« 2009年7月 | トップページ

2009年10月

2009年10月 3日 (土)

国内送金で証拠金が送れる FXCM(海外)口座開設方法

こんにちは しろふくろうです!

メインで使っているFXDDの口座に加えて、FXCM(海外)も日本語での口座開設が可能となりました。
FXCMは米国ニューヨークに本社を置く、日本国内でも人気のあるFXCMジャパンのご本家ですが、TradingStationに加えて海外のFXCMではメタトレーダーを使ってのトレードが可能です。(国内のFXCMではメタトレーダーは使えません)

さらに、海外FX業者でもっともハードルの高い証拠金の入金が、東京のHSBCへの国内送金で円建てで行うことができます。

Fxcm1

将来的には国内のFX業者は、レバレッジ規制で最大25倍までとなりますが今回口座開設したFXCM(海外)は、FXCMの中でも英国支店で米国の規制を受けないため、将来的に米国内での規制が強化されても、200倍のレバレッジでのトレードが可能です。
TradingStationは最低証拠金5万円ですが、メタトレーダーでのトレードは最低証拠金が20万円です。

・FXCMブランドでのメタトレーダーでのトレードが可能
・最大200倍でのトレードが可能
・国内送金(円建て)で証拠金が簡単に入金可能

とこれから海外FXを始める方にも非常に魅力のある海外口座です。

今回実際に口座開設を行いトレードをスタートするまでの注意点をまとめてみましたので、ご参考にどうぞ!

Fxcm2

①日本語開設口座開設フォームの入力

まずは、FXCM日本語口座開設ページ から、オレンジ色の口座開設ボタンを押し、口座開設申し込みを行います。

フォームの入力後、最後の「□個人情報保護方針」にチェックを入れ、「確認」ボタンを押します。

次のページで入力内容に問題がなければ、「この内容で送信する」ボタンを押します。

②追加情報入力案内メールの到着

1,2営業日ほどで追加情報の記入の案内がメールできますので、必要事項を入力し(日本語)、返信します。

最初に【口座種類】を指定しなければいけませんが、

○口座種類(記入例:円建て-MT4):円建て-MT4 と入力します。

あとの項目は、【個人情報】、【秘密の質問】、【口座情報】ですので特に難しいことはありません。

③身分証明書の提出

・パスポート又は運転免許書のいずれか1点と
・公共料金の請求書など住所がわかるもの1点
 

の合計2点の身分証明書の提出が必要です。

しろふくろうは、免許書と、携帯電話の請求書をデジカメで撮って(あまり大きい画像は送れないので、画素数は小さいほうがいいです)、②のメールの返信に添付しました。

これで、口座開設に必要な作業はOKです!
あとは、FXCMから口座開設完了のメールを待ちましょう。

この間、自動応答で、英語のメールが数通届きますが、次に④のFXCM Japanデスクから日本語での口座開設完了の案内メールが来るまでは英語のメールは無視して大丈夫です。

④証拠金の入金

②③の返信後、
FXCM Japanデスクから、証拠金の入金に関しての案内メールが来ます。
この中に書かれていますが、
香港上海銀行 東京支店 (HSBC Limited, Tokyo)に円で証拠金を入金します。
この時に送金者名は名前(ローマ字)のあとに仮IDを付けます。
※入金をスムーズにするため、このあたりのルールは確実に行いましょう。

⑥FXCMからIDとパスワードのメールが到着

⑤その後も自動応答の英語のメールが(口座開設ありがうなど)着ますが、最終的には日本語でJAPANデスクからメールが届きますので、この間の英語のメールも無視して大丈夫です。
ここに、FXCMでの残高などを確認するページの情報が書かれていますが、これはメタトレーダーのログインIDとパスワードではありません。
このメールとは別にメタトレーダー用のログイン情報が届きます。(英語)

⑥メタトレーダーのログインID、パスワードメールの到着(英語メール)


やっとメタトレーダーのログインID、パスワードが届きます。
しかしここは英語のメールです!
FXCMのメタトレーダーは、 FXCM MT4-Powered by BTという名前になります。
⑥のメールのリンクから FXCM MT4-Powered by BTをダウンロードします。

次にメニューから「ファイル」→「ログイン」と進みログイン画面を立ち上げます。
ここでID、パスワードを入力するのですが、ちょっと迷ったのが「サーバー」の入力です。

Fxcm3
通常はここのサーバー名はプルダウンの↓を押すと出てくるのですが、初回のみ画像のように半角で「mt4.fxcorporate.com」と手入力します。

メールにあったサーバー情報をコピーペーストしてもうまく動かなかったので、⑤のメールにあったJAPANデスクに電話したところ、「半角英数字で手入力してみてください。」といわれて打ち込んだところうまくログインできました。
メーラーによっては文字コードが認識されないこともあり、ここは手入力がよさそうです。
「□ログイン情報を保存」にチェックを入れてから「ログイン」ボタンを押すと次回からはこの作業は必要ありません。

⑦トレードスタート


おつかれさまでした!
①の申し込みをしてから、約1週間ほどで、トレードがスタートできました。
メタトレーダー自体は、マルチランゲージですので、トレードそのものは全く問題ありません。
Fxcm4
こちらが実際の通貨ペア一覧です。

FXDDに比べて対円のペアが充実していて、NZDJPYもあります。
数えてみると、全部で31通貨ペアありさすがFXCM系でこれだけあれば十分です。

スプレッドも変動ですが、クロス円下3桁、ドルストレード下5桁の表示でFXDDよりもいいプライスが出ているので短期でアクティブにトレードするのにはよさそうです。

日足の終値がNYクローズで終わるFXDD とうまく使いこなしていきたいと思います。

iPhoneでの設定も問題なくできましたのでこちらもまたレポートしてみたいと思います。

なにより、最初にも書きましたが、ハイレバレッジの海外FXを日本国内から入金できるのは便利ですね。

FXCM UK

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