トレードテクニック

2015年9月 9日 (水)

テクニカル口座 トレンドの判断

20150909_6541520150909_65756

おはようございます しろふくろうです!

雇用統計が終わりましたが、なかなかすっきりしない相場展開が続いていますね。

このままFOMCまで動きがないとは思えませんが、ドル円は先月のチャイニーズブラックマンデーの急落から次の方向をまだ見いだせていません。

アナリストや証券会社の方はわからないとは言えないでしょうし、なにしろ株式市場が冷え込んでしまうと飯の種がなくなるので、それぞれの立場でいろいろなコメントをしますが投資の判断は自分で行いたいものです。

そんなわけで、今日はドル円の日足チャートを使ってトレンドの判断をまとめてみました。

上昇トレンド;高値更新、安値切り上げ
下降トレンド;安値更新、高値切り下げ

このルールに沿って、チャートの値動きを追いかけただけですので、個人的な相場見通しは入っていません。





チャートは日足5本でドル円スプレッド0.3固定のオアンダMT4

チャートはMT4でもなんでも構いませんが、日足の分析には終値が東京5:59のものが良いと思います。

同じトレンドの判断で、4時間チャートでもみてみるとエントリーの頻度が増えると思います。

本日もよろしくお願いします。

MT4の動画でチャートをわかりやすく解説 MT4ファン!
46860

トレンドステップはPIVOTトレード術、ピボットを使ったトレード手法はスーパー投資術に詳しく書いていますので、よろしければご参照ください。




しろふくろうのおすすめのMT4提供会社

FOREX.com
はMT4使い方セミナーなどのコンテンツも充実しています

03_468x60

MT4でついにドル円スプレッド0.3固定のオアンダMT4

517575_2

Windowsデスクトップで、メタトレーダーをWEB上でコントロール!

お名前.com

|

2009年5月25日 (月)

ブルベアの分水嶺・・・200日移動平均線

Kinnri_2

おはようございます しろふくろうです。

週明けの為替市場は落ち着いたスタートとなっています。

先週は米国債の格下げリスクからドルが売られる展開となりました。
為替チャートを見る限り昨年秋以降のボラティリティの高い状況から金融市場は落ち着きつつあるように見えます。

上のグラフは、主要国の政策金利(外為ドットコムHPより)ですが、1%以下の水準まで金融緩和が進んでいます。
今、世界中にお金が十分いきわたっている状態で、金融市場が安定しつつある中今後どこにマネーが流れ込むか?を見極める必要がありそうです。

週末に、各市場と為替チャートを同じものさしで比較してみましたのでチャートのみですが、アップします。
使うのは 200日移動平均線と、50日移動平均線です。
秘伝書スイングトレード入門の中で、200日線をシンプルにブルベアの分水嶺として、そして50日線と200日線を使った50-200ピンボールというトレード手法が紹介されていますが、まずはシンプルにピンク色の200日線をはさんで先週終値が上にあるか下にあるかで、各市場の強弱が確認できると思います。
チャートのみですが、並べてみましたのでご覧ください。

Dow Nikkei Gold Wtic


上からNYダウ、NIKKEI、金、原油(WTI)です。

金がどうやら一番強いようですね。
株価、原油とも200日線の攻防となっています。

後ほど、為替チャートの比較をしてみたいと思います。

今週もよろしくお願いいたします。

NR7のレンジを自動的に表示します!

Banner234x60v4

4HのNR7シグナルがケータイに届きトレードチャンスを逃がしません!
FX7サービス

しろふくろうのおすすめ!オーダーレスポンスがはやいデイトレードに最適のFX会社

|

2009年1月21日 (水)

トレンドの鏡

000
こんにちは しろふくろうです。
昨日のドル高の勢いも一休みで、今日は小康状態となっています。
朝にドルスイスの61.8%戻しのコメントを書きましたが、ユーロドルもフィボナッチリトレイスメント78.6%の水準としろふくろう秘伝書の「スイングトレード入門」にでてくる水色のトレンドラインを挟んだトレンドの鏡のレジスタンスで今のところサポートされています。
キーサポートとして注目したいと思います。

国内でメタトレーダー4が口座開設できるお勧めFX業者です。

海外ですが、FXDDは日本語のサポートもありお勧めです。
FXDDライブ口座の開設方法のマニュアルです。

Kaisetu

メタトレーダーのインストールがまだの方は、まずはインストールを!

