2017年6月15日 (木)

それでも金利は上がらない?

おはようございます しろふくろうです!

注目のfomcが終わりました。

事前予想の範囲内でしたが、NY午前に発表の米国指標が軒並み悪く、ドル円は108円台、ユーロドルは1.13手前までドル売りが進みました。

金利もリクス回避で低下、FOMCの利上げと、イエレンさんの会見を受けても上がらずとなっています。

20170615_95023

ドル円は昨日コメントしました日足のはらみ線を下抜けてきました。

東京時間には円安方向にもどしていますが、昨日の高値110.34を超えることができないと続落に注意です。

金利は上がらずですね。

私が知っている利上げ局面はグリーンスパンさんの時に1%から5%まで上昇した局面ですが、その時はFOMC毎に0.25%づつ利上げしていましたので、今回はさほど円安圧力が強くなさそうです。

2年債金利
2

短期金利はFOMCでの利上げを織り込んで上昇していましたが、昨日は下落しています。

今日のNYでこのトレンドが上昇に向かうか?見極めです。

10年債金利
1

ドル円と相関の強い10年債金利ですが、FOMCでを超えても下落トレンドが継続しています。

ちょっとドルを押し上げる材料が無いと続落(債券高)かも知れません。

30年債
3

最後に30年債の金利ですが、こちらは更に頭が重いですね。

経済では金利は体温のようなものと例えられます。

金利が下がっているということは経済的にプラスの印象はありませんので、ちょっと先行き不安が伴います。

最たるものが日本の金利ですが、ゼロは体温が無いのとおなじなので死んでるようなものです。

マーケットアナリストの恣意的な見方ではなく、常識的に今の状態を見ることが大切かもしれません。

今日のところはドル円は110.34のレジスタンス、ユーロドルは1.1182、そして注目していた豪ドルドルは0.7524のサポートにちゅうもくしたいとおもいます。

本日もよろしくお願いします。

MT4の動画でチャートをわかりやすく解説 MT4ファン!
46860

トレンドステップはPIVOTトレード術、ピボットを使ったトレード手法はスーパー投資術に詳しく書いていますので、よろしければご参照ください。




しろふくろうのおすすめのMT4提供会社

FOREX.com
はMT4使い方セミナーなどのコンテンツも充実しています

レバレッジ200倍以上でトレードができるXEマーケッツのMT4 

XM 口座開設

Windowsデスクトップで、メタトレーダーをWEB上でコントロール!

お名前.com

|

« FOMC前、ドル円日足はらみ線発生 | トップページ | ドル円日足ポイントアンドフィギュア買い転換 »