トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

ウイークリーメソッド(4月30日)

Week_6
おはようございます。
月曜日ですので、本日のデイリーメソッドはエントリーはありません。
変わりに週初は、先週よりスターとしましたウイークリーメソッドを公開いたします。
こちらは、IFDOのオーダーの期限を週末にて設定して入力をおねがいします。
今週もよろしくおねがいいたします。

▼ブログランキングに参加しています応援クリックお願いいたします▼
※オーダー表の見方はこちらをご確認ください。
※オーダー入力方法はこちらをご確認ください。

□ピボットシステムトレードについて□
・3つのシステムにより計算されたドル円ユーロドルの指値オーダーを提供しています。
・いずれか(もしくは全てでも可)のメソッドを選び、ロング・ショートの両方のオーダーを置きます。(基本的にロングorショートのオーダーが通った時点で反対のIFOCの指値をキャンセルしてください)
・指値オーダーはドル円3PIPS、ユーロドル5PIPSのスプレッドを含んでいます。

【トレード推奨環境について】
・使用する取引業者は、低スプレッド、手数料なしが前提条件となります。
・デイトレードですので、スワップの有利さは考慮しません。
・当システムでは全てのレートを外為オンラインでライブ検証をしています。

【免責事項】
このシステムは、統計的に算出された値で必ずしも利益が生じることを保証したものではありません。取引手法の一つとして検証中の値を公表しているのであり、この数値での取引を推奨するものではありません。投資に関しては、ご自身の判断で十分慎重に取引をお願いいたします。
またこの情報に基づき発生したいかなる損失に関してもしろふくろうFX研究所は一切の責任を負わないものとします。

外為オンライン の資料請求・口座開設はこちらから
   ↓
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

| | コメント (0)

2007年4月28日 (土)

週間サマリー(4月28日)

ピボットシステムトレードの週間サマリーです。
緑色の部分は本来除外日ですが、検証用にオーダーをおいた結果です。やはりダメでしたが・・・

メソッドA
1_18

メソッドB 
2_21

メソッドC
3_18

今週より、メソッドAのストップレベルを変更していますが、火曜日は+70175円、水曜日+12142円と小幅なレンジでの収益は向上しています。緑色の部分は本来除外ルール(NR7の翌日はエントリーしない)日でしたが、検証のためにオーダーをおきました。
やはり8オーダー中4オーダーがついて、全てストップとなり  -61326円となっています。しかし、NR7の翌日を除いた収益は+35373円でまずまずの結果となりました。
メソッドBCも、NR7の翌日エントリーを試みましたが、こちらもマイナスとなっていますのでやはり
NR7の翌日のエントリーは除外した方が賢明のようです。

ブログでは2通貨ペアのみですが、今週の4通貨運用での収益は +18558円で NR7の翌日の除外日を除いた収益は+95623円 となっています。

4月17日からの通算では、メソッドA -95539円、メソッドB +277823円、メソッドC+183564円 で3メソッド トータルでは365484円の収益となっています。
来週もよろしくおねがいいたします。それでは良い週末を!

運用は、1オーダー5万通貨で実施した結果です。オーダー表の見方、オーダー入力方法は下記のリンクを参照ください。ピボットシステムトレードはデイトレードですので、スプレッドが狭いこと、手数料が無料であることが最優先となります。またオーダーを一度に多く入力する為オーダー入力効率のいい
外為オンラインを使用しています。

▼ブログランキングに参加しています応援クリックお願いいたします▼
※オーダー表の見方はこちらをご確認ください。
※オーダー入力方法はこちらをご確認ください。

外為オンライン の資料請求・口座開設はこちらから
   ↓
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

| | コメント (0)

2007年4月27日 (金)

デイリーメソッド(4月27日)

Pivo_1

おはようございます。
昨日はピボットシステムにとっては除外日でしたが、案の定メソッドAは全滅でしたね。
ドル円を例にとると、NR7のセオリー通りの展開で119を超えてロング方向にトレンドが出ました。
昨日の値幅が100ptを越えているので、前日のNR7のエネルギーが放出された形です。
今回検証用にメソッドAでオーダーをおきましたがほぼ全滅で、やはりNR7の翌日を除外日というルールで運用いただければと思います。システムトレードですのでこの手のドローダウンを裁量を入れずに運用するのが本来ですが、いくつかのフィルターを用意して運用して行く予定です。
明日からゴールデンウイークですね。今日も一日がんばって行きましょう。