      


1botan_dl

ここまでのメタトレーダーの基本操作の記事です。

・メタトレーダー4のダウンロードとインストール

・通貨ペアの増やし方

・チャートの基本操作Part1

・チャートの基本操作Part2

・チャートの基本操作Part

|

2009年1月11日 (日)

ATR(Average True Range)を使った利食い幅について

こんにちは しろふくろうです!

読者の方から、利食い幅について質問を受けましたのでATR(Average True Range)を使った利食いの考え方について少し説明したいと思います。

【ドル円4H】
200901111234_2 【ドル円日足】200901111234328_2
チャートは、ドル円の4Hと日足チャートです。
いずれもメタトレーダー4に標準のツールATRをプロットしています。

ATR(Average True Range)は訳すと「平均レンジ幅」となりますでしょうか。
一般的には14期間で求めることが多く今回もATR14でプロットしています。

基本的に時間軸が長いほど利食い幅も大きくなります。
また、ボラティリティが上昇すれば利食い幅も大きくなります。
チャートを見てみると、下のウインドーのATR14のチャートも荒れた相場時は上昇し、持ち合いの小康状態のときはATR14も低い水準となっていることが確認できます。

このチャートでは、4HのATR14は0.67円、日足のATR14は1.30円となっています。
5分チャートでエントリーしている方は、日足の利食い幅は基本むりがありますよね。
1Hチャートでエントリーの場合、ひとつ上の時間軸4HのATRを利食いと損きりの目安に使うのもよいかと思います。

メタトレーダー4に標準のATR機能、うまく活用してみてください。

国内でメタトレーダー4が口座開設できるお勧めFX業者です。

海外ですが、FXDDは日本語のサポートもありお勧めです。
FXDDライブ口座の開設方法のマニュアルです。

Kaisetu

メタトレーダーのインストールがまだの方は、まずはインストールを!

      


1botan_dl

ここまでのメタトレーダーの基本操作の記事です。

・メタトレーダー4のダウンロードとインストール

・通貨ペアの増やし方

・チャートの基本操作Part1

・チャートの基本操作Part2

・チャートの基本操作Part

|

2008年9月13日 (土)

ポンドドルの長期サポートとGMMAチャート

Nr7_2
こんにちは しろふくろうです!

注目していた、ポンドドルがブレイクしてくれました!
フィボナッチエクスパンションXOPの目標ターゲット1.7440でぴったりとまったポンドドルは、2日連続の日足NR7の発生と、お膳立てが十分な中昨日は400pを超える大陽線となりました。チャートは4Hチャートですが、青色の部分で4HのイントラデイのNR7が発生しておりブレイクアウトのサインが発生していました。
FX7シグナルは、ケータイメールでイントラデイのNR7の発生を知らせてくれる優れものです。2通貨20日間のトライアルがあります。)
昨日はこの4HのNR7の上離れでエントリーでエントリーしましたが、さすがにここまで上昇するとはびっくりしています。
さて、一旦は1.744で底打ち感のあるポンドドルですが、ここから一旦押し目を作ってくれることを期待したいところです。

そんなポンドドルですが、トレンドを判断する上で非常に便利なツールをご紹介したいと思います。(もちろんどの通貨ペアでも有効ですよ)

