« 月足・週足プライスアクションチャート | トップページ | ドル強し! »

2018年10月 2日 (火)

ユーロドルの押し目の限界

おはようございます しろふくろうです!
先月ユーロドルは1.1815まで上昇しましたが、月初から軟調推移です。
月足のサポート(フラクタルポイント)1.1526を割れると上昇シナリオは見直しです。
20181002_095523
まずは月足チャートです。
1.1301と1.1850の間は月足でみてもヒゲだらけで、売りと買いのせめぎあいが続いているのがわかります。
せっかく前月高値を超えたのですが、1.1526を割れると、再度1.1815が高値となる可能性が出てきます。
20181002_095404
週足チャートで見ると先週は包み線でした。
そしてげ昨日の週初に包み線の下限1.1570をしたぬけてきて、下げの圧力の強さがわかります。
プライスアクション的には包み線を下抜けたら、売りですが、包の発生場所が高値圏・安値圏の極ではありませんので、むずかしいところです。
20181002_095314
日足チャートに1.1301−1.1815のフィボナッチリトレイスメントをひいてみました。
1.1526を割れると、1.15の節目がサポートとなりますが、ちょうど61.8%水準もあり重要なサポートとなりそうです。
そんなわけで、週足包み線の下抜けで下げのモメンタムが強く、サポートとして1.15を割れてくると1.1301割れをめざす展開に注意となります。
今日は昨日の日足のレンジのブレイクに注目したいと思います。
本日もよろしくお願いします。

|

« 月足・週足プライスアクションチャート | トップページ | ドル強し! »