▼ブログランキングに参加しています応援クリックお願いいたします▼
※オーダー表の見方はこちらをご確認ください。
※オーダー入力方法はこちらをご確認ください。

□ピボットシステムトレードについて□
・3つのシステムにより計算されたドル円ユーロドルの指値オーダーを提供しています。
・いずれか(もしくは全てでも可)のメソッドを選び、ロング・ショートの両方のオーダーを置きます。(基本的にロングorショートのオーダーが通った時点で反対のIFOCの指値をキャンセルしてください)
・指値オーダーはドル円3PIPS、ユーロドル5PIPSのスプレッドを含んでいます。

【トレード推奨環境について】
・使用する取引業者は、低スプレッド、手数料なしが前提条件となります。
・デイトレードですので、スワップの有利さは考慮しません。
・当システムでは全てのレートを外為オンラインでライブ検証をしています。

【免責事項】
このシステムは、統計的に算出された値で必ずしも利益が生じることを保証したものではありません。取引手法の一つとして検証中の値を公表しているのであり、この数値での取引を推奨するものではありません。投資に関しては、ご自身の判断で十分慎重に取引をお願いいたします。
またこの情報に基づき発生したいかなる損失に関してもしろふくろうFX研究所は一切の責任を負わないものとします。

外為オンライン の資料請求・口座開設はこちらから
   ↓
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

| | コメント (0)

2007年4月26日 (木)

デイリーメソッド(4月26日)

Pivo おはようございます。

昨日は終日小動きでしたね。
ピボットシステムもメソッドAのユーロドルショートのみついただけでした。
少し難しい表現ですが、ドル円、ユーロドル共に昨日はNR7というシグナルがでており本日は逆に値幅が拡大する可能性が高い為ピボットは除外したほうがいいと思います
リスクも小さいがストップにつく危険性も高いということです。
NR7に関しては、しろふくろうFX研究所の本サイトのリンク、または秘伝書「スイングトレード入門」を参照してください。

▼ブログランキングに参加しています応援クリックお願いいたします▼
※オーダー表の見方はこちらをご確認ください。
※オーダー入力方法はこちらをご確認ください。

□ピボットシステムトレードについて□
・3つのシステムにより計算されたドル円ユーロドルの指値オーダーを提供しています。
・いずれか(もしくは全てでも可)のメソッドを選び、ロング・ショートの両方のオーダーを置きます。(基本的にロングorショートのオーダーが通った時点で反対のIFOCの指値をキャンセルしてください)
・指値オーダーはドル円3PIPS、ユーロドル5PIPSのスプレッドを含んでいます。

【トレード推奨環境について】
・使用する取引業者は、低スプレッド、手数料なしが前提条件となります。
・デイトレードですので、スワップの有利さは考慮しません。
・当システムでは全てのレートを外為オンラインでライブ検証をしています。

【免責事項】
このシステムは、統計的に算出された値で必ずしも利益が生じることを保証したものではありません。取引手法の一つとして検証中の値を公表しているのであり、この数値での取引を推奨するものではありません。投資に関しては、ご自身の判断で十分慎重に取引をお願いいたします。
またこの情報に基づき発生したいかなる損失に関してもしろふくろうFX研究所は一切の責任を負わないものとします。

外為オンライン の資料請求・口座開設はこちらから
   ↓
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

| | コメント (0)

2007年4月25日 (水)

デイリーメソッド(4月25日)

Pivot_19

昨日は、メソッドAの(ここには書いていませんが)ユーロ円、ポンド円が上手く行き、先週のマイナスから、トータルプラスまで回復しました。ドル円はエントリーが少しタイトで2pips足りずで少し悔しい思いでしたがまずまずの結果でしょう。
BCは夜に入ったユーロドルのショートを朝一番で決済し-302円・・・
今日はリスク:リワード比が低いペアがありますので、できれば除外がよいでしょう。
では、本日もがんばっていきましょう。