Gmma_w
チャートは以前にもご紹介したGMMAチャートというものですが、週足チャートもピンク色の○の箇所で青色の投資家もショート転換しています。

チャートには12本のEMA(平滑移動平均線)がプロットされています。
ダリル・ガッピー氏により紹介されたGuppy Multiple Moving Averageの略でGMMAと呼びます。
赤色EMA: 3,  5,  8, 10, 12, 15  
青色EMA: 30, 35, 40, 45, 50, 60 の計12本ですが、
赤色は短期=投機筋青色は長期=投資家の動きとして捉えることができます。
チャートを、見ると水色の部分で投資家がショートからロングに転換し、ピンク色の部分で2年ぶりにショートに転換しているのが確認できます。
メタトレーダーサイトにも、GMMAのテンプレート等を用意していますのでこちらもご参照ください。

同じGMMAチャートで、ポンドドルの日足と1H足チャートを確認してみたいと思います。

【日足】
Gmma_d
日足チャートも青色の投資家がショートに転換しています。
ちょうど水色のトレンドラインのサポートを割れたところですね。

日足は赤色の投機筋もまだバリバリショートですので、赤色のラインが上向きに転換するのを待ってロングのエントリーを検討したいところです。

【1H足】
Gmma_1h
チャートは1Hチャートですが、実はGMMAは15分とかの短い足から有効に使うことができます。
昨日はポンドドルのリバーサルを狙っていたので、1H足のGMMAが転換するのを確認してロングのエントリーを行いました。
先ほど日足でコメントしましたが、上位時間軸がショートですので、短期のロングはまだまだ丁寧な利食いとエントリーを心がけたいところです。

少し長くなりましたが、GMMAチャートはデイトレーダーからポジショントレーダーまで使えるシンプルかつ有効なチャートシステムです。

メタトレーダーはもちろん、GFTのディールブックでも作成できますのでぜひトライしてみてください。(一度作ったチャートはテンプレートとして保存してくださいね)
3連休にトライしてみてくださいね!

最高のトレーディングチャートシステムメタトレーダー4でトレードできる日本で唯一FX会社です!

080905_odl_234x60

GFTならサザインベストメント 手数料0円、スプレッド1銭~、信託保全100%



NR7のケータイメールサービスが20日間お試しできます!

|

2008年7月13日 (日)

NR7を活用したトレード!

こんにちは しろふくろうです!

先週から始まったNR7のケータイ配信ですが、先週はデイリー、4Hあわせて51回NR7の発生があったようです。(10通貨のトータルです)
注)NR7は値幅の収縮を表すサインで、持ち合いの最終局面を示唆します。

残念ながら週の後半はデイトレはできませんでしたが、ケータイに配信されたデーター元に検証してみました。

NR7発生状況(7月7日週)Nr71_2 Nr72_3
通貨ペア(ABC順)と時間足でソートをかけていますので、興味のある通貨ペアを検証してみてください。

一応元データーもアップいたします。
「nr70707.xls」をダウンロード

表の見方としては、日付・発生時間・通貨ペア・時間軸・(インサイドバーの発生)・NR7の対象バーの値幅・対象バーの高値・安値の順番です。
詳しい見方はFX7のサイトにてご確認ください。

今回51番目に発生したドル円4HのNR7について検証してみました。
Dy4h_2
まずは4HチャートでNR7の発生を確認してみます。実際には18:00のローソク足が出現した時にNR7のシグナルが発生しますので14:00から17:59までの値幅がNR7となります。
チャートではわかりやすいように青色にしています。

※チャートはFXDDのメタトレーダーチャートですが、各社時間の取り方が違うので4H足のスタートがこのように18:00出ない場合は、1Hチャートで18:00からさかのぼって4本のバーの高値と安値を見るとわかりやすいと思います。(14時・15時・16時・17時)

この時の高値が107.28、安値が107.11、値幅が17pipsとなっています。
個人的には、欧州タイム入りの14時、18時のNR7の発生は大きく動くことが多いので注目しています。
Dy30m_2 
実際のトレードでは、30分足以下の時間軸にチャートをスケールダウンしてみると値動き及びエントリーポイントがわかりやすいと思います。

