インディケーターのインストール

2008年2月15日 (金)

メタトレーダへのインディケーターのインストール

こんにちは しろふくろうです。

本日は、いよいよメタトレーダーをスタートして、最も難解なメタトレーダーへのインディケーターの設置方法をご説明します。

いままで多くの方にメタトレーダーをご紹介してきましたが、ほとんどの方がまず詰まる(とにかく解りづらいんです)ところです。

図解を交えてできるだけ解りやすく解説しますので、がんばってください。

まずは、前回取得したインディケーターの設置場所ですが、

Cドライブ
 ↓
Program Files
 ↓
FXDD-MetaTrader4
 ↓
experts
 ↓
indicators
 となります。

すでに混乱してきたかもしれませんね、では早速説明してみたいと思います。

Mycom 
マイコンピューターを開いて、
ハードディスクの (C)ドライブを選択しダブルクリックします。

※最初のダウンロードの際、何も変更しなければこの中にメタトレーダー4がインストールされています。

Yajirusi Cdrive_2

Cドライブを開いたら、次にProgram Filesを選択し、ダブルクリックします。YajirusiProgram

次に、FXDD-MetaTrader4を探し、ダブルクリックします。

※アルファベット順に並んでいると思います。YajirusiExperts

expertsを選択し、ダブルクリックします。
YajirusiIndicator1

次に、indicatorsを選択し、ダブルクリックします。

YajirusiIndicator

先日ダウンロードした、インディケーターを保存したフォルダーを開き、先ほど開いた【indicators】に次の3つのファイルをドラッグします。

□Brain Trend2
□Brain Trend2sig
□Brain Trend2Stop の3つのmq4ファイル。


以上でインストールは完了です。
フォルダーを全て閉じて、メタトレーダー4を起動させます。YajirusiNavi

左側のナビゲーターの中で「Custom Indicators」の左側の【+】部分をクリックして開きます。

YajirusiNavi2

Custom Indicatorsの中に、先ほどインストールした、3つのインディケーターが表示されていれば、インストールは成功です!

それでは早速、Brain Trend2をチャートに表示してみましょう。

YajirusiB

先ほどの、3つのインディケーターをチャート上にドラッグします。

操作方法がわからない方は、チャートの基本操作を参照ください。

↓↑と点線がチャート上に表示されているかと思います。

Yajirusi C_2

実は、Brain Trendがチャートのローソク足の下に隠れているので、 ツールバーのチャートをクリックして、「チャートを前面表示」のチェックをはずします。

YajirusiD

これで、無事カスタムインディケーターのインストールとチャートへの反映が完了しました。

テンプレートとして保存しておきましょう。

無事終了しましたか?
もし、CustomIndicatorsの中に、インディケーターが表示されていないときは、保管場所が間違っている可能性が高いので、再度保管場所を確認してみてください。

いろいろなインディケーターをい取得して、自分だけのオリジナルのチャートシステムを作っていきましょう!

メタトレーダーのインストールがまだの方は、まずはインストールを!

      

1botan_dl

ここまでのメタトレーダーの基本操作の記事です。

・メタトレーダー4のダウンロードとインストール

・通貨ペアの増やし方

・チャートの基本操作Part1

・チャートの基本操作Part2

・チャートの基本操作Part3

FXDDライブ口座の開設方法のマニュアルです。
プライスの安定のためにも、ライブアカウントをお勧めします。
Kaisetu

| | コメント (12)

2008年2月14日 (木)

インディケーターの取得方法

こんにちは しろふくろうです。

本日は、「Custom indicatorsをダウンロードしてオリジナルチャートを作ろう」の2回目「インディケーターの取得方法」についてです。

ここからコンピューターでのファイルの保存場所の指定が重要になってきますので、ご注意ください。
できるだけわかりやすく説明したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