▼ブログランキングに参加しています応援クリックお願いいたします▼
※オーダー表の見方はこちらをご確認ください。
※オーダー入力方法はこちらをご確認ください。

□ピボットシステムトレードについて□
・3つのシステムにより計算されたドル円ユーロドルの指値オーダーを提供しています。
・いずれか(もしくは全てでも可)のメソッドを選び、ロング・ショートの両方のオーダーを置きます。(基本的にロングorショートのオーダーが通った時点で反対のIFOCの指値をキャンセルしてください)
・指値オーダーはドル円3PIPS、ユーロドル5PIPSのスプレッドを含んでいます。

【トレード推奨環境について】
・使用する取引業者は、低スプレッド、手数料なしが前提条件となります。
・デイトレードですので、スワップの有利さは考慮しません。
・等システムでは全てのレートを外為オンラインでライブ検証をしています。

【免責事項】
このシステムは、統計的に算出された値で必ずしも利益が生じることを保証したものではありません。投資に関しては、ご自身の判断で十分慎重に取引をお願いいたします。
またこの情報に基づき発生したいかなる損失に関してもしろふくろうFXは一切の責任を負わないものとします。

外為オンライン の資料請求・口座開設はこちらから
   ↓
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

| | コメント (7)

2007年4月24日 (火)

デイリーメソッド(4月24日)

本日のデイリーメソッドです。本日もがんばっていきましょう。
オーダー入力方法、表の説明は下部のリンクを参照してください。
Pivot_18

▼ブログランキングに参加しています応援クリックお願いいたします▼
※オーダー表の見方はこちらをご確認ください。
※オーダー入力方法はこちらをご確認ください。

□ピボットシステムトレードについて□
・3つのシステムにより計算されたドル円ユーロドルの指値オーダーを提供しています。
・いずれか(もしくは全てでも可)のメソッドを選び、ロング・ショートの両方のオーダーを置きます。(基本的にロングorショートのオーダーが通った時点で反対のIFOCの指値をキャンセルしてください)
・指値オーダーはドル円3PIPS、ユーロドル5PIPSのスプレッドを含んでいます。

【トレード推奨環境について】
・使用する取引業者は、低スプレッド、手数料なしが前提条件となります。
・デイトレードですので、スワップの有利さは考慮しません。
・等システムでは全てのレートを外為オンラインでライブ検証をしています。

【免責事項】
このシステムは、統計的に算出された値で必ずしも利益が生じることを保証したものではありません。投資に関しては、ご自身の判断で十分慎重に取引をお願いいたします。
またこの情報に基づき発生したいかなる損失に関してもしろふくろうFXは一切の責任を負わないものとします。

外為オンライン の資料請求・口座開設はこちらから
   ↓
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

| | コメント (0)

2007年4月23日 (月)

ウイークリーメソッド(4月23日)

Week_5

今週よりウィークリーメソッドをテスト運用いたします。

ウイークリーはストップが深いので、運用枚数を少なめにすることをお勧めします。

▼ブログランキングに参加しています応援クリックお願いいたします▼
※オーダー表の見方はこちらをご確認ください。
※オーダー入力方法はこちらをご確認ください。

□ピボットシステムトレードについて□
・3つのシステムにより計算されたドル円ユーロドルの指値オーダーを提供しています。
・いずれか(もしくは全てでも可)のメソッドを選び、ロング・ショートの両方のオーダーを置きます。(基本的にロングorショートのオーダーが通った時点で反対のIFOCの指値をキャンセルしてください)
・指値オーダーはドル円3PIPS、ユーロドル5PIPSのスプレッドを含んでいます。

【トレード推奨環境について】
・使用する取引業者は、低スプレッド、手数料なしが前提条件となります。
・デイトレードですので、スワップの有利さは考慮しません。
・等システムでは全てのレートを外為オンラインでライブ検証をしています。

【免責事項】
このシステムは、統計的に算出された値で必ずしも利益が生じることを保証したものではありません。投資に関しては、ご自身の判断で十分慎重に取引をお願いいたします。
またこの情報に基づき発生したいかなる損失に関してもしろふくろうFXは一切の責任を負わないものとします。

外為オンライン の資料請求・口座開設はこちらから
   ↓
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

| | コメント (2)

デイリーメソッド(4月23日)