私の場合は30分チャート+50EMAを使いますが、青色のNR7のレンジをした抜けた後、水色の50EMAを終値で下抜けたときに下げが加速しています。
また直近の安値のB水色の上昇トレンドラインのサポートをした抜けたことにより下げが加速しています。

誤解を受けないように申し上げますが、NR7そのものは値幅の収縮の最終段階を示唆するもので、ブレイクの方向までは示唆してくれません。
今回のように最後は信頼できるインディケーターなり売り買いのサインを併用することが重要になりますが、持合の最終段階を示してくれるので、チャートをじっと見ているがなくNR7のメールが届いてから、チャートを確認してエントリーポイントとストップを決めるという流れが可能となります。
また一度ブレイクしたかに見えて、反対側のブレイクポイントに戻ってしまった場合はストップロスにかかりますが、NR7のレンジそのものが小さいので損失も限定できます。(トウキョウタイムのブレイクはダマシ?というかフェイラーが多いようです)
NR7のブレイクと相性のいいペア、そして発生時間、その日の指標発表のタイミングを押さえておく事により最大限に活用できると思います。
詳しくは秘伝書「スイングトレード入門」にてご確認くださいませ。

来週もがんばっていきましょう!

10通貨のNR7がケータイメールで届きます!
Cads7hgc


専用サポートサイトではチャート分析やトレードテクニック、メタトレーダーを使ったトレードシステム等の紹介もしています!当月無料でお試しいただけます。

Magmag

■ドル円スプレッド0.5pips!レバレッジ400倍!最強のデイトレ口座登場

トレイダーズFX

|

2008年6月18日 (水)

50EMAトランポリンonSPA!


こんばんはしろふくろうです!

今日も今のところまったりとレンジ内の動きが続いていますね。
実は昨日発売の 週間SPA!でWIN INVESTの杉田氏と同じページに50EMAの記事が出ています。
昨年5月の記事をそのまま焼きなおしなのですが、少しご紹介させていただきます。(ブログだと過去記事埋もれてしまうので・・・)

以下本文です!

少し趣向を変えて短期トレードのテクニックをご紹介します。

2007052222
非常にシンプルですが、効果的な短期トレードテクニックです。
50EMAトランポリンと呼びましょうか・・・
左のチャートは現在のユーロドルの30分チャートに50EMA(EMAは指数加重移動平均) をプロットしたもの。

シンプルにEMAより上がブル、下がベアと考えることができる。
また、EMAがサポートとレジスタンスの役割をしているので、EMAを越える時に値動きが加速するのが確認できます。

もうひとつこのEMAトランポリンの利点は、EMAの傾きが短期のトレンド方向を示すということです。
EMAが平坦な時はトレンドレスですので注意が必要ですね。
皆さんのチャートで一度この50EMAトランポリン確認してくださいね。
シンプルですが効果的なテクニックです。
ちなみに今ドル円のトランポリンは平坦です・・・

以上が去年の5月に書いた50EMAの記事なのですが、シンプルですが短期トレードでは効果的です。
少し付け加えると、30分チャートには50EMAという組み合わせ限定で使っています。
良かったらお試しくださいね!

ここからは少しご案内ですが、いつもお世話になっているトウキョウフォレックス西原さんの久しぶりのオンラインセミナーが6月24日に開催されます!
何でも事前予約が要らないらしいので、当日ログインすれば見れるようです。
今回のテーマは7月のFX動向とテクニカルはボリンジャーバンドのようです。

さてNYタイムは動意が出るでしょうか?
頑張っていきましょう!