今回は、海外のサイトから、3つのインディケーターをダウンロードします。

□BrainTrend2.mq4
□BT2sig.mq4
□BT2stop.mq4

Start_2
インディケーターは、googleなどで検索して見つけることができます。

「mt4 braintrend」などで検索してみてください。

今回は、左側のリンク(海外のサイト)からダウンロードしてみます。

Yajirusi 1_2

リンクをクリックすると左のような、一覧が出ます。
この中から、先ほどのファイルを探してダウンロードします。
mq4ファイルと、expなどの拡張子のファイルがありますが、一般的にはmq4ファイルをダウンロードすればOKです。

Yajirusi2_2

お目当てのmq4ファイルをクリックすると、ポップアップが開きますので【保存】を押します。

Yajirusi3_3

名前をつけて保存のポップアップが開きますので、適当な場所(今回はmt4というフォルダーを作って)に保存します。

同じ作業で、先ほどの3つのファイルを保存してください。

先ほどのリンクのひとつ上のForex Tradingは、会員登録(簡単です)が必要ですが、フォーラム形式でいろいろなシステムがありますので、ぜひ時間のあるときにでもご覧ください。

今回ダウンロードした3つのファイルですが、若干相性が悪いのか、BT2sigが上手く表示されませんでした。
こちらに、同じものをアップしておきますので、万一次のステップで動かないときはこちらを使用してみてください。


「bt2.zip」をダウンロード

次回は、このダウンロードしたmq4ファイルをメタトレーダー4にインストールする方法です。

がんばりましょう!

メタトレーダーのインストールがまだの方は、まずはインストールを!

      

1botan_dl

ここまでのメタトレーダーの基本操作の記事です。

・メタトレーダー4のダウンロードとインストール

・通貨ペアの増やし方

・チャートの基本操作Part1

・チャートの基本操作Part2

・チャートの基本操作Part3

FXDDライブ口座の開設方法のマニュアルです。
プライスの安定のためにも、ライブアカウントをお勧めします。
Kaisetu

| | コメント (7)

2008年2月12日 (火)

Custom Indicatorsをダウンロードしてオリジナルチャートを作ろう

こんにちは しろふくろうです!

2月1日のブログオープン以来、たくさんの方にご訪問いただき感謝しております。
なかなか、メタトレーダーというソフトはPCに詳しくない方(私含む)には、敷居が高く、便利そうだけど、「なくてもトレードできるや!」と食わず嫌いの方も多かったのではないかと思います。

しかし、「基本的に習うより慣れろ」で、メタトレーダーのインストールや、説明などをまとめて情報商材として販売している人もいるようですが、最初の扉を開きさえすればあとは使っているうちに慣れてきますので、どんどん触ってマスターしていただければと思います。

さて、ここまでメタトレーダー4のインストール、そして基本的なチャート操作、フィボナッチエクスパンション、テンプレートの保存などを取り扱ってきましたがうまく使えていますでほうか?

今日から、数回にわたって「カスタムインディケーター」について取り上げて生きたいと思います。

メタトレーダー4は、日本ではまだまだ情報が少ないですが、米国のサイトなどでは個人の方がブログラムした「カスタムインディケーター」が無料で公開されています。
もちろん著作権のあるものですので、乱用、商用利用はできませんが、いろいろな「カスタムインディケーター」(これからはインディケーターと呼びます)をダウンロードして、自分のPCにインストールすることにより独自のチャートを作ることができます。

これこそメタトレダーの大きなメリットですので、この機会にインディケーターについてマスターしていただければと思います。

Photo
今回は、Brain Trendというチャートシステムを作りながら、インディケーターのインストールをマスターしていただこうと思います。

売り買いサインの↑↓があったりして、ちょっとよさそうでしょ!

がんばっていきましょう!

メタトレーダーのインストールがまだの方は、まずはインストールを!

      

1botan_dl

ここまでのメタトレーダーの基本操作の記事です。

・メタトレーダー4のダウンロードとインストール

・通貨ペアの増やし方

・チャートの基本操作Part1

・チャートの基本操作Part2

・チャートの基本操作Part3

FXDDライブ口座の開設方法のマニュアルです。
プライスの安定のためにも、ライブアカウントをお勧めします。
Kaisetu

| | コメント (0)