Day_6
ピボットシステムトレードでは、月曜日はオーダーレートが飛ぶ可能性が高いため、月曜日は除外日と考えています。

本日はメソッド1をチューニングしましたので参考オーダーとしてアップしておきます。今週もよろしくおねがいいたします。

▼ブログランキングに参加しています応援クリックお願いいたします▼
※オーダー表の見方はこちらをご確認ください。
※オーダー入力方法はこちらをご確認ください。

□ピボットシステムトレードについて□
・3つのシステムにより計算されたドル円ユーロドルの指値オーダーを提供しています。
・いずれか(もしくは全てでも可)のメソッドを選び、ロング・ショートの両方のオーダーを置きます。(基本的にロングorショートのオーダーが通った時点で反対のIFOCの指値をキャンセルしてください)
・指値オーダーはドル円3PIPS、ユーロドル5PIPSのスプレッドを含んでいます。

【トレード推奨環境について】
・使用する取引業者は、低スプレッド、手数料なしが前提条件となります。
・デイトレードですので、スワップの有利さは考慮しません。
・等システムでは全てのレートを外為オンラインでライブ検証をしています。

【免責事項】
このシステムは、統計的に算出された値で必ずしも利益が生じることを保証したものではありません。投資に関しては、ご自身の判断で十分慎重に取引をお願いいたします。
またこの情報に基づき発生したいかなる損失に関してもしろふくろうFXは一切の責任を負わないものとします。

外為オンライン の資料請求・口座開設はこちらから
   ↓
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

| | コメント (0)

2007年4月22日 (日)

PIVOTとは?(2)

PIVOTシリーズの2回目です。

今回は実際にPIVOTを計算して見ましょう。
一度計算機を使って計算すると、簡単に仕組みがわかると思いますのでぜひ算出してみてください。

PIVOTは昨日の値動きを素に計算します。

まず計算には、昨日の高値=H、安値=L、終値=Cを使います。
(PIVOTの計算では始値=Oは使いません)

売買の基準となるピボット・ポイントは、次の計算式となります。

①P=(H+L+C)/3

高値、安値だけでなく終値を考慮しているのが特徴です。

さらに、B1,B2,S1,S2,HBOP,LBOPの6つのポイントを計算してみましょう。

買いポイント1=B1は、基準値Pより一定額安くなればよいのです。

②B1=P-(H-P)=2P-H

すなわち、一定額1=(高値HとPの差額)にしているのです。

さらに下には買いポイント2=B2があります。
B2は基準値Pより一定額2=昨日の変動幅(H-L)だけ、安くなるまで待つのです。

③B2=P-(H-L)=P-H+L

同様に売りポイント1=S1

④S1=P+(P-L)=2P-L

売りポイント2=S2

⑤S2=P+(H-L)=P+H=L となります。

そして、損きりのポイント=トレンドモードへの転換点
LBOP(ロウ・ブレイクアウト・ポイント)、HBOP(ハイ・ブレイクアウトポイント)といい
HBOPはB1,B2を算出するのに使った値幅をそれぞれ足し、LBOPはS1、S2を算出するのに使った値幅をそれぞれ引いたものとなります。

⑥HBOP=P+(P-L)+(H-L)=2P-2L+H

⑦LBOP=P-(H-P)-(H=L)=2P-2H+L

となります。(難しかったですか?)

式をまとめてみました。
Pivot_17



PIVOTは本当に良く出来た数字で、各ポイントが支持線、抵抗線として機能します。

次回は実際にこのPIVOTを使ったトレードについて勉強してみたいと思います。

▼ブログランキングに参加しています応援クリックお願いいたします▼

外為オンライン の資料請求・口座開設はこちらから
   ↓
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

| | コメント (0) | トラックバック (1)

週間サマリー(4月22日)

17日からスタートしたピボットシステムトレードの週間のサマリーです。
エントリーシステムおよびデーターは外為オンラインを使用しております。

メソッド1

1_en 1_eur

メソッド1はエントリーとストップの距離が短くリスクの低いメソッドですが、デイリーのレジスタンスを超えてトレンドが発生するとストップにすぐにかかってしまいます。
ドル円は-72pt、ユーロドルは+27ptでした。また4通貨ペアトータルの収益は-69586円となっています(トレード単位 5万単位)

