« ドル円 はらみ線のレンジブレイク待ち | トップページ | 日経平均 22000円のサポート »

2017年11月20日 (月)

ドル円111.65のサポートの攻防

おはようございます しろふくろうです!

先週は水曜日にドル円が113円のサポートを下抜けて日足ポイントアンドフィギュアも9月11日以来の売りに転じました。

20171120_92549

一旦サポートされた50日線を下抜けてきて、次のサポートはピンク色の200日線と雲の上限、そして111.65とテクニカル的なサポートが目白押しです。

サンクスギビングまでには下値トライをすると思いますが、抜けるかどうか?微妙な感じです。

週初ですので羽黒法をまとめてみました。

【ドル円】

20171120_92614

                                     
(10)号線 大陰線(陰線実体の中心=中心値)
底値圏:
始値が中心値以下で、高値・中心値を上抜けて買い
前週線が長大で、本線が孕んだ場合:強力な買い線
天井圏:
始値が中心値以下で、中心値に達せず安値を下回る

【ユーロ円】

20171120_92628


                               
(11)号線 上影陰線(中心値が陰線実体の上位)
次週の陰線の安値が(11)号線の安値を下回るような場合
暴落の公算大
下落トレンドで出現:次週の波乱を暗示⇒底値圏
次週が陽線:買い

【ユーロドル】
20171120_92642


                                                             
(2)号線 大陽線(陽線実体の中心=中心値)
長期上昇後の出現:次週の高寄り場面で売り出動 中心値を下回れば、追撃売り
底値保ち合い圏で比較的短い線が出現:上昇の兆しで買い
次週、大きく下放れた場合、売りの急所
2週連続:上昇力はなお強くなるとみて買い増し
4週連続:吹値売り

【NYダウ】
20171120_92709

                                     
(10)号線 大陰線(陰線実体の中心=中心値)
底値圏:
始値が中心値以下で、高値・中心値を上抜けて買い
前週線が長大で、本線が孕んだ場合:強力な買い線
天井圏:
始値が中心値以下で、中心値に達せず安値を下回る

【日経】
20171120_92721

                 
(9)号線 下影陰線(中心値が陰線実体より下位)
影が長い場合:売り線 次週は売り出動
影が短い場合:模様眺めだが、大暴騰示唆
「たくり線」 強気解釈-長い場合は売り解釈

為替もそうですが、株価が乱高下していますので、ダウと日経の羽黒法もつけています。

日経は週足で見ると先々週上髭の長いローソク足で、先週は久しぶりの陰線引けと、頭が重い形ですね。

はたして株屋さんのいうように押し目買いか?戻り売りか?年末に向けて株価の動きも注目したいですね。

今週もよろしくお願いします。

レバレッジ規制に備える!200倍以上のハレイバレッジが使える海外FX口座

ダウ、金、ビットコインなどのチャートが充実しているBigBoss
BigBoss 口座開設

レバレッジ888倍でトレードができるXEマーケッツのMT4 XM 口座開設

|

« ドル円 はらみ線のレンジブレイク待ち | トップページ | 日経平均 22000円のサポート »