« ドル円はらみ線継続中 | トップページ | ドル円モミアイ継続 »

2017年10月16日 (月)

週間羽黒法 10月16日週

おはようございます しろふくろうです!

先週末は円高の流れで、ドル円は200日移動平均線まで下落しました。

20171016_95223

200日線が111.85付近、21日線が112.3付近にあり この2つの移動平均線の攻防に週初は注目したいと思います。

さて、先週久しぶりに紹介しました羽黒法ですが、反響が強かったのでドル円、ユーロ円、ユーロドルの週間羽黒法チャートをまとめてみました。

【ドル円】

20171016_94812

真ん中が先週の日足の動きですが、赤色の羽黒中心値(週足PIVOTもここでした)を超えれずに弱気な展開です。

今週の判定は10号線

                                                             
(10)号線 大陰線(陰線実体の中心=中心値)
底値圏:
始値が中心値以下で、高値・中心値を上抜けて買い
前週線が長大で、本線が孕んだ場合:強力な買い線
天井圏:
始値が中心値以下で、中心値に達せず安値を下回る
始値が終値付近、中心値を下抜けて売り
始値が終値の上位、中心値を上回らず、安値を下回った場合:売り

【ユーロ円】
20171016_94829

火曜日に羽黒中心値超えて上昇、金曜日は中心地のサポートを下抜けて大陰線でした。

今週の判定は1号線

                                           
(1)号線 上影陽線(中心線が陽線実体より上位)
次週の始値
上放れた場合:動きが少ないものと見て「吹き値売り」
下放れた場合:戻りがあると見て 「押目買い」
次週は小高下する公算が大きいので小幅逆張り
 

【ユーロドル】
20171016_94850

ユーロドルも週初に羽黒中心値がサポートとなり上昇、ユーロ円と違うのは金曜日も比較的底堅かったこと。

今週は2号線

                                                             
(2)号線 大陽線(陽線実体の中心=中心値)
長期上昇後の出現:次週の高寄り場面で売り出動 中心値を下回れば、追撃売り
底値保ち合い圏で比較的短い線が出現:上昇の兆しで買い
次週、大きく下放れた場合、売りの急所
2週連続:上昇力はなお強くなるとみて買い増し
4週連続:吹値売り

中心値を下抜ければ追撃売りとなりますので、1.18が重要なサポートとなりそうです。

エクセルファイルはこちらからダウンロードできますので、ぜひご活用くださいませ。

「2hagurover2.xls」をダウンロード

今週もよろしくお願いします。


レバレッジ規制に備える!200倍以上のハレイバレッジが使える海外FX口座

ダウ、金、ビットコインなどのチャートが充実しているBigBoss
BigBoss 口座開設

レバレッジ888倍でトレードができるXEマーケッツのMT4 XM 口座開設

|

« ドル円はらみ線継続中 | トップページ | ドル円モミアイ継続 »