メソッド2
2_en 2_eur_1メソッド2はドル円はエントリー2回+127pt、ユーロドルは1回+15ptとなっています。4通貨ペアトータルでは+239,214円となっています。

メソッド3
3_eur 3_eur_1 メソッド3は、ドル円2回のエントリーで+86pt、ユーロドルは1回で+28ptでした。
4通貨ペアトータルでは177662円となっています。


トータルでは3メソッド全てエントリーした場合、ドル円+141pt、ユーロドル+70ptでした。
メソッド1のドル円が週間ではマイナスとなりましたがまずまずの成績だと思います。
来週はクロス円のメソッド1をチューニングして公開していきたいと考えています。来週もよろしくおねがいいたします。

▼ブログランキングに参加しています応援クリックお願いいたします▼
※オーダー表の見方はこちらをご確認ください。
※オーダー入力方法はこちらをご確認ください。

□ピボットシステムトレードについて□
・3つのシステムにより計算されたドル円ユーロドルの指値オーダーを提供しています。
・いずれか(もしくは全てでも可)のメソッドを選び、ロング・ショートの両方のオーダーを置きます。(基本的にロングorショートのオーダーが通った時点で反対のIFOCの指値をキャンセルしてください)
・指値オーダーはドル円3PIPS、ユーロドル5PIPSのスプレッドを含んでいます。

【トレード推奨環境について】
・使用する取引業者は、低スプレッド、手数料なしが前提条件となります。
・デイトレードですので、スワップの有利さは考慮しません。
・等システムでは全てのレートを外為オンラインでライブ検証をしています。

【免責事項】
このシステムは、統計的に算出された値で必ずしも利益が生じることを保証したものではありません。投資に関しては、ご自身の判断で十分慎重に取引をお願いいたします。
またこの情報に基づき発生したいかなる損失に関してもしろふくろうFXは一切の責任を負わないものとします。

外為オンライン の資料請求・口座開設はこちらから
   ↓
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

| | コメント (0)

2007年4月21日 (土)

PIVOTとは?(1)

ピボットシステムトレードの基本となっている、PIVOT(ピボット)についてまとめました。

いろいろなテクニカル指標の中で、移動平均線やPIVOT等のクラシカルなサポート&レジスタンスは、多くの人が意識する、つまり誰が見ても判断が同じになる指標だと思います。トレンドラインも非常に有効なブレイクポイントですが、チャートを見る人によっていろいろと違いスタンダードなシステムとはいえないのではと思います。
そこで、これから数回にわたってこのPIVOTを使ったトレードについて進めて行きたいと思います。

ではPIVOTとはなにか?

PIVOTはワイルダー(誰でも知っているRSIの開発者)が開発したテクニカル指標です。
PIVOTは回転軸を意味する言葉で、このポイントを中心にいくつかのサポートとレジスタンスを設定しています。
PIVOTは別名リアクション・トレンド・システムといい、一般的に、逆張りの指標として知られていますが、ある一定のポイント(BOP)をすぎた時点で、トレンドが発生した局面として捉えることができ、ストップロス(SL)のポイントとして活用することが出来ます。
トレードという生き残りのゲームから退場しないためにもこのPIVOTをしっかりと習得しましょう。

PIVOTの参考書としては最適です

基礎から学ぶデイトレード(林 康史)2310円

外為オンライン の資料請求・口座開設はこちらから
   ↓
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

| | コメント (1) | トラックバック (261)

2007年4月20日 (金)

システムサマリー(4月20日)

昨日4月19日のシステムサマリーです。
昨日は円高方向にトレンドが出た為、B、Cはいいパフォーマンスがでました。
Aはトレンドが出た方向にロスカットが発生しています。
トレード枚数は1通貨5万単位です。(取引明細は外為オンライン

▼ブログ村 FX システムトレード派に参加しています応援クリックお願いいたします▼

1_16
メソッドA
昨日は-38956円
円絡みは全部ストップロスです。
本来ならエントリーを除外する場面です。

2_19
メソッドB
昨日一日 +177520円
優秀でした。ポンド円は朝一番で決済の為スワップがついています。

3_16
メソッドC
昨日一日 +124500円
良いパフォーマンスでした。
BとCで利食いポイントが違うのでBの方が今回は良好なパフォーマンスとなっています。

本日は昨日がワイドレンジになっていますので、ご注意下さい。
BCともドル円のロングがついた場合は、値幅が拡大する危険性がありますのでロングオーダーは外しておいた方がいいかもしれません。