専用サポートサイトではチャート分析やトレードテクニック、メタトレーダーを使ったトレードシステム等の紹介もしています!当月無料でお試しいただけます。

Magmag

5月26日より手数料無料に変更。日曜日にも、指値オーダーが入れられ便利です!

| | コメント (3)

2008年2月26日 (火)

ユーロドル MTFパラボリック

00002_3
こんばんは しろふくろうです。

NR7-2のユーロドルが昨日の安値を更新してきました。

チャートはユーロドルの30分チャートに本日メタトレーダーブログにてご紹介した、マルチタイムフレームのパラボリックSAR を組み合わせたものです。

ピンク色が30Mのパラボリック水色が4Hのパラボリックで、先ほど4Hのパラボリックがリバースして売りサインが点灯しました。
詳しくは、明日以降にメタトレーダーブログで解説して行きます。
さて、NR7のブレイクアウト、うまくいきますでしょうか?
ストップをトレーリングしながらキャリーできればと思います。
ちなみに、ストップは、4Hのパラボリックでも30分のパラボリックでもお好みでどうぞ!

くりっく365のばんせい証券が、新システムを発表しました!FXファクトリー。スペックも十分でスイング用に使いやすそうです。


メタトレーダーサイトに、マルチタイムフレームの説明、ライブ口座の開設方法をアップしました。こちらもよろしくお願いいたします。Bana468_60

| | コメント (2)

2008年2月 6日 (水)

ユーロドル NR7!・・・フィボナッチエクスパンション

00002

こんにちは しろふくろうです!

昨日から追いかけているユーロドルのNR7+孕み線のブレイクアウトのその後のチャートです。

1.48はちょうどウイークリーピボットレベルとも重なっていたので、抜けてからは速かったですね。

昨日は、ディナポリターゲットのCOPをブレイクしてから、ストップをCOPの上にトレーリングして、OPで半分利食いしました。
その後、OPの上にストップをずらして様子見をしていましたが、ちゃぶついたので決済しています。
今朝見るともう一段落ちていますね。
今日はもうう一度デイリーピボットレベルまでの戻りがあれば再度ショートエントリーしてみようと考えています。
まあECBを明日に控えていますので、無理をしない程度にいきましょう。

先ほど、メタトレーダー4のサイトのほうに、このフィボナッチエクスパンションの便利な使い方を記事に書きました。
興味のある方は、ぜひダウンロードしてお試しください。
最初は少し難しいかもしれませんが、インストールから基本的な使い方までの記事は終わっていますので、じっくり取り組めば大丈夫だと思います。

それでは本日もがんばっていきましょう!

しろふくろうのピボットシステムトレードメルマガは月曜日から金曜日の毎朝配信です。
専用サポートサイトではチャート分析やトレードテクニック、メタトレーダーを使ったトレードシステム等の紹介もしています!当月無料でお試しいただけます。

Magmag

ディナポリについては、サザインベストメントさんのHPに詳しく出ています。
オリジナルのインディケーターもあるようですので興味のある方はご覧ください。
今日は終値を見極めたいですね。

GFTならサザインベストメント
0703saza234

| | コメント (0)

2008年1月16日 (水)

マンスリーピボットレベル

Wm_pivot

こんにちは しろふくろうです。

午前中のNIKKEI平均は、立ち上がりこそ売られましたが、値を戻して来ました。
クロス円も積極的に買いが出ているという感もなく、落ち着いた展開となっています。

さて、朝の記事に書きました、ウイークリーとマンスリーのピボットレベルの表です。
この表はメルマガのサポートサイト用のものですが、使い方は簡単です。
、まずは、現在のプライスがどこにあるかを見つけます。
ドル円でしたら、終値が106.75ですので、ウイークリーのLBOPがサポートになっています。
また、マンスリーのB2106.90がレジスタンスとなっており、サポートは104.23がLBOPという感じです。
つまり月足のB2ですのでぎりぎり下値の辺りで止まっている感じです。

さて1月も15日を過ぎ、ここから続落か、反転か?
当面は神経質な展開となるかもしれませんね。

本日もがんばっていきましょう!

しろふくろうのピボットシステムトレードメルマガ専用サポートサイトで、ピボットクロスチャートは詳しく説明しています。

Magmag


情報がお役に立ちましたら応援クリックお願いいたします。
・ブログ村為替ブログランキング
・外為ランキング

| | コメント (0)

より以前の記事一覧