2011年3月 6日 (日)

香港へ行こう!・・・入国編

こんにちは しろふくろうです!

「香港に行こう!」 という内容で日本から一番近いオフショア「香港」の特集を書き始めましたが、今回も渡航から香港への移動について書いていきたいと思います。

前回は香港に行く前にエアラインの情報を整理してみましたが、今回は入国時に便利な魔法のカードをご紹介します。

香港はアジアのハブ空港として常に上位にランクされる空港で非常に多くの便が発着し、またアジアの金融の中心地として世界中か人々が訪れます。
そんなわけで、香港に着いてまずは「イミグレーション」の列に並ぶのですが、いつ行っても本当に混雑しています。
大げさな話ではなく、30分程度は覚悟しておいたほうがいいでしょう。
NYのJFK、シンガポールのチャンギなどはビジネスクラスで行くと「Priority Pass」をもらえて少し早くイミグレーションを通過できますが、香港では同じ列に並ばなければなりません。

そこで絶大な効果があるのがこのカードです!
Hkia

Hong Kong International Airport (HKIA) Frequent Visitor Cardというカードです。
このカードをもっていると同行者も含めて(2人くらいは大丈夫だと思います)専用のラインですいすい(ほとんど人が並んでいません)イミグレーションを通過できます。

このカードを手に入れるには、条件があって「1年で3回香港国際空港を使って入国する」というものです。(以降は2年で6回が条件)
申請は無料で上のリンクからオンラインで申し込むことができます。
ぜひ頑張ってGETしてください。

さて無事入国ができたら、預けておいた手荷物を受け取ります。
ここでも、航空会社の上級会員はPriority Packageで優先的に手荷物が運び出されます。
飛行機を降りて、イミグレーションを通過したころにはすでに手荷物が流れ出てきています。
申告するものがなければそのまま税関を通過して、さっそく香港市内へ向かいましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

香港へ行こう!・・・まずは飛行機

こんにちは しろふくろうです!

前回の記事「香港に行こう!」で日本から一番近いオフショア香港についてふれましたが、バーチャルツアーでいろいろと香港への渡航の情報を書いていきたいと思います。

香港にいくとなると、まずはほとんどの方が飛行機で行きますよね。
成田、羽田、中部セントレア、関空、そして福岡と香港へは毎日かなりの本数の飛行機が飛んでいます。

じゃあ、どのエアラインを選べばいいのか?これから香港に何度か行くことを考えるとできればエアラインを固定(厳密には航空会社のアライアンスを)したほうが何かとメリットがあります。
ご存知のように、飛行機に正規料金(割引運賃含む)で乗るとマイレージが付きますが、結構これがばかにならなくてすぐに香港往復の航空券くらいには変えることができます。

マイレージのほかにもう一つエアラインを固定してよく使うと「上級会員」というインセンティブが待っています。
搭乗時の優先搭乗や、荷物の重量制限が大幅に緩和されたり(これ結構海外に行くときにポイントになります)しますが、最も魅力的なサービスは空港のラウンジサービスでしょう。

じゃあどのエアライン(アライアンス)を選べばいいのか?
ズバリその国のフラッグシップのエアラインを選ぶというのが正解だと思います。
香港の場合ですとCA(キャセイパシフィック)で、CAのアライアンスはワンワールドになります。

Jgc_2

しろふくろうは香港に行くことを考えてワンワールド系のJALのマイレージ会員になっています。
じゃあなぜ香港はCAがいいかというと、空港にはビジネスクラス以上の利用やよく使う顧客が使えるラウンジがあるのですが、香港のCAのラウンジが本当に素晴らしいのです。
これは成田ならJAL、ロンドンならBAという具合に各国のフラッグシップの航空会社が最もいい場所と施設を構えていることからもわかります。

0005
http://downloads.cathaypacific.com/cx/lounges/b02.html
  ↑
上の動画はしろふくろうの大好きなロングバー!

ちなみに香港のCAのラウンジは運営スタッフは香港一の高級ホテル「ペニンシュラホテル」が受け持っているようで(バーのお兄さんとかもペニンシュラのネームプレート)、出国前に担担麺を食べて、バーカウンターでシャンパンを飲みながらゆっくりと飛行機の搭乗まで贅沢な時間を過ごすことができます。

残念ながらJALは経営再建中で、関空→香港の直行便が昨年10月で終了してしまいましたが、香港での利用を考えるとワンワールド系のJALのステイタスを維持するのがメリットを感じます。
もう一つ非公式のメリットとして会員ステータスが高いとエコノミークラスのチケットでも無料でビジネスクラス等にアップグレートしてくれることもあります。
ちなみに、香港までの航空券は正規の割引で買っても4万円ほどで、このカードのおかげで何度かビジネスクラスにアップグレードというサプライズを経験できました。

マイレージや、フリークエント・フライヤーについては詳しい方も多いかと思いますがまた機会をみて詳しく書きたいと思います。

次回は、香港の空港でもっとも時間がかかる入国をスムーズにできる魔法のカードをご紹介します。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月23日 (水)

香港に行こう!

こんにちは しろふくろうです!

さてこのサイトですが、まず何から書き始めてみようか考えましたが、しろふくろうが大きな影響を受けた「橘玲」(たちばなあきら)さんの本との関わりについてお話したいと思います。

2000年ころに一冊の本を読みました。
橘さんの「黄金の羽根の拾い方」という本です。
(すでにこちらは絶版となっているかも知れませんが、その本のエッセンスをまとめた世界にひとつしかない「黄金の人生設計」という本が文庫本で出ていますので興味のある方はまずはここからスタートしてください。)

ずいぶん前に読んだので細かなことは正確に覚えていませんが、この本を読んでサラリーマン人生に終止符を打ったのをいまでも思い出します。
そして、独立後に為替が個人でも始められるタイミングが重なりFXに興味を持つようになりました。

FXのスタイルも、短期トレードからやや長めのスイングトレード、そして時には週足ベースのトレードといろいろと変化してきましたが、それにもましてFXを通じて海外への興味が急速に高まっていきました。

そんなときに、以前から読みたかったマネーロンダリング が文庫本で出ているのをみつけて一気に読みました。
そしてその翌月には、「香港にいこう」と思って、香港行きの2泊3日のツアーで香港の地を訪れたことを思い出します。

香港は返還直後の1998年に一度行ったことがありましたが(ちょうどその時もドル円が90円台の円高でブランド物が安かったのを覚えていますが)、久しぶりに訪れた香港はマネーロンダリングを読んだ直後ということもあってまったく以前とは違う街に見えました。

あれから数年、毎年数回香港を訪れるようになりましたが、時には買い物、時にはおいしい食事やホテルでの滞在と全くもって飽きることがありません。
なにより、香港に行くとパワーをもらって元気になれます!

まずは日本から一番近くて、パワフルなオフショア「香港」の魅力を伝えていこうと思います。

きっと香港に行きたくなりますよ!

Hongkong_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

海外投資をはじめてみよう!

はじめまして しろふくろうです!

2003年にFXを始めてから、通貨はもとより世界の経済、そして私たちが住む日本の現状について知るようになりました。
また、時間を見つけては海外に行っていろんな国を見て外との比較で日本の現状を見比べてきました。

この先日本が奇跡的な復活を遂げるかもしれませんが、今や「日沈む国」である日本以外での生活も視野に入れて海外投資の勉強を始めました。

まだまだなじみの薄い海外投資ですが、FXを行っている方ならきっと興味があると思いますので、しろふくろうなりの海外投資に関する考え方をまとめていきたいと思います。

いっしょに勉強していきましょう!

| | トラックバック (0)