【免責事項】
このシステムは、統計的に算出された値で必ずしも利益が生じることを保証したものではありません。投資に関しては、ご自身の判断で十分慎重に取引をお願いいたします。
またこの情報に基づき発生したいかなる損失に関してもしろふくろうFXは一切の責任を負わないものとします。

外為オンライン の資料請求・口座開設はこちらから
   ↓
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

| | コメント (0)

本日のオーダー(4月20日)

Pivot_16

おはようございます。

本日のピボットシステムオーダーです。

昨日は円高が進みましたね。メソッドB、メソッドCは非常によいパフォーマンスでした。メソッドAは昨日もマイナスでしたが、今週いっぱいはこのままのロジックで行きたいと思います。本来PIVOTはリアクショントレードシステムというくらいで、逆張りシステムです。Aのパフォーマンスが悪いのは裏返すとトレンド(円高方向)が発生していることになります。 昨日ワイドレンジで動いたので、本日はRISKが開いています(リスクが大きいときは見送りも必要かと思います)のでご注意ください。
本日もよろしくおねがいいたします。

▼ブログ村 FX システムトレード派に参加しています応援クリックお願いいたします▼
※オーダー表の見方はこちらをご確認ください。
※オーダー入力方法はこちらをご確認ください。

□ピボットシステムトレードについて□
・3つのシステムにより計算されたドル円ユーロドルの指値オーダーを提供しています。
・いずれか(もしくは全てでも可)のメソッドを選び、ロング・ショートの両方のオーダーを置きます。(基本的にロングorショートのオーダーが通った時点で反対のIFOCの指値をキャンセルしてください)
・指値オーダーはドル円3PIPS、ユーロドル5PIPSのスプレッドを含んでいます。

【トレード推奨環境について】
・使用する取引業者は、低スプレッド、手数料なしが前提条件となります。
・デイトレードですので、スワップの有利さは考慮しません。
・等システムでは全てのレートを外為オンラインでライブ検証をしています。

【免責事項】
このシステムは、統計的に算出された値で必ずしも利益が生じることを保証したものではありません。投資に関しては、ご自身の判断で十分慎重に取引をお願いいたします。
またこの情報に基づき発生したいかなる損失に関してもしろふくろうFXは一切の責任を負わないものとします。

外為オンライン の資料請求・口座開設はこちらから
   ↓
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

| | コメント (2)

2007年4月19日 (木)

システムサマリー(4月19日)

今週より試験運用したピボットシステムトレードですが、17、18日のトレード状況です。
ブログでは、2通貨のみ公開ですが、本トレードでは17日は6通貨、18日は4通貨でエントリーオーダーを入れています(6通貨はちょっと管理できないので)。
トレード枚数は1通貨5万単位です。(取引明細は外為オンライン

▼ブログ村 FX システムトレード派に参加しています応援クリックお願いいたします▼

Photo_8 メソッド1

2日間では-39083円
いけませんね。この中でも数PIPSでストップにかかっていないもの、また昨日のドル円のように、一時30ptほど利益が出ていたポジションもありますので若干のチューニングをする必要もあるかもしれません。
最もエントリー回数が多くアクティブなメソッドですので、エントリールールをうまく活用したいですね。

Photo_9

メソッド2

2日間で+52485円 いいパフォーマンスですね。エントリーの回数が少ないですが、プロフィットファクターが高いメソッドです。

Photo_10 メソッド3

2日間で+36500円 まずまずのパフォーマンスです。
メソッド2に比べて利食いのタイミングが早いですが、勝率は高くなる見込みです。

システムがスタートしてまだまだ間もないですが、全くの指値オーダーだけのパフォーマンスです。試験運用中ですので若干のチューニング、エントリールールを随時加えて行きパフォーマンスを上げて行きたいとおもいます。
メソッド1はデイトレードでチャートを追いかけることができれば収益が高まると思いますのでいろいろとお試し下さい。

