« ドル円は4波入りの可能性に注意 | トップページ | 株安>円高>ドル高 »

2018年2月 5日 (月)

超長期債の金利上昇

こんにちは しろふくろうです!

相場のほうは、日経は下げましたがドル円は109.77の先週金曜日にブレイクしたはらみ線の上限をキープしています。

さて、米国の10年債金利が上昇を続けていますが、超長期債の30年金利も上昇しており、どうやら世界的な金利上昇モードに入った可能性がありそうです。

20180205_164709

ずいぶんまえに30年債券金利について記事を書いたのですが、見つけられないのでチャートのみアップします。

30年金利は国が長期の資金調達手段として発行するので、この金利が上がると財政的に大きく悪化が進みます。

以前記事を書いた時は2.5%を割れるかどうかという時でしたのでその時は4%を超えると急速なインフレリスクがあると書いた記憶があります。

その後の戻り高値が2015年の3.127%で今回その水準をトライしつつあります。

トレンドラインが有効かどうかわかりませんが、4%を通る下降トレンドラインもその水準にあり今後この30年金利が上昇をつづけるかどうか?注目しています。

重ねて日本の30年金利を表示していますが、これも低位で推移していますが、10年債とちがい日銀の25年超の買取は減額していますので、金利上昇圧力は高まりそうです。

ちなみに30年前というと1987年になりますが、国債の発行残高は200兆あまりでしたからこれから長期債の残高も膨らんでいるのが予想されます。

20180205_183256


でもって、何が起こるかというのはいろいろと推測されますが、まずは財政的に国債費の上昇が予想以上に早まること、そして住宅ローンなどの金利にも影響が出てくる可能性もあり、景気の冷え込みのリスクもあります。

短期金利はコントロールできるかもしれませんが、長期金利は世界的な金利上昇の影響を避けられないかもれません。

そんなわけで、金利が上がると株が下がるなんてレベルではなく超長期債の金利上昇はちょっと気になります。

為替に関係のないネタでした。

レバレッジ規制に備える!200倍以上のハレイバレッジが使える海外FX口座

私が保有している海外のFX会社はFXDD XEMarketsBigBossです。

FXDDはMT4を使い始めた頃から使っていますが、一日の長がありサーバーも安定しています。

XEMarketsは公表はしていませんが世界中に顧客を持ちすでに日本のFX会社より大きな規模といえるほどの会社です。

保有するMT4のライブサーバーの数が23とかですので、1サーバーのキャパを3万口座くらいとしても70万口座くらいの規模といえるでしょう(ちなみに開示情報ベースでGMOクリック証券が48万口座。外為どっとコムが44万口座、ヒロセ通商が20万口座です)。

BigBossは最近開設したのですが、通貨ペアが多いのと入出金の自由度が非常に高いです。

|

« ドル円は4波入りの可能性に注意 | トップページ | 株安>円高>ドル高 »