外為オンライン の資料請求・口座開設はこちらから
   ↓
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

| | コメント (4)

本日のオーダー(4月19日)

4月19日のピボットシステムトレードです。
200704190744

おはようございます。昨日は円高が進みましたね。ここ2日間の戦跡では、メソッドAが苦戦していますが、B Cは収益を上げているようです。
本日もよろしくおねがいいたします。

▼ブログ村 FX システムトレード派に参加しています応援クリックお願いいたします▼
※オーダー表の見方はこちらをご確認ください。
※オーダー入力方法はこちらをご確認ください。

□ピボットシステムトレードについて□
・3つのシステムにより計算されたドル円ユーロドルの指値オーダーを提供しています。
・いずれか(もしくは全てでも可)のメソッドを選び、ロング・ショートの両方のオーダーを置きます。(基本的にロングorショートのオーダーが通った時点で反対のIFOCの指値をキャンセルしてください)
・指値オーダーはドル円3PIPS、ユーロドル5PIPSのスプレッドを含んでいます。

【トレード推奨環境について】
・使用する取引業者は、低スプレッド、手数料なしが前提条件となります。
・デイトレードですので、スワップの有利さは考慮しません。
・等システムでは全てのレートを外為オンラインでライブ検証をしています。

【免責事項】
このシステムは、統計的に算出された値で必ずしも利益が生じることを保証したものではありません。投資に関しては、ご自身の判断で十分慎重に取引をお願いいたします。
またこの情報に基づき発生したいかなる損失に関してもしろふくろうFXは一切の責任を負わないものとします。

外為オンライン の資料請求・口座開設はこちらから
   ↓
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

| | コメント (0)

2007年4月18日 (水)

【保存版】PIVOTオーダー表 解説

PIVOTシステムトレードの オーダー表の見方の説明です。

Pivot_15

現在PIVOTシステムトレードでは、3つのトレーディングメソッドを公開しています。

メソッドA・メソッドB・メソッドCはそれぞれ前日のデイリーPIVOTの数値をベースに本日のエントリー・リミット・ストップのオーダーを決定しています。
メソッドの詳細は別途解説いたしますが、今回はエントリー表の見方をご説明します。

①の部分は、指値オーダーのレートになります。
全て、スプレッドを含んだ数値ですので、このままの値を入力してください。
但し、ベースとなるレートは外為オンラインのマーケットウォーカーの日足の4本値を使っていますので数PIPSのずれがあるかもしれませんが大きな差はないと思われます。
もし気になるようでしたらご自身で調整ください。
実際のオーダーは外為オンラインのレートにて検証しています。

②はエントリーからストップまでの損失PIPSになります。
機械的に計算していますので、RISKがマイナスとなることがあります。
この場合は、基本的にエントリーには適さないと判断してください。(除外する)

③はエントリーからリミットまでの利益PIPSになります。

④は②のRISKを1とした場合の③の利益の比率になります。
基本的にRISKに対して、REWARDが 1.0を切っている場合はエントリーに適さない組み合わせとなります。
また、RISKに対してREWARDの値が大きすぎる場合(例えば5を越えている)は、エントリーからストップまでの距離が極めて近いことが考えられますのでトレンドにかなり逆らったエントリーであると認識ください。

しろふくろうFXでは全てのオーダーを検証する為に、このエントリー表とおりの指値を入れています。
ご不明な点がありましたら、お問い合わせ下さい。

【免責事項】
このシステムは、統計的に算出された値で必ずしも利益が生じることを保証したものではありません。投資に関しては、ご自身の判断で十分慎重に取引をお願いいたします。
またこの情報に基づき発生したいかなる損失に関してもしろふくろうFXは一切の責任を負わないものとします。


▼ブログ村 FX システムトレード派に参加しています。応援クリックお願いします

ピボットシステムトレードには外為オンラインがおすすめです

| | コメント (6)

【保存版】PIVOTオーダー入力方法

実際にしろふくろうFX研究所で使用している【外為オンライン】さんのオーダー入力方法をご紹介します。
今回は、IFDO(イフダンオーシーオー)というオーダー方法で、売りの①エントリー・②利食い(LIMIT)・③損切り(STOP)オーダーと、買いの④エントリー・⑤利食い(LIMIT)・⑥損切り(STOP)オーダーの合計6つのレートを指値で入力します。
基本的に、朝一番でレートを入力してしまえばあとは一切何も作業が発生しないのがこのシステムの特徴です。

では早速入力してみましょう。
Pivot_13 オーダー表のメソッドA:ドル円の①②③④⑤⑥のレートを入力します。
他のオーダーの入力法も全く同じです。

Gaitame1

外為オンラインのトレード画面です。
まずはドル円のレートの上でマウスをクリックすると、次の新規オーダー入力画面が開きます。

Gaitame2 オーダー入力ウインドウの下の【IFDO】ボタンを選択します。

Gaitame3 オーダー表の①②③の数字をもとに、ショートオーダーの指値注文を入力します。(詳しくは画像を参照してください)入力後、【内容確認】ボタンを押します。

Gaitame4 入力した内容に間違いがないか確認し、【注文登録】ボタンを押します。

以上で①②③のショートのオーダーが設定されました。

Gaitame5_1 続いて、ロングのオーダー入力を行います。
下の【連続注文】ボタンを押すと、オーダー入力画面になります。

Gaitame6_2 ショートのオーダー同様、オーダー表の④⑤⑥の数値を入力します。(詳しくは画像を参照してください)
入力後【内容確認】ボタンを押します。

Gaitame7

注文確認画面に移動しますので、注文内容を確認後、【注文登録】ボタンを押してオーダーを確認します。

以上で、メソッドAのドル円のショートとロングの両方向の指値オーダーの入力が完了しました。他のオーダーも全く同様の方法で入力してください。

今回外為オンラインさんのシステムを使用していますが、PIVOTシステムトレードに有利な条件が整っています。
・スプレッドが狭く(ドル円 3pips、ユーロドル 3pips)短期トレードで有利。
・手数料が無料で、実質スプレッド分で利が乗る。
・オーダー入力画面がシンプルで、複数オーダーの入力が短時間で可能
・携帯電話からIFDOの注文が可能である(これは日中お勤めの方には便利かもしれませんね)


今後、推奨FX環境は順次お伝えしていきますが、しろふくろうFXでは外為オンラインのシステムで検証していきたいと思います。

外為オンラインの資料請求・口座開設はこちらから

    
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

▼ブログ村 FX システムトレード派に参加しています▼

| | コメント (2)

本日のオーダー(4月18日)

本日のオーダー情報です。

Photo_7

今日は時間が取れそうですので、オーダーの入力方法などを詳しく説明したいと思います。

3つのシステムにより計算されたドル円ユーロドルの指値オーダーです。
基本的にどれかのメソッドを選び、ロングショートの両方のオーダーを置きます。(ロングorショートのオーダーが通った時点で反対のIFOCの指値をキャンセルしてください)

指値オーダーはドル円3PIPS、ユーロドル5PIPSのスプレッドを含んでいます。

また使用する取引業者は、低スプレッド、手数料なしが前提条件となります。
デイトレードですので、スワップの有利差には左右されません。
今回すべてのレートを外為オンラインのシステムでライブ検証をしていきます。

すでにご承知いただいているかと思いますが、この情報を元にトレードされた損失に関しましては一切責任を負いません。ご自身の判断にて実施願います。

ブログ村システムトレードランキングサイトに参加しています。応援お願いいたします。
・ブログ村為替ブログランキング

| | コメント (0)

2007年4月17日 (火)

本日のオーダー(4月17日)

本日より、オーダーレートの試験配信を行います。

200704170958

3つのシステムにより計算されたドル円ユーロドルの指値オーダーです。
基本的にどれかのメソッドを選び、ロングショートの両方のオーダーを置きます。

指値オーダーはドル円3PIPS、ユーロドル5PIPSのスプレッドを含んでいます。

また使用する取引業者は、低スプレッド、手数料なしが前提条件となります。
デイトレードですので、スワップの有利差には左右されません。
今回すべてのレートを外為オンラインのシステムでライブ検証をしていきます。

すでにご承知いただいているかと思いますが、この情報を元にトレードされた損失に関しましては一切責任を負いません。ご自身の判断にて実施願います。

| | コメント (7) | トラックバック (4)

トップページ | 2007年